どーもです。

ヤマハのニューモデル「RMX」シリーズですが、今日紹介するのは「RMX220」アイアンです。このアイアン、なにはともあれ飛びます。最近はストロングロフトで飛び系を掲げるアイアンが多いですが、それでもスカイトラックで180yをマークすると「おっ!!」となります。この「RMX220」アイアンもキッチリ180yマークで、「おっ!!」って(笑) ヤマハと言えば〝プラス2番手の飛び〟を標榜するモデルがありますが、この「RMX220」は〝プラス1.5番手の飛び〟といった感じかな。ということで、いってみましょう。

まずは見た目から。

構造的にはポケットキャビティですが、「RMX220」はディープアンダーカットキャビティかな。トゥ側バックに重量配分しているようですね。これによってフェース中央にスイートスポットがより近くなっていると思われます。同時に高慣性モーメントも実現しているのかな!

フェースはラージフェースですね。 「RMX218」がかなり独特な形状でした。「RMX220」は「RMX120」の形状が、そのままひと回り大きくなったようなイメージに変更されていました。また、「RMX120」よりもトゥが低く設定されているのと、トゥ・ヒール方向の長さが長めになっていました。

ソール幅は広めですが、フェースの大きさに対しては適当でしょう。この「RMX220」もトレーリングエッジ側の方がリーディングエッジ側よりも長めですが、トゥバックに重量配分しているせいか、「RMX120」ほどではなかったです。

ネックはグースネック! ソール幅の広さと重心深度の深さを感じるボディですね。

構えてみるとこんな感じ。見た目的にはごく一般的なオートマチック系アイアンだと思います。

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO RMX95」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角29度、ライ角62度、長さ37インチ、総重量406g、バランスD1。シャフトスペックは、重量98g、トルク未発表、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用。

持ってみた感覚ですが、重量的には軽めでした。グリップも気持ち細め。シャフトを手でしならせてみると、スチールシャフトSのわりにはしなります。しなりポイントはちょうど真ん中辺りでした。ワッグルしてみると思った以上にヘッドが動く感じ。ベースモデルは「NSPRO950GH HT」かな。動きから推測するとボクはそう思いましたが、確認していないので違ったらすみませんですが・・・w

実際に打ってみると、まず打感、打音ともに「RMX120」とは別モノ。完全に弾き系で、音も軽快な弾き音でした。「RMX218」に比較するとさらに1度立って29度になっていますが、それでも球の上がり方には文句なしです。「RMX218」試打時は全く振れてない時期だったので単純比較はできませんが、数字的には1度ほど低くなっています。でも、動画の弾道を見る限りでは「RMX220」のほうが、打ち出しが高いんじゃないかって感じるほどの球の上がり方でした。つかまりは「RMX218」とほぼ同じイメージかな。というわけで、ボクにとってはより扱いやすくなった上に、安定して180yを打てるアイアンという感じでした。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS40.6m/s、初速52.0m/s、打ち出し角17.9度、バックスピン量5393.2rpm、サイドスピン-392.2rpm、飛距離181.0y
【ベスト】
HS40.9m/s、初速52.4m/s、打ち出し角17.5度、バックスピン量5427.0rpm、サイドスピン-701.6rpm、飛距離181.9y

打感は弾き系。「パチン」という弾き系の打音の影響もあるかもしれませんが、「RMX120」の柔らかさはなく、別モノイメージでした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道です。弾道を見る限りでは、文句なしの高弾道レベルで、「RMX218」よりもオートマチックに球が上がるイメージでした。弾道の見た目ではまったく気になりませんでしたが、スカイトラックで見る限りスピン量はロフトに対してやや多めにも感じました。でも、これだけの結果を出してくれるなら蛇足でしょうね!

出球傾向は、ボクのスイングで良い感じのドロー系。これは「RMX218」試打時にも感じましたが、正直もっとつかまりそうなオーラは感じるのですが、ボクが思うほどつかまりすぎないイメージでした。

シャフトフィーリングは、中調子をうたっていますが、ボク的には先中調子系の動きに感じました。ダウンからインパクトにかけてヘッドが走るようなイメージで、「NSPRO950GH HT」がベースと感じたのは、この動きからです。「RMX218」試打時はインパクトのグニャリ感に振れていましたが、「RMX220」ヘッドとのマッチングでは感じませんでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/s辺りにオススメ。使い手のスイング、持ち球はある程度受け入れてくれる間口の広さを感じましたが、まぁ、ドストラクゾーンは払い打ち系のフェードヒッターでしょう。その上で、安定して180y辺りを打てるモデルです。昨日も書きましたが、今さらボクのスイングが安定して打点がそろうとは考えにくいです(笑) そう推測すると、やはり〝芯食い〟効果があるモデルなのかなって感じました。重心位置とスイートエリアがより近づいているようですが、その効果が〝芯食い〟という結果になっているのかもしれませんね。そうそう、性格的にはフルオートマチック系アイアンだと思います。

<ヤマハ「RMX220」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:10
■ヘッド:AM355
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO RMX95」(S=98g/未発表/中調子)、「NSPRO RMX85」(R=88g/未発表/中調子)。カーボンシャフト「TMX-520i」(SR=52.5g、R=51g/未確認/先中調子)※カーボンシャフ重量は#7
■価格:「NSPRO RMX95」「NSPRO RMX85」装着モデル5本(#6~PW)セット9万円+税、単品(#5、AW、SW)各1本1万8000円+税。