どーもです。

ニシザワ「Jean-Carlo」シリーズですが、今日紹介するのはFWです。このFWですが、見た目的にはヘッドがかなり小振りです。見た目からは〝シビアさ〟〝難しさ〟しか伝わってこないモデルでしたが、このFWもぶっ飛びでした! 最近ドライバーよりもドライバー然とした弾道が打てるモデルが増えているような気がします。何はともあれ、いってみましょう!

まずは見た目から。

ソールデザイン的にはドライバーの流れを汲むモデルですが、ウエート位置を見る限りはドライバー以上に浅重心を意識したモデルに感じます。

フェースはセミディープ。リーディングエッジとトップラインの中央部が盛り上がっているせいか、そう感じました。これはあらゆるライで抜けが良さそうなイメージでした。

ボディはシャローですね。こうしてみると、何気にストレッチバックなんですよね・・・

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウンは丸型でした。投影面積的にはやや小さめな感じもありました。

今回試打したのは、コンポジットテクノ製カーボンシャフト「ファイアーエクスプレスFW -HRテクノロジー-」F2(S)フレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角16度、ライ角57度、長さ43.5インチ、総重量318.5g、バランスD2。ヘッド体積160cm3。シャフトスペックは、重量58g、トルク4.0、先中調子。

持ってみた感覚ですが、重量的には気持ち軽めに感じました。グリップはドライバーとほぼ同じような太さでした。シャフトを手でしならせてみると、このシャフトもS相当のわりにはやや柔らかめにも感じました。しなりポイントは中間からやや先辺り。ワッグルしてみると、ドライバーほど動くイメージはなかったです。素振りしてみると、かなりシャープに振れそうな印象ですが、打ち方によってはややヘッドが暴れるイメージも・・・

実際に打ってみると、まぁ、弾道がそろうのはグッドです! とはいえ、ドライバーに比べると、やや操作性が高いのか、それともシャフトとのマッチングなのか、ボクの打ち方が悪いのか、その全てかは分かりませんが、結果だけ見えると球筋こそそろっていますが、球質的にはバラバラでした。良いスイングをすれば、良い弾道が得られる。悪いスイングだとスピン量が増えたり、当然ですが縦の距離もバラけたりします。でも、この見た目なので、「だよねぇ~!」なんて妙な言い訳ができちゃいますw それでも、スカイトラックで230yオーバーはぶっ飛びです。だって、ボクのドライバー平均飛距離は230~235yですからね!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS41.8m/s、初速60.8m/s、打ち出し角15.5度、バックスピン量3300.0rpm、サイドスピン-425.4rpm、飛距離238.5y
【ベスト】
HS41.8m/s、初速60.7m/s、打ち出し角15.8度、バックスピン量2968.6rpm、サイドスピン-212.4rpm、飛距離243.4y

打感はマイルドです!! もう、フェースに吸い付くような分厚い打感ですが、打点がバラけるとフィーリングが変わります。そういう意味では、クラブからのフィードバックは高いモデルだと思います。音は中低音系でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には、高弾道かな!! ドライバーに比べれば、球は気持ち上がりやすさがあると思います。キッチリ芯を食えば、2球目のようなドライバー然とした弾道も経験できますが、ダウンブローを意識するとスピン量が増えるし、横降りを意識すると腐れフックもでました。

出球傾向は、ボクのスイングで、総じてドロー系。でも、実は結構マニュアル系のイメージですね。スイングにはかなり忠実に反応してくれそうな性格ですが、逆を言えば意図しない逆球が出る可能性も高いということかな・・・

シャフトフィーリングですが、ドライバーとほぼ同じようなイメージかな。ボクが感じた違いは先端のしなり方。ドライバーはある程度一定にしなってくれるイメージでしたが、このFWではタメるとその分ギュンとしなる感じだったかな。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/s辺りにおすすめ。このFWもぶっ飛びモデルですが、ドライバーに比べると、実は操作性が高いモデルになっていたようにも感じました。このヘッドもドライバー同様ロースピンで弾丸ライナー系の弾道が出やすそうなモデルだと思います。スイングタイプ的には、払い打ち系もダウンブロー系も受け入れてそうですが、払い打ちのほうが合いそうな気配でした。直打ちですが、ボク的にはややヘッドが動くイメージで、結果はさんざんでした。あっ、もちろん、ナイスショットもありましたけどね!!(汗) 個人的には嫌いじゃないモデルですが、クラブには「お前の実力ではまだまだだな!」なんて言われているような錯覚が…

<ニシザワ「Jean-Carlo JC501」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:9.5▽操作性:9.5▽構えやすさ:7▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:6
■ヘッド:ステンレス
■価格:ヘッド単体価格3万3000円+税