どーもです。

PRGRのニューモデル「egg(エッグ)」シリーズですが、今日紹介するのは「egg」アイアンです。先代は「POWER CAVITY」(PC)と「POWER FORGED」(PF)の2モデルでした。この「egg」アイアンはPCの流れを汲むモデルですが、深低重心モデル×ストロングロフトという「egg」のアイデンティティがしっかり継承されているのは、見た目からも分かります。その実はどうなのか? 早速いってみましょう。

まずは見た目から。

アイアンのタイプとしてはポケットキャビティですが、新作はバックフェースのボリュームゾーンがトゥ側に寄せられていました。

フェースはシャローで面長でした。これは「egg」アイアンがこの形状だったからUTがあの形なんだと思います。先代に比較しても、ややトゥトップが低く設定されているように感じました。

ソール幅はワイド。確実に「egg」の遺伝子を継承していることが、この見た目からも分かるでしょう。

ネックはグースネック。ボディですが、先代に比較すると、より低深重心を徹底した形状に見えました。

構えてみるとこんな感じ。トップブレードが厚めで、バックフェースの厚みが目に入るタイプです。最近のクラブでゴルフを始めた方には安心感があるタイプかとも思いますが、個人的には苦手な部類です・・・w

今回試打したのは、専用開発カーボンシャフト「egg」M-43(S)フレック装着モデルの#7。スペックは、ロフト角25度、ライ角62.0度、長さ38.25インチ、総重量345g、バランスD0.5。シャフトスペックは、重量50g、トルク3.9、中調子。

持ってみた感覚ですが、重量的にはかなり軽め。グリップも細めです。しかも、長いっす!! でも、数値的には先代と変わっていないんですけどね。シャフトを手でしならせてみると、結構しなります。しなりポイントは中間よりもやや先辺りかな。ワッグルしてみると、ヘッドはそこそこ動く感じ。まぁ、これだけ大きなヘッドですからね。そのわりには素振りしてみると、素直な挙動イメージでした。

実際に打ってみると、eggです!! 見た目通りの打ちやすさでした。25度というロフトでこれだけ球がラクに上がってくれれば、文句なしですね。先代試打データを確認してみると、打ち出し角15.6度に対してニューモデルは18.1度と約3度高くなっていました。これは追加されたミゾの影響なのかな!? 徹底的に打ちやすさと飛距離にこだわったモデルですが、いよいよ究極系になったのではと思います。でも、その究極をまた越えてくるのでしょうが、その方法論がどうなるのか、今から楽しみですw 飛距離的には平均すると約185yをマーク。先日紹介した「egg i+」UTの4UTがロフト角21度で平均195yなので、飛距離から考えればアイアンは#7までで、その上が4UTになると思います。そう考えるとUTをアイアン型に変更した理由に「アイアンとの流れ」という仮説も成立します。それでも、「egg」のコンセプトでもある打ちやすさを優先するならウッド型にメリットがあるような気がします。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS40.8m/s、初速53.0m/s、打ち出し角18.1度、バックスピン量5113.4rpm、サイドスピン-611.3rpm、飛距離186.7y
【ベスト】
HS39.7m/s、初速53.2m/s、打ち出し角18.1度、バックスピン量5031.2rpm、サイドスピン-650.5rpm、飛距離188.2y

打感は弾き系。硬さを伴う弾き系です。球離れが速いイメージでした。音も「カン!」と甲高い感じで、その辺の影響もあったかもしれませんね。

弾道はこんな感じで

スカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道。ロフト角を考えれば、かなりの高弾道だと思います。スピン量ですが、不思議なことに増えているんですよね。先代の約4800rpmに対して新作は約5100rpm。でも、飛距離は伸びているんです。ボクにはその理由がわかりませんが、とにかく先代を越える飛距離はマークしていましたので・・・(汗)

出球傾向は、ボクのスイングで軽いドロー系。ボク的にアウトサイドインを意識しても良い感じにつかまりました。先代に比較すると、気持ちつかまりが抑えられているのかなといった雰囲気もありました。というのは、先代試打時は打ち出しから左のイメージが残っていました。今回の打ち出し方向は、すべて右方向でした。

シャフトフィーリングは、連日書いていますが、「M-43」はSフレックス相当ですが、やわらかめです。でも、ワッグルで感じたヘッドの動きほどヘッドが動くイメージはなかったかな。総重量的に軽いので、ボクには手元で操作できちゃうという印象もありました。とはいえ、クラブを信じて振り抜くことを意識すれば、クラブが結果を出してくれると思います。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/s辺りにオススメです。これも「ザ・オートマチック」ですね。これだけストロングロフトでラクに球が上がって、つかまって、しかもこの距離を安定的に打てるなら、間違いなくゴルフが変わると思います。ボクは相変わらずこの手のボッテリ感には苦手意識がありますが、低深重心化が進む中ではもはや〝当然〟なのかもしれません。ただし、「egg」アイアンに変更する場合、当初は〝飛びすぎ〟にご注意下さい。番手だけ見て、ロフトを考慮しないと、今までの番手よりも飛んでしまいます。試打ラウンドでは打つ度にロフト角を確認していました。それでも飛びすぎでグリーンオーバーで隣のティグランドなんてこともありましたからね(笑) まぁ、それも慣れれば問題ないでしょうけど!! とにかく、ラクに打てるぶっ飛びアイアンであることは間違いないです!

<PRGR「egg」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:6▽構えやすさ:7▽打感の柔らかさ:6▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ&フェース=マレージング綱(AM355P)、ウエート=タングステン合金(Ni、W、Fe)
■シャフト(重量/トルク/調子):「M-43」(S=50g/3.9/中調子)、「M-40」(SR=45g/4.7/中調子)、「M-37」(R=45g/4.6/中調子)、「M-35」(R2=45g/4.1/中調子)。
■価格:4本(#7~P)セット9万6000円+税、単品(#6、A、AS、S)各1本2万4000円+税