どーもです。

PRGRのニューモデル「egg(エッグ)」シリーズですが、いよいよ今日紹介する「eggフォージド」アイアンがラストです。先代は「POWER FORGED」(PF)アイアンの名前でしたが、今回はごく普通に「フォージド」アイアンになっていました。見た目的にはかなりシャープになっていましたが、果たして打ちやすさを前面に出すこの「egg」の実力との兼ね合いはどんな感じなのでしょうか? その辺も確認したいな~と思いますので、さっそくレポしてみましょう。

まずは見た目から。

構造的にはポケットキャビティタイプですが、「egg」アイアンとは、形状的には全くの別モノ! トゥヒール方向もコンパクトで、トゥトップも高めに設定していました。先代に比較しても同様です。

フェースはセミラージ。ですが、「egg」史上最もコンパクトかもしれません! 先代に比べてもコンパクトで、形状的にも全くの別モノに生まれ変わっています。ノーマルモデルの形状に近づけつつも、eggの遺伝子は残す。そんなメッセージを感じますね~!

ソール幅はちょうど良い感じですが、先代よりはかなり狭めです。これぞ、「egg」の進化か!?

ネックはセミグース。バックフェース下部のボリュームがかなり下げられていましたね。

構えてみるとこんな感じ。トップブレードがメッチャ薄くないっすか!? この見た目だけで判断すると、結構アスリートモデルを感じますよね。でもですね、これが「eggフォージド」アイアンなんですよね。写真を間違えたわけではありませんので!!!! ついに、この顔になりました~!

今回試打したのは、専用開発カーボンシャフト「egg」M-43(S)フレック装着モデルの#7。スペックは、ロフト角26度、ライ角62.0度、長さ38.25インチ、総重量345g、バランスD0.5。シャフトスペックは、重量49g、トルク3.9、中調子。

持ってみた感覚は軽めです。グリップも細め。シャフトを手でしならせてみると、連日書いてきた通り、「M-43」はSフレックス相当ですが、柔らかめ。しなりポイントは中間よりもやや先辺りですかね。ワッグルしてみると、ヘッドは「egg」アイアン同様の動き方に感じましたね。ヘッドの大きさ的には「egg」アイアンよりもやや小さめですが、素振りしてみるとその分気持ちシャープに振れる感じもありました。

実際に打ってみると、eggの遺伝子は確実に継承したモデルだと思います。ロフト角的には「egg」アイアンよりも1度寝ていますが、ほぼ遜色ない球の上がり方と飛距離を体感できました。トップブレードが薄くなっている分、今までのeggに比較するとやや難しそうな印象を受ける方もいるかもしれませんが、そこはこの「egg」の遺伝子を信じれば問題ないでしょう。「egg」といえば元祖ぶっ飛び系アイアンですが、個人的には見た目がボッテリしていて抵抗がありました。でも、今回のこの「eggフォージド」アイアンは、ついに見た目的にも許容範囲に入ってきました。って、上から目線ですけど・・・(汗) でも同じ感情を持つゴルファーも必ずいると思いますので、敢えて書かせていただきました!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS40.6m/s、初速52.0m/s、打ち出し角18.7度、バックスピン量4968.6rpm、サイドスピン-324.7rpm、飛距離186.6y
【ベスト】
HS41.2m/s、初速52.8m/s、打ち出し角18.4度、バックスピン量5040.7rpm、サイドスピン-72.0rpm、飛距離187.3y

打感は弾き系ですね。「egg」同様硬さを伴う弾き系で、球離れが速いイメージでした。音も「カン!」と甲高い感じでしたね。

弾道はこんな感じで

スカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道。ロフト角を考えればやはり、かなりの高弾ですね。前述通り「egg」アイアンに対して1度寝ていますが、それでもこの上がりやすさはラクですね。またスピン量ですが、1度寝ているのに3球平均でなんて約400rpm減っています。これはボクの打ち方の問題もあるかもしれません。それでも同日試打ですので、それほどの差が出るとなると、これはクラブの性格も考慮すべきだと思います。この結果、意外でした!

出球傾向は、ボクのスイングで軽いドロー系。この辺のフィーリングは「egg」アイアンとほぼ同じですが、やや操作性も意識しているようには感じました。まぁ、それでも、〝オートマチック系の中で〟という注釈はつきますけどね!

シャフトフィーリングは、これも連日書いていますが、「M-43」はSフレックス相当ですが、柔らかめ。「egg」アイアンに比較すると、ややシャープなイメージもありましたが、ほぼ同じ動き方と言えるでしょう。もちろん、「egg」アイアンで感じた軽さから手元で操作できちゃうという感じもあります。が、やはりそこは「egg」です。クラブを信じて振り抜けば、結果はクラブが出してくれると思います。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/s辺りにオススメです。「ザ・オートマチック」の中で気持ち操作性も意識したかなと思わせるイメージでした。球を上がりやすく、つかまりもよく、という「egg」の遺伝子を継承しつつ、これまでの「eggフォージド」から見た目を〝普通のアイアン〟に限りなく近づけた感じですね。ぶっちゃければ「egg」史上、個人的に初めて「買ってもいいかな・・・」と思わせてくれたアイアンでした。

<PRGR「eggフォージド」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:6▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:6▽ミスの許容度:10
■ヘッド:フェース=ニッケルクロムモリブデン綱(SAE8655)、ボディ【#5~A】=軟鉄(S45C)、【AS、S】=軟鉄(S20C)
■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「M-43」(S=49g/3.9/中調子)、「M-40」(SR=45g/4.7/中調子)、「M-37」(R=44g/4.6/中調子)。スチールシャフト「SOFT STEEL M-40ST」(SR=81g/2.7/中調子)、「同M-37ST」(R=76g/3.1/中調子)、「NSPRO950GH neo」(S=96g/1.7/中調子)※#7スペック
■価格:4本(#7~P)セット9万6000円+税、単品(#5、#6、A、AS、S)各1本2万4000円+税