どーもです。

DOCUSの最新モデル「DOCUS RELOADED+」ドライバーと「DOCUS RELOADED」FWを試打できました。どうやらこのドライバーは「DOCUS RELOADED」がベースのようですが、肝心なそのベースを打てていません。FWと比較するのもなんですよね。というわけで単体レポになりますが、まぁ~、ぶっ飛びです。DOCUS自体が飛び系ですが、この「DOCUS RELOADED+」はマジでぶっ飛びでした。ちょっと興奮するくらいでしたので、さっそくレポしてみましょう。

まずは見た目から。

ソールデザインを見る限り、トゥ・ヒールに2つ、そしてソール後部に2つのウエートが配置されています。後ろの2つは「パワー・ウエート」となっていますが、前の2つのうちネック側は「フック・ウエート」、トゥ側は特に命名されていないようです。ということから、つかまりを意識したモデルなのではと推測できます。「RELOADED」はウエートと可変スリーブが特徴のようですが、「RELOADED」と「RELOADED+」の見た目の差は、ソールのフェース後部に刻まれたミゾだと思います。HPで確認する限りではかなりコンセプトが違うような印象も受けますが、進化版ということに間違いはないと思います。

フェースはセミディープかな。トップラインの中央部がこんもりしているので、そう見えるだけなのかもしれません。

なぜかというと、ボディはシャロー気味なんですよね。でも、ミドルバックになっていました。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積は大きすぎず、小さすぎずですね。形は丸型。見た目的には違和感のない、オーソドックスなモデルでした。

今回試打したのは、オリジナルシャフト「Slugger T2」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10度、ライ角60度、長さ45.25インチ、総重量310g、バランスD2.3。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量58g、トルク4.3、中調子。

持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽めに感じました。でも実際は310gあるんですよね。グリップは良い感じの太さでした。シャフトを手でしならせてみると、良い感じの硬さです。ボク的にはこれぞ「S」って感じで、しなりポイントはちょうど真ん中辺りでした。ワッグルしてみると、ヘッドの動き方は程よい感じ。手元剛性がやや高めな印象で、素振りしてみるとかなりシャープに振れる印象でした。

実際に打ってみると、冒頭書いた通り、その飛距離にビックリ!! いきなり1発目から良い感じの当たりで、スカイトラックを確認してみると、なんと250yをマーク。いつも見てくれている人なら、ボクにしては飛んでいるということが分かると思います。スカイトラックによるボクの平均飛距離は240~245yですので、250yは飛んでいます!! しかも、この後の動画では257yをマークしました!! ただし、球の上がり方は今ひとつだったかな。最近では珍しい中弾道で、かなりのロースピンでした。実戦ではランもでそうな雰囲気でしたね。ちょっと気になったのは音。これはボクの好みの問題ですが、やや金属的な甲高い打音でした。しかもやや大きめ。練習場は壁があるので反響しますが、いつものドライバーに比較するとやや大きめだったように感じました。とはいえ、この飛距離は魅力的ですね~!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.8m/s、初速62.1m/s、打ち出し角14.9度、バックスピン量2575.6rpm、サイドスピン-125.8rpm、飛距離250.6y
【ベスト】
HS43.1m/s、初速62.5m/s、打ち出し角14.3度、バックスピン量2733.6rpm、サイドスピン-156.4rpm、飛距離250.8y

打感は弾き系。典型的な弾き系ですが、ガッツリ芯を食うと気持ち柔らかさもあって、いわゆる〝分厚い当たり〟感も感じられます。打音は前述通りで、ボク的にはちょっとキンキンしすぎている感じでした。まぁ、この辺は好みの問題ですので!!

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこんな感じ。

弾道的には中弾道。見た目的にはオートマチックにガッツリ上がるイメージだったので、意外でした。でも、ロースピンの弾丸ライナー系の球質は、もう、すんごいです!! 初速も速めで、例えるなら、引退しましたが往年のイチロー選手のレーザービームかなw まぁ、すんごい弾道でした!

出球傾向ですが、ボクのスイングでほぼストレート。腐れフッカーのボクが打っても曲がり幅が少ないのは好印象(笑) 3球平均+動画データを見ても、サイドスピンは200rpm以下って!!!! もちろん20球ぐらい打った中で芯を食った打球をピックアップしていますが、それでも曲がり幅が少ない傾向の印象でした。

シャフトフィーリングですが、かなりクセのない素直なしなり方が印象でした。手元剛性がやや強めな印象で、その分シャープに振れる印象でした。バランスがD2.3とごく一般的な数値ですが、その数値ほどヘッドを感じなかったのはシャフトとのマッチングかと思われます。スイングの善し悪しがそのまま反映されそうな雰囲気があるので、クセがない故にその辺のシビアさはあるかもしれません。そんな気配はしましたが、それでもいわゆる万人向けで、スペック次第でだれでも使えそうなシャフトに感じました。

今回ボクが試打した限りで、このスペックでHS42~45m/s辺りにオススメかな。飛距離が期待できるモデルですが、その上で曲がりが少ない、いわゆるストレート弾道も期待できる、〝飛んで曲がらない〟モデルでした。少なくともボクには、ですけど。腐れフッカーのボクが叩いて曲がらないと書くと、「スライサーはどうなるんだ!?」となりますよね。これはあくまでも想像ですが、おそらく曲がりは少ないと思います。ヘッド自体のつかまりとして、決してつかまり過ぎる印象がなかったのと、クセのない挙動のシャフトとのマッチングで、おそらくスライサーでも曲がりは少なくなると思っています。いずれにせよ、真っ直ぐ飛ばしたい人は試してみる価値ありです!!

<ハラケン「DOCUS RELOADED+」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:7▽操作性:8.5▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:6▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=811チタン、フェース=DAT-55チタン
■価格:ヘッドパーツ販売1個7万円+税。