どーもです。

試打ネタ切れ明けで紹介してきたグローブライド「オノフKURO」シリーズですが、いよいよ今日紹介するアイアンがラストです。何気に歴代「オノフKURO」アイアンは名器だと思っていましたが、今回から#7までが中空構造になりました。ウッド系が若干ハードでよりアスリート向けテーストになっていたことを考えると、そこには矛盾も感じます。とはいえ、アイアン本来の役目〝狙う〟を意識したのかもしれませんね。その辺も確認できればと思います。早速、いってみましょう。

まずは見た目から。

これまでの「オノフKURO」アイアンのイメージを一新しましたね! 構造的に従来の流れを一新したわけですから、当然見た目も変わりますよね。印象的にはマッスルバックチックですが、実際には中空構造による厚みもあるので、それほどシビアさ感じないと思われます。

フェースは、まぁ、ノーマルかな。先代よりは気持ち大きくなったような印象もありました。形状的には先代のイメージを踏襲している感じで、フェースのミーリング加工も踏襲していました。

ソールは狭すぎず、広すぎずで、ちょうど良い感じ。リーディングエッジもしっかり削られていました。

ネックはほぼストレートといっていいかな・・・。先代に比較するとほんの気持ちグースが入ったような印象もありますが、まぁ、ほぼストレートでしょうね。

構えてみるとこんな感じ。顔的には先代のイメージかな。構造では先代までのイメージを捨てて進化しましたが、見た目は先代にイメージを踏襲していました。

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR105」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角32度、ライ角61.5度、長さ36.75インチ、総重量418g、バランスD1。シャフトスペックは、重量98g、トルク1.7、元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まずは持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。グリップはまずまずの太さでした。ワッグルしてみると、まぁ、スチールシャフトなのでそれほどヘッドが動くことはありませんが、その辺は想像の範囲内ですな。素振りしてみると、ボク的にはUTよりもしなりを感じるという妙な状況でした。

実際に打ってみると、ご機嫌なアイアンです!! ウッド系はかなりハードな印象だったので、「アイアンも難しいのかな!?」なんて先入観があったのかもしれませんが、その分を差し引いてもかなり打ちやすいイメージでした。#7まではオノフ独自の中空構造アイアンになっていますが、いわゆるフォージドアイアンのフィーリングと変わらないマイルドな打感でした。また、ウッド系同様スピン量が少なめ。ロフト角32度で3球平均4500rpmは少ないですわ~! 前作は34度だったので、2度立ってはいますが、その分中空構造にすることで、扱いやすさを演出しているのではと推測しました。結果論ですが、ボクレベルで曲がりが少ないのも、かなりの好印象でした。いろんな意味でご機嫌なアイアンでした。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS37.8m/s、初速48.2m/s、打ち出し角18.9度、バックスピン量4562.9rpm、サイドスピン-809.8rpm、飛距離166.4y
【ベスト】
HS38.0m/s、初速48.5m/s、打ち出し角18.8度、バックスピン量4416.9rpm、サイドスピン-961,2rpm、飛距離170.0y

打感はマイルド。ムニュッとした打感で、いわゆるフォージドアイアンの分厚い当たりが特徴的でした。そう考えると、スピン量の少なさがすごいなぁ~と思います。音は違和感のない中高音系で、かつ小気味のよい音でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道は高弾道ですね! ウッド系とは確実に違うイメージで、しっかり球が上がるイメージでした。低重心をかなり意識したモデルのようで、とにかくスピン量は少なめです。

出球傾向ですが、ボクのスイングでほぼストレートから軽いドロー系。ウッド系のようなフェード系が出ませんでした。むしろ、ウッド系よりもつかまりは良い感じでしたが、曲がりが少ないのはうれしいですね。#7はボクレベルでも狙っていきたいクラブだったりしますからね~!

シャフトフィーリングですが、切り返しで手元がクッとしなる感じがいいですね。ボクはダイナミックゴールド育ちなので、手元が気持ちしなる方が心地良いんですよね。逆を言えば、手元がしっかりしているタイプが苦手だったりします。そういう意味ではオノフKUROのウッド系、特にUTは、実は苦手な部類だったりします。まぁ、そういう意識がダメなんでしょうけどね。正直このアイアンのほうがマイルドに感じる部分があるほどでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/s以上におすすめです。ボクのイメージでは、このアイアンは従来のオノフKUROのイメージ通りでした。もちろん構造自体変わっているので、そこが進化のポイントだと思います。必要以上に難しすぎず、アマチュアゴルファーでも扱いやすさのある難易度で、アベレージゴルファーがもう1段階上を目指す際に手に取りたいモデル。それが今までボクがオノフKUROに抱いていてイメージですが、このアイアンはそのイメージを正統に継承したモデルだと思います。そう考えるとウッド系はややハードな味付けになっていたと、ボクは感じました。すでに発売しているモデルですが、みなさんはどのように感じたでしょうか?

<グローブライド「オノフ フォージド アイアンKURO(2019)」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:9
■ヘッド:【#4~#7】ボディ=S20C、フェース=特殊バネ綱SAE8655、ウエート=タングステン合金【#8~PW】ボディ=S20C、フェース=特殊バネ綱SAE8655
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR125」(S=117g/1.5/元調子)、「NSPRO MODUS3 TOUR105」(S=98g/1.7、R=95g/1.9/元調子)。カーボンシャフト「LABOSPEC SHINARI:i65」(S=65g/2.7/中調子)。
■価格:スチールシャフト装着モデル5本(#6~PW)セット9万5000円+税、単品(#4、#5)各1本1万9000円+税。カーボンシャンフト装着モデル5本セット11万円+税、単品(#5、#4)2万2000円+税。