Sschoolyどーもです。

ラズルダズルのニューモデル「CSI-Sフォージド」アイアンを試打できました。昨年、キャビティタイプの「CSI-Cフォージド」アイアンを試打しましたが、今回発表された「CSI-Sフォージド」アイアンはポケットキャビティアイアンです。その分打ちやすさが強調されているのかと思いきや、扱いやすいだけではない部分も感じました。それは、何なのか。言ってしまえば一言で終わってしまうのですが、そこはあえて引っ張ります。というわけで、早速いってみましょう。

まずは見た目から。

構造的にはポケットキャビティですね。バックフェース下部がかなり厚めで、低深重心を意識したモデルのように感じます。「CSI-Cフォージド」に比べるとややトゥの高さが抑えられていて、より四角形なイメージでした。

フェースは小振り気味かな。「CSI-Cフォージド」よりもネック側の縦幅が確保されているのと、トゥの高さが抑えめになっていることと相まって、より四角形に見えますね。ポケキャビのわりには気持ちシビアそうな雰囲気でした。

ソール幅は顔の大きさに対してやや広めにも感じました、ちょうど番手表示あたりのへこみの影響で抜けが良さそうですね。何気にネック側とリーディングエッジも削られ、つっかかり防止やダフリに対してもカバーしてくれそうな雰囲気でした。

ネックはほぼストレート。それ以上に目を引くのがボディ形状!! ポケキャビミゾの段と低深重心化を意識した段の2段構造になっていました。

構えてみるとこんな感じ。さすがに「CSI-Cフォージド」に比較するとやや扱いやすさも感じさせてくれますね!! 結構好きな雰囲気でした。

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR105」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角32度、ライ角62度、長さ37インチ、総重量420.0g、バランスD1.5。シャフトスペックは、重量98g、トルク1.7、元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用。

持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。グリップにはイオミックが挿さっていましたが、やや細めに感じました。スチールシャフトなので手でしならせても、そう簡単にはしなりませんね。素振りしてみると、結構振り抜きがいいイメージでした。

実際に打ってみると、「ほ~!!」です。ポケキャビらしい球の上がり方ですが、決して上がり過ぎる印象はありません。また、つかまりも程よいつかまりで、決してつかまり過ぎることありませんでした。さらに言えば、これがもっとも重要なポイントだと思いますが、縦の距離のブレが少ない印象でした。最近、飛びにこだわるアイアンの怖いところは、飛距離のブレです。我々アマチュアは芯を食わないことの方が多いです。飛び系アイアンで怖いのは、たまに芯を食ったときの飛距離ですよね。そういう意味でこのアイアンは芯を食ったときと芯は外したときの距離差が少ないように感じました。さすがに「これはミスヒットだわ!」というのは除いてですけど!! 「ちょっと薄かったかな」という当たりと「これはガッツリ芯食ったわ!」ショットの差が、スカイトラックで見る限りほぼ5y以内でした。アイアンは狙うクラブ。そんな思想を嫌でも意識させてくれるアイアンでした。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS38.4m/s、初速48.9m/s、打ち出し角17.6度、バックスピン量5262.4rpm、サイドスピン-884.6rpm、飛距離163.7y
【ベスト】
HS39.1m/s、初速49.8m/s、打ち出し角17.1度、バックスピン量5207.7rpm、サイドスピン-1211.5rpm、飛距離166.6y

打感はソリッド系かな。ゴルフ体験主義のソリッド系は「マイルド感と弾き感が良い感じに同居」という感じです。音は違和感のない中高音系でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高めの中弾道かな。前述通り、上がりやすいけど決して上がり過ぎない、そんなイメージでした。スピン量は気持ち少なめかな。スピン量は「CSI-Cフォージド」アイアンに3球平均に比べると、約500rpm減っていました。これは間違いなくポケキャビ化による余剰重量の再配分による影響でしょうね。

出球傾向は、ボクのスイングでほぼストレートからドロー系。つかまりが程よいので右に打ち出すことはなく、そこからドローなので、ボク的には思ったよりもやや左に行く傾向が強かったけど、いかんせんボクがフッカーですからね~!

シャフトフィーリングですが、切り返しで感じる手元のタメ感がいいですね。切り返しで力まずにスッとヘッドを下ろせれば、後はクラブが仕事をしてくれる印象でした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/s辺りにおすすめかな。とにかく、扱いやすさのバランスがいいアイアンです。どこをとってもやり過ぎ感がないのが好印象です。これならアベレージゴルファーはもちろん、球筋を操りたいゴルファー以外なら幅広く使えそうなイメージでした。払い打ち系でも、ヒッタータイプでも、レベルを問わずに使えそうな印象でした。最近ぶっ飛び系アイアンが増えるなか、かなり堅実なアイアンでした。この距離を打ちたい。アイアン本来の役割を意識させてくれるアイアンでした。

<ラズルダズル「CSI-Sフォージド」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8.5▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:8.5
■ヘッド:軟鉄(S15CK)
■価格:ヘッドパーツ販売4個(#7~PW、#6~#9)セット10万円+税、単品(#4、#5、#6、AW)各1本2万5000円+税。