どーもです。

タイトリストのニューモデルアイアンですが、今日紹介するのは「620MB」アイアンです。見た目はザ・マッスルバックアイアンです。流麗で美しいフォルムですが、まぁ~その見た目からはシビアさしか伝わってきません。昨日紹介した「620CB」アイアンがそうであった以上、「620MB」はもっとシビアでしょうね。そういう考えだと、打つ前から負けているって感じですな~! というわけで、「ボクはこいつを使える!!」と自分に言い聞かせて打ちましたので、その結果をレポしましょう。

まずは見た目から。

バックフェースを見る限りでは、718MBに比べるとややトゥ・ヒール方向が短くなって、小振りになった感じでした。より丸みを帯びたイメージですね。

フェースは小振りです。まぁ、当然ですけどねw。もう顔は伝統ですね!!

ソール幅も狭いっすね~!! この手のアイアンは、ダウンブローに打ち込んでの抜けの良さを確保する必要があるでしょうから、当然ソール幅は狭くなりますよね。

ネックはストレート。で、バックフェースの厚みですが、気持ち、718MBよりも増しているような感じでした。しかも、その厚みがより高い位置から確保されているように見えました。

構えてみるとこんな感じ。今や、笑ってしまうほどコンパクト!! 「さぁ、君にボクが使いこなせるかな」と問いかけられているような印象でした。

今回試打したのはトゥルーテンパー社製スチールシャフト「AMTツアーホワイト」S200装着の#7。スペックは、ロフト角35度、ライ角63度、長さ37インチ、総重量432g、バランスD3。シャフトスペックですが、ウエートフローで重量は108~129g、トルクは1.4~1.7、手元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用。

持ってみた感覚ですが、重量的にはまずまずの重さ。グリップは「620CB」同様、細めに感じました。スチールシャフトですがシャフトを手でしならせてみると、やはりなかなかの硬さです。ワッグルしてみてもヘッドの動きは少なく、素振りしてみた感覚は、よりシャープに振れそうな印象でした。

実際に打ってみると、「んっ!?」です。なんだか良い感じ!! 1球目からガッツリ芯を食いました。気を良くした2球目は気持ち薄めに当たった感じでしたが、悪くない手応え。そのまま3球目を打つと、まずまずの手応えでした。な、なんと、このマッスルバックが3球連続ナイスショット!! スカイトラックを導入してかなりの時間が経ちますが。3球でデータ取り終了は数えるくらいしかありません。しかもそれがこのマッスルバックって~!!!! ボク自身ビックリです。「もしかして、ボクに合ってるのかな!?」なんて勘違いしそうですが、そんなことないと思います。たまたまでしょうね(笑) このアイアンで弾道がそろうと勘違いしそうですよね~! でも、なんか自分が褒められている気分でした。とはいえ、やはりダウンブローに打ち込める技術とスイングで球をつかまえられる技術は最低限求められるでしょう。実際、この後動画撮影ではペチも出たし、やはり芯を外すと距離が10yは変わります。そういう意味では、やはりこのクラブもミスがミスとして返ってきます。まぁ、間違いなく中・上級者向け・・・というか上級者向けでしょうね。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS37.4m/s、初速47.7m/s、打ち出し角20.8度、バックスピン量5748.1rpm、サイドスピン-911.0rpm、飛距離161.9y
【ベスト】
HS37.5m/s、初速47.8m/s、打ち出し角20.8度、バックスピン量5487.1rpm、サイドスピン-869.4rpm、飛距離163.1y

打感はソリッド系。ゴルフ体験主義でいうソリッド系は、マイルドさと弾き感が良い感じの同居している感じです。音は小気味の良いシャッター音でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道ですが、これもしっかり打ち込めればという条件付きです。ボク的には、かなり打ち込むイメージでやっと高弾道です。球を上げるにもそれなりの技術が必要ですね。

出球傾向ですが、これもスイング通りです。ボクの場合、基本的にほぼドロー系でしたが、ボクの中でのかなりカット打ちを意識して動画の出球でした。

シャフトフィーリングですが、やはりこのヘッドとの組み合わせでもダイナミックゴールド(DG)のような感じでした。「620CB」で〝強いて言えば〟として書いた「気持ちシャープ感が増しているような印象」ですが、より強調されたように感じました。

今回ボクが試打した限りで、このスペックで最低HS43m/sは欲しい感じですね。この「620MB」は確実に使い手を選ぶアイアンです。それはマッスルバックだからという意味だけではなく、使い手のイマジネーションを具現化してくれる武器であるからです。それと同時にミスがミスとして返ってくるアイアンでもあります。クラブがカバーしてくれそうな部分は「620CB」よりも少なく、ぶっちゃけ「何もない」と言っても過言ではありません。それくらいシビアです。ノープレシャーのレンジ試打だからたまたま3球連続でナイスショットが出ただけで、これが実際にコースだったらと思うと自信は1ミリもありません。そんな印象でした。

<タイトリスト「620MB」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:10▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:5
■ヘッド:軟鉄
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「AMT TOUR WHITE」(S200=108~129g/1.4~1.8/手元調子)
■価格:5本(#6~P)セット12万2000円+税、単品(#3、#4、#5)各1本2万4000円+税。