どーもです。

今日紹介するのは、タイトリスト「T200」アイアンです。見た目的にはバックフェースの目玉が特徴的で、いかにも〝飛びます!!〟といったオーラが出ていますが、果たしてその通りなのでしょうか。「T」シリーズ3モデルの中間と言うことで、「T100」以上にバランスを意識したモデルだと想像できますが、その実力を確認したいと思います。

まずは見た目から。

この「T200」アイアンも、構造的にはキャビティアイアンですね。でもこの「T200」アイアンはバックフェースのトゥ・ヒールの厚みをより強調しています。「T100」も高慣性モーメントを意識したモデルですが、さらに意識したモデルということでしょうね。バックフェースの丸が特徴ですね!

フェースはセミラージかな。「T100」アイアンに比べると、確実にひとまわり大きいです。形状的には「T100」アイアンとほぼ同じイメージで、そのまま大きくなったイメージでした。

ソール幅はやや広めですが、顔の大きさに対して適当な幅かと思います。

ネックはセミグース。横から見るとボディの厚みがより確保されているのが視認できると思います。つまり、より深重心タイプということですね!

構えてみるとこんな感じ。「T100」アイアンのあとに見ると、当然ですが、ロフトが立っているのが分かります。セミグースの影響でつかまりが良さそうに見えますね。

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR105」S装着モデルの#7。スペックは、ロフト角30度、ライ角63度、長さ37インチ、総重量421g、バランスD2。シャフトスペックは、重量は106.5g、トルク1.7、元調子です。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚は、重量的にはやや軽めかな。でも、グリップはまずまずの太さでした。スチールシャフトなので、手でしならせてもそれほどしなりませんが、ワッグルしてみると思ったよりもヘッドが動くイメージでした。素振りしてみると、振り抜きが良さそうな印象でした。

実際に打ってみると、ロフトが立っている分当然「T100」よりも飛びますね。ボクの感覚としてはロフト角3度で約10y変わると思っていますが、まさにそのイメージ通りの飛距離でした。外観も含めいい意味でタイトリストらしくないアイアンですね。ここ数年かなり扱いやすいアイアンも出しているタイトリストですが、昔のバリバリアスリートモデルや今回新作で出した「620MB」「620CB」のイメージがいまだに残っているおっさんにとっては、「タイトリストでこれだけ扱いやすいアイアンを出すとは!!」というのが本音です。なんか、毎回そんなこと書いているような気がしますけど。今までは〝見た目通りシビアなアイアン〟を作ってきたタイトリストが、〝見た目通り扱いやすいアイアン〟を作ったといった感じでした。「T100」よりもやや大きめで見た目通り安心感があり、ロフトが3度立っているにも関わらず球の上がりは「T100」よりも上がりやすいイメージでした。実際、「T100」ほどダウンブローに打ち込む必要もなさそうでした!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS39.0m/s、初速49.6m/s、打ち出し角18.4度、バックスピン量4374.1rpm、サイドスピン-801.5rpm、飛距離174.0y
【ベスト】
HS38.7m/s、初速49.3m/s、打ち出し角19.3度、バックスピン量4357.8rpm、サイドスピン-690.5rpm、飛距離176.0y

打感はマイルドですが、「T100」に比べると気持ち弾き感もある感じでした。フェース自体がより薄くなっているのかな!? 音は心地良い中高音系でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、高弾道ですね。「T100」に対してロフト角が3度立っているのに打ち出し角がほぼ一緒です。しかも、打ち込む意識は要らない感じ!! 払い打ち系でもしっかり球が上がってくれました。相当の低重心モデルだと思います。

出球傾向は、ボクのスイングで軽いドロー系。「T100」に比べると、ややオートマチックにつかまるイメージでした。

シャフトフィーリングですが、切り返しで手元が気持ちしなってタメを作ってくれるイメージでした。「T100」のAMTツアーホワイトに比べると、全体的に柔らかめですね。まぁ、当然ですけど。それでも結構シャープに振り抜ける印象でした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/s辺りにオススメ。この「T200」は「T100」ほどダウンブローに打ち込む必要がないので、払い打ち系でも使えそうなイメージ。つかまりはよりオートマチックにつかまるイメージなので、持ち球的にはフェード系のほうがより合いそうに感じました。ヘッド重量3分の1のタングステンをトゥ・ヒールに配置してだけあって、かなりミスヒットにも強いのもうれしいですね。タイトリストが提案する見た目も現在風な扱いやすいアイアン。この「T200」はそんなアイアンでした。

<タイトリスト「T200」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ【#4~P、48度】17-4ステンレス【#4~#7】タングステン・ニッケル、フェース【#4、#5】SUP-10
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR105」(S=106.5g/1.7/元調子)、「NSPRO950GH neo」(S=98g/1.7/中調子)。カーボンシャフト「タイトリストKUROKAGE60」(S=64g/3.1/中調子)
■価格:5本(#6~P)セット12万円+税、単品(#4、#5、48度)各1本2万4000円+税