どーもです。

テーラーメイドの新作「NEW P790」アイアンと限定販売モデル「P7TW」アイアンを試打できました。まずは「NEW P790」アイアンですが、先代P790はかなり打ちやすい印象でした。「P700」シリーズでは打ちやすさを意識したモデルだと思いますが、その「P790」の後継モデルということで、自ずと打ちやすさに期待しちゃいます。どこが進化したのか。そしてそれはボクでも感じられるのか。早速レポしてみましょう。

まずは見た目から。

バックフェースの見た目のイメージは、先代とほぼ変わりません。細かいところをつけば、トゥからヒールにかけて「P790」のロゴが入った部分のさらに上に、直線的なふくらみが追加されていました。

フェースは大きすぎず、小さすぎず、かな。先代に比較すると、ややトゥが立ったように見えました。

ソール幅はちょうど良い感じですかね。「スピードポケット」も健在です!!

ネックですが、ちょっとだけグースが入った感じですが、この辺は先代と変わっていないと思います。確実に違うのはボディトゥ側のネジ位置。確実により低いところに配置されていました。

構えてみるとこんな感じ。先代は顔の大きさに対してトップブレードが厚めで、ハッキリいってアンバランス感がありました。でも新作は気持ち薄めになったイメージでした。そういう意味でのアンバランス感は解消されたと思います。

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR105」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角30.5度、ライ角62度、長さ37インチ、総重量421.4g、バランスD2。シャフトスペックは、重量106.5g、トルク1.7、手元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用。

持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。先代は「ダイナミックゴールド」(DG)装着モデルだったので、重量的に軽く感じるのも当然ですね。でも、グリップは結構太めに感じました。個人的には太めのグリップは好きですが、それでも持った瞬間に「太っ!!」と思うほどでした。スチールシャフトなので、手でしならせるくらいではそれほどしなりませんが、しなりポイントは中間辺りかな。ワッグルしてみると、ヘッドの動きはそれほどありません。グリップが太いからか、なんか手元にしっかり感がある感じでした。

実際に打ってみると、先代試打時よりも弾道のバラツキが少なくなったように感じました。ちょっと前からスイング改造には取り組んでいるので、ある程度スイングも変わっていると思いますが、それでもクラブによる部分が大きいと思います。つまり、芯を外した時のカバー域がより広くなっていると思います。また、おそらくより低重心になっていると思いますが、球の上がり方は先代と大きく変わっていないイメージかな。飛距離的には、先代よりも最大飛距離が伸びているように感じました。スカイトラックデータを見返すと、先代の最大飛距離は172.6yで、新作は176.0y。ロフト角は変わらないのに約4y伸びでいました。それだけ飛ぶ可能性があるということですが、3球平均と約6yの差があるのは気になるところかな・・・。#7で170yと思って打ったら175y飛んでしまう可能性があるのは、ボクレベルでもちょっと気になるところですかね・・・(汗) まあ、実際のラウンドでもタテの距離がそろわないのは常ですけどねw

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS38.6m/s、初速49.2m/s、打ち出し角19.3度、バックスピン量4846.1rpm、サイドスピン-675.1rpm、飛距離169.5y
【ベスト】
HS38.7m/s、初速49.3m/s、打ち出し角19.9度、バックスピン量4464.1rpm、サイドスピン-1038.5rpm、飛距離170.9y

打感はマイルド系ですね。先代は「弾き感もありつつマイルドさもあるけどソリッド感ではなく特殊な感じ」と書いていました。中空特有の打感を表現したかったのだと思いますが、今回は中空構造らしくないムニュっとした打感でした。音は中音系でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には文句なしの高弾道ですね。とにかく球は上がりやすいですが、先代と比較して上がりやすいかと言われると、先代同様のイメージでした。払い打ちでもガッツリ上がると思います。また初速が速いのも先代譲りですが、スカイトラックで確認する限り、スピン量がバラケていました。これはボクがスイングを変えている影響かもしれませんけど・・・

出球傾向は、ボクのスイングで軽いドロー系。ボクのイメージ通りのドロー系ですが、打ち出し方向のバラケが先代より少ない結果となりました。

シャフトフィーリングですが、先代のDGに比べると全体的に柔らかめです。でも、切り返しで手元が気持ちしなる感覚は似ています。個人的には、タイミングが取りやすかったです。なお、先代よりもヘッド自体の重量が軽いのかもしれません。切り返しの感覚が若干違って、ヘッドの存在感が気持ち薄かったたように感じました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/s辺りにおすすめ。先代同様打ちやすさを前面に出したモデルだと思います。進化ポイントは、最大飛距離が伸びたことと、より打ち出し方向と弾道がそろいやすくなったことですかね。ボクが実感できたのはこの2点でした。また、ボクの感覚が正しければ、切り返しがより速めの向けになっていたようにも思います。いずれによせよこの「NEW P790」アイアンが、打ちやすいアイアンであることは間違いないと思います!

<テーラーメイド「P790」アイアン>
■KAZ’インプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:10▽ミスの許容度:9
■ヘッド:【#3~#7】ボディ=軟鉄(8620)+タングステン、フェース=クロモリ綱(4140)【#8~PW】ボディ=軟鉄(8620)、フェース=クロモリ綱(4140)
■シャフト(重量/トルク/調子):「ダイナミックゴールド120 VSS」(S200=121g/未発表/元調子)、「NSPRO MODUS3 TOUR105」(S=106.5g/1.7/元調子)。
■価格:「ダイナミックゴールド 120 VSS」装着モデル6本(#5~PW)セット15万6000円+税、単品(# 3, #4)各1本2 万6000円+税。「NSPRO MODUS3 TOUR105」装着モデル6本セット16万5000円+税、単品各1本2万7500円+税。