ふどーもです。

ダンロップスポーツ「XXIO」シリーズのニューモデル「XXIO X(エックス)」シリーズですが、今日紹介するのはHBです。ドライバー&FWではふがいない結果になってしまいました。このHBでも惨敗してしまうのでしょうか? ユーティリティではなく、メーカー的にはハイブリッドを掲げています。どっちも一緒なのですが、個人的なイメージではハイブリッドの方がアメリカンなイメージで厳しそうな印象です。果たしてこのHBはどんなクラブなのでしょうか。早速、レポしたいと思います。

まずは見た目から。

個人的意見になりますが、いかにもアメリカンでまさに〝ハイブリッド〟と言った感じでしたが、みなさんはどう感じられるでしょうか?

フェースがもう完全にハイブリッド顔!! UT顔ではないのですが、この言い方で分かるかな~!? 分かりやすく言えば、テーラーメイドやキャロウェイっぽい顔ってことですけど・・・

当然ボディもコンパクトになりますわなぁ~! とはいえ、アメリカンはハイブリッドとしてはやや後部に長くなってはいますけどね。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。そのわりにはこうしてみるとUTなんですよね・・・

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Miyazaki AX-1」Sフレックス装着モデルの4H。スペックは、ロフト角20度、ライ角60度、長さ40インチ、総重量334g、バランスD1。ヘッド体積130m3。シャフトスペックは、重量55g、トルク3.7、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用。

持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。グリップもやや細めでしたね。シャフトを手でしならせてみると、結構しっかり感があって、いわゆる「カルカタ系」です。しなりポイントはちょうど真ん中当たりです。ワッグルしてみると、それほどヘッドが動くイメージはなく、素振りしてみるとかなり振り抜きが良い感じでした。

実際に打ってみると、まず懸念された〝芯食い〟はこのHBでやっと解決! ガッツリ芯を食った打球を得られました。その感触からすると、思ったほど球が上がりませんでした。ただし、スピン量がかなり少なめです。ということは、弾丸ライナー系の弾道を楽しめると思います。また、つかまりが良いです。この辺はUT特有のつかまりですが、フッカーのボクにはややつかり過ぎのイメージもありました。自己分析すると、「思った以上に球が上がらない」→「球を上げようと力む」→「よりつかまり過ぎる」という、アマチュアゴルファーにとってありがちな〝負の連鎖〟だと思いますけどねぇ(汗) とはいえ、そこを差し引いても、ドライバー&FWに比べると、オートマチックにつかまるイメージはありました。結構、男前なHBです!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS40.5m/s、初速54.1m/s、打ち出し角15.1度、バックスピン量3364.1rpm、サイドスピン-671.0rpm、飛距離197.2y
【ベスト】
HS41.5m/s、初速53.1m/s、打ち出し角16.3度、バックスピン量2668.4rpm、サイドスピン-952.5pm、飛距離197.9y

打感は弾き系。今回はしっかり芯を食っていますので、自信を持って宣言できます(笑) 音はやや高めでした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、高めの中弾道ですね。これまでの「XXIO」とはターゲット層を変え、ボクら世代を対象にしているのを理解しつつも、この弾道には「おっ!!」となります。それだけ「XXIO」の球の上がり方が強烈だったということでしょうけど! スピン量も少なめというか、かなり少なめだと思います。

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系でした。ドライバー&FWよりはオートマチックにつかまるイメージで、振っていくと結構つかまってしまうイメージでした。

シャフトフィーリングおよび振り感ですが、捻れ感やヨレ感がなく素直かつシャープに振り切れますね。かなり振り抜きは良い感じでした。ただし、ボクの場合、気持ちよく振れば振るほどつかまってしまうんですけどねw

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/s辺りにオススメ。ボク的にはドライバー&FWよりもややオートマチックにつかまる傾向を感じましたが、いかんせんドライバー&FWではロクに芯を食っていない・・・というか、ほぼ芯を食っていませんでしたので、それと比較するのもどうかという話もあります。まぁ。アマチュアゴルファーなんで、そんなことばかりですけど(汗) なぜアメリカンなイメージのハイブリッドにしたのかは分かりませんが、少なくもこのフェース形状を見る限りは〝ハイブリッド〟といった感じでした。

<ダンロップスポーツ「XXIO X(エックス)」HB>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:8.5▽操作性:7▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=マレージング綱 フェース=HT1770M
■ロフトバリエーション:3H=18度、4H=20度、5H=23度、6H=26度
■シャフト(重量/トルク/調子):「Miyazaki AX-1」(S=55g/3.7、SR=53g/3.8、R=51g/3.9/中調子)
■価格:各1本3万8000円+税