どーもです。

連日紹介してきたダンロップスポーツ「XXIO」シリーズのニューモデル「XXIO X(エックス)」シリーズですが、今日紹介するアイアンがオオトリです。ウッド系はUTでやっと満足のいく当たりが出ましたが、ドライバー&FWは正直惨敗でした。でも芯を外し気味でもあの飛距離なら、それはそれですごいクラブかなって・・・(汗) そんな「XXIO X」のアイアンは果たして芯を食うのか!? 「XXIO X」シリーズの焦点がそこになっているのは不本意ですが、それもアマチュアならではなので、許してくださいね~!! そんなわけでは、アイアンのレポと最後に軽く総括をお届けしますので、最後までお付き合い下さい。

まずは見た目から。

構造的には、ポケットキャビティですね。

フェースはセミラージ。形状的には至ってノーマルですが、これまでの本筋モデルに顔よりも、全体的に丸みを帯びていたように見えました。

ソール幅はセミワイド。顔の大きさに対しては、適当だと思います。

ネックはセミグース。なんか、横顔美人に見えましたわ~! ボディのバランスがいいですね!

構えてみるとこんな感じ。「XXIO」らしい安心感のある顔つきですね。本筋ラインのいかにもつかまりそうな雰囲気がないのは、個人的には良い感じ。

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO920DST for XXIO」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角29度、ライ角62度、長さ37インチ、総重量413g、バランスD1。ヘッド体積130m3。シャフトスペックは、重量92g、トルク2.7、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用。

持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。グリップもやや細めで、これはシリーズ通して一貫していました。スチールシャフトではありますが、手でしならせてみると、そこそこしなりますね。しなりポイントは真ん中あたりです。ワッグルしてみるとこれまたそこそこヘッドは動く感じでした。素振りしてみると、スチールらしい素直なしなり感を感じられました。

実際に打ってみると、「ん~!!」です。「XXIO11」アイアンを打てていませんが、少なくともスチールシャフトで、打つ限りでは先代「XXIO10」のほうが、同ロフトでも距離は出ていましたし、球も上がりやすかったように思います。そもそも比べてはいけないと思うので、ウッド系では比較を避けてきました。でも、この原稿を書いている時点で「XXIO11」が打てていない以上、比較としてふれざるを得ません。あっ、ちなみにですが、芯はしっかり食っていました! 若年層、と言ってもボクら先代がターゲットなのでしょうが、ある程度HSがあっても「飛びすぎない」「上がり過ぎない」を意識したのかもしれません。ボクにとって29度の適正距離は180y。そう考えると3球平均177yは〝飛ばない〟となってしまいます。でも先代「XXIO10」の動画弾道の飛距離は188yをマークしています。つまり〝飛びすぎ〟です。今回の「XXIO X」は動画弾道も178yです。この〝タテ距離のブレの少なさ〟が〝キモ〟だと思います。アイアンは狙うクラブですからね!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS39.0m/s、初速49.8m/s、打ち出し角18.9度、バックスピン量4316.6rpm、サイドスピン-683.3rpm、飛距離177.8y
【ベスト】
HS39.2m/s、初速50.0m/s、打ち出し角17.9度、バックスピン量4252.7rpm、サイドスピン-799.0pm、飛距離179.1y

打感はソリッド系。ゴルフ体験主義のソリッド系は、単純に〝硬い〟ではなく、マイルド感と弾き感がちょうど良い感じに同居したイメージです。音はやや高めでした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道です。「XXIO11」アイアンを試打できていないでので、「XXIO10」との比較になってしまいますが、「XXIO10」ほどオートマチックに上がる雰囲気はなかったです。気持ち、高重心だと思いますが、ダウンブローに打ち込むほどではないですね。払い打ち系でもしっかり球が上がるイメージでした。まぁ、その辺も含めて、ボクら世代向けなんでしょうね!

出球傾向は、ボクのスイングで軽いドロー系。やいのやいの書きましたが、弾道的にはイメージ通りの出球だったりしますw

シャフトフィーリングおよび振り感ですが、しなり感を気持ちよく感じながら、気持ちよく振れる感じでした。NSで気にあるインパクト時のグニャリ感ですが、この組み合わせでは感じませんでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/sですが、この辺が最大値だと思います。ボクら世代で、まだある程度振れる人の打ちやすさを意識したモデルに間違いないと思いますが、やはり特筆したいのは「飛びすぎない」です。飛ばないよりは飛んだ方が良いけど、飛びすぎはNG。ゴルファーはなんてわがままなんでしょうねw これまでの「XXIO」はアイアンでも「飛ばす」を意識していたと思いますが、「XXIO X」はアイアンの本来の役目〝狙う〟を意識したモデルになったと思います。

総括ですが、ボクら世代の使用を意識したモデル「XXIO X」シリーズは、実際に打ってみると、まさにボクら世代にピッタリだと思います。「XXIOはまだ早いんだよなぁ~」という世代は、とりあえず試してみることをおすすめします。たまたまボクの場合は、ドライバー&FWは芯を食いませんでしたが、それはボクのスイングとの相性ですので!! 年齢ではなくHS的に42~43m/sの方で、結構クラブにミスをカバーして欲しいゴルファーはぜひ1度お試しを!!

<ダンロップスポーツ「XXIO X(エックス)」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:9▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=軟鉄 フェース=HT1770綱
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO920DST for XXIO」(S=92g/2.7、R=88g/2.9/中調子)。カーボンシャフト「Miyazaki AX-1」(S=59g/3.6、SR=58g/3.7、R=57g/3.8/中調子)
■価格:スチールシャフト装着モデル5本(#6~P)セット9万5000円+税、単品(#4、#5、AW、SW)各1本1万9000円+税。カーボンシャフト装着モデル5本セット12万円+税、単品各1本2万4000円+税。