どーもです。

今日紹介するのは、ダンロップスポーツ「XXIO11」シリーズのFWです。ドライバー試打の結果、「お前はもう年なんだから。その事実を受け入れなさい!」と言われているような、そんな気持ちになりました。そのメンタルダメージ(?)を抱えたままFWに挑みましたが、これはこれでまたおもしろい結果となりました。というわけで、いってみましょう。

まずは見た目から。

当然ですが先代とは全く別デザインで、ドライバーの流れを汲んでいます。とはいけ、ソール形状は先代同様に見えました。

フェースはシャロー。ドライバー同様、スイートエリアに台形(正確には台形ではないですけど・・・)のミーリングが施されています。

ボディもシャローですね。先代と比較すると、ヘッド自体がやや上を向いているような気もしましたが・・・。気のせいかな!?

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積は大きめですね。形状的には丸型です。昨日のドライバーで振れませんでしたが、先代はネック側後部が気持ち絞られているようにも感じましたが、「XXIO11」は完全な丸型になっています。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「XXIO MP1100」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角58度、長さ43.25インチ、総重量286g、バランスD3。ヘッド体積は192cm3。シャフトスペックは、重量42g、トルク6.0、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚ですが、重量的には軽めですね。グリップもかなり細め。シャフトを手でしならせてみても、Sのわりは結構しなります。しなりポイントは、ドライバー同様中間よりもやや先端よりでした、ワッグルしてみると、ドライバーほどではありませんが、ヘッドは動きますね。素振りしてみても、ダウンからインパクトかけて、ヘッドが走りそうなイメージも一緒でした。

実際に打ってみると、あらビックリ!! 弾道の見た目的にはドライバーとほぼ変わりません。スカイトラックでデータを確認しても、飛距離的には約240yをマークしていますし、何より注目したいのはスピン量!! 3球平均約2800rpmって、ほぼドライバーじゃん! 先代試打時はFWでもHS44m/s(!!)。その分スピン量も約3400rpmで、飛距離243yでした。「XXIO11」ではHS42m/sの前述通りのスピン量で飛距離は239y。ちょっと待てよ・・・!! シャフトが短いFWとドライバーのHSが同じって!! なんならHSが上がっているのもあります。45.75インチをボクはもう振り切れなくなっているのか、それともスイングの問題なのかはわかりませんが、いずれにせよある種〝異常事態〟ですよね・・・。そんな話はともかく、HS42m/s辺りならドライバー代わりにもなりそうなFWでした。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.6m/s、初速59.9m/s、打ち出し角16.2度、バックスピン量2905.6rpm、サイドスピン-521.8rpm、飛距離239.3y
【ベスト】
HS41.7m/s、初速60.6m/s、打ち出し角16.4度、バックスピン量2951.6rpm、サイドスピン-381.6rpmm、飛距離242.7y

打感はソリッド系。ドライバーほど弾き感は強くなく、ボールのつぶれ感もほどよく感じました。音は高めですが、ドライバーほど響かない感じで、サスティンが短めに感じました。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、高弾道です。ドライバー同様球を上げようという意識は一切要りませんね。見た目的にも、ボク的には以前のドライバーの弾道のようでした。

出球傾向ですが、ボクのスイングで軽いドロー系。ボク的にはイメージ通りで、軽く右に打ち出して戻ってくるイメージでした。とはいえ、振っていくとドライバー同様やや左に打ち出す傾向はありました。

シャフトフィーリングおよび振り感ですが、軽量級でしなり感もありますが、ドライバーのイメージからは気持ちシャープに振れる感じでした。もっとヘッドが動きそうなイメージでいましたので、その辺は良い意味で裏切られた感じでした。まぁ、それでも、Sにしてはやや柔らかめですけどね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/s辺りにオススメです。かなりドライバー然としたFWでした。動画もデータも取っていませんが、直打ちでも233~235yをマークしていました。FWに苦手意識があるボクでも打てる、いろんな意味でかなり実戦的なFWですね。基本的にはレベルブローおよび払い打ちが合いそうな感じでした。少なくとも叩くイメージは不要です。フックフェースの見た目が、フッカーのボクにはやや気になるところですが、フェード系を持ち球にする方には逆に良い感じでしょう。

<ダンロップスポーツ「XXIO11」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9.5▽上がりやすさ:9.5▽操作性:6▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=、マレージング綱、フェース=HT1770M
■ロフトバリエーション:3W=15度、4W=16.5度、5W=18度、7W=20度、9W=23度
■シャフト(重量/トルク/調子):「MP1000」(S=42g/6.0、SR=40g/6.1、R=38g/6.2、R2=38g/6.3/中調子)
■価格:各1本5万3000円+税。