どーもです。

2020年1発目の更新はラウンドレポートになります。しかも、まだ昨年のネタです。ゴルフ体験主義でコラムを展開してもらっている「たむ。プロ」こと三浦辰施プロの主催コンペ「今年もあざっすコンペ」たむ。カップが山梨・富士桜カントリークラブで開催され、参加してきました。このコンペは参加者のレベルがかなり高く、普通に70台で上がってくる猛者たちがごろごろしています。今回ご一緒させていただいた同伴者は、ボク以外は全員シングルハンデ!! そんなピリッとした空気の中のラウンドレポートになります。

舞台となった富士桜GCは、レギュラティ使用でアウト2,962y、イン3,230y、トータル6,192yと距離は短めですが、コースレート「70.8」。グリーンセッテイングは刈り高3.2mm、スティンプメーター「9.5フィート」表示でした。

1番は337yミドル。

やや打ち下ろしで220~240y辺りの左右にバンカーがあるレイアウト。G410LSTティショットはやや引っ掛け気味で左ラフ。

残り123yPWショットはピン右10y。下っているように見えるのですが、キャディさん曰く〝上り〟。早速富士桜マジックにはまっています。なんとか2パットでパー発進。

2番は165yショート。

打ち下ろしをみて158y。#7ショットはピン右1yにオン。上り真っ直ぐを1パットで沈めてバーディゲット!!

3番は462yロング。

打ち上げで軽く左ドッグレッグです。G410LLSTティショットはひっかけ。OBもあるということで暫定球を打ちましたが、これはセンター。2球目打てば良い感じなんですよね・・・w

結果はセーフ!! 残り298yは100y残しを意識してロマロUT。でも当たりが薄く結果は113y。左足下がりのライから48度ショットはピン右10y。キャディさんに確認すると上りのフック。2パットで無事パーセーブ。

4番は128yショート。

#9コントロールショットでしたが、右奥11y。下りのフックですが、速さにビビッて4yもショート。これも沈められず、3パットでボギー。

5番は483yロング。

富士山に向かってティショットを放つシグネーチャーホールでもありますが、この日はあいにく富士山は見えませんでした。G410LSTティショットはプッシュアウト気味で右のバンカー。残り243yは100y残しを意識して#8。まずまずのショットで残り105y。左足下がりのライから52度ショットはカットの入ってしまいスライスでグリーン右。ピンまで12y52度寄せはピン手前2y。これを沈められず2パットでボギー。

6番は497yロング。

ここは逆さ富士が見える池のあるホールですが、富士山が見えてないので残念ですわ~! G410LSTティショットはFWセンターキープ。

残り258yですが#7で刻み。結果は残り105yFW。52度ショットピン奥4y。下りのスライスですが、かなり速そうなイメージ。タッチ合わせが功を奏し、無事2パットでパーセーブ。

7番は153yショート。

この日は136y。#9ティショットはピン左14yにオン。上って下ってのスネークライン。寄れば奇跡ですな! 1stパットを打ちすぎて3yオーバー。返しも沈められず、3パットでボギー。

8番は367yミドル。

下って上りの右ドッグレッグですが、G410LSTティショットは薄い当たりで右ラフ。

残り146y#8をダフってショート。残り38y52度は打ちすぎでピン奥6y。下りスライスは安全にタッチ合わせ。2パットでボギー。

9番は370yミドル。

セカンドでグリーン左に池が絡む真っ直ぐなレイアウト。G410LSTティショットはまずまずでFWキープですが・・・

あぶなっ!! ディボットだったらと思うと、天と地の差がありますね。残り105y52度ショットはピン左5y。下りに見えたので、キャディさんに確認すると「上りです!」ってw というわけで上りのほぼ真っ直ぐ。切れるとしたらフック。でもカップを外さないって。これ、全部キャディさんアドバイスです。結果1パットでバーディ!! キャディさん、ありがとうございま~す!

前半は、な、なんと2バーディの「38」。パットは18パットなので、ショットが良かったということになりますが・・・。そんな意識はありませんでした。ただただ、足を引っ張らないようにしていただけでした。いずれにせよ、この富士桜CCでこの結果は、ちょっとうれしいですよね~!! とはいえ、このままで後半いけるとも限りませんからね~。取り敢えず、気を引き締めていきます!