どーもです。

今日紹介するのは、テーラーメイドのニューモデル「SIM」シリーズの「SIM」ドライバーです。昨日「SIM MAX」ドライバーを紹介しましたが、正直な感想を書かせていただきました。兄弟モデルとなる「SIM」ドライバーはどんなモデルなのでしょうか。「SIM MAX」と比較できる分書きやすいということはありますけどね(笑) というわけで、さっそくいってみましょう。

まずは見た目から。

「SIM」ドライバーは重心距離を調整できる「スライディング・ウエート・テクノジー」を搭載しています。そういう意味では「M5」です。つまり「SIM」と「SIM MAX」は「M5」と「M6」に関係と似ていると思います。

フェースですが、ボクには「SIM」のほうがシャローに見えました。「M5」「M6」でも「M6」のほうがシャローに見えましたが・・・

ボディも「SIM」の方が気持ちシャローに感じましたし、ストレッチバックに感じました。確実に違うのは白い部分ですけどね。

後ろ姿です。「イナーシャジェネレーター」がよりトゥ側に向いているように見えましたが、これは目の錯覚かもしれません。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積、形状は「SIM MAX」と大きく変わっていないように感じました。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「TENSEI BLUE TM50」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角56度、長さ45.75インチ、総重量308.2g、バランスD3。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量56g、トルク4.0、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用。

持ってみた感覚ですが、重量的には良い感じ! でもグリップは「SIM MAX」同様若干細めに感じました。シャフトを手でしならせてみると「SIM MAX」で感じたのとほぼかわりません。S表記ですが、ボク的には気持ち柔らかめ。でも、ワッグルしてみると、不思議とヘッドの動きが少なかったように感じました。先端がほんの少しですがしっかりしているようなイメージでした。「SIM MAX」とは別シャフトなのかな・・・? 素振りしてみると、「SIM MAX」同様振り抜きが良さそうでした。

実際に打ってみると、ん!? 球が上がらない!! なんか、上がりにくかったかもです。中弾道の弾丸ライナー系の弾道を打ちやすいイメージですが、正直もうちょっと上がって!って感じでした。また、つかまりも決して良くないように感じました。上記写真のウエート位置だと、ボクのスイングで若干つかまえきれない感じでした。実際3球データでも2球がフェード系。それ以外でも、結構スライスが出ちゃいましたね。弾道チューニングシステム搭載ということは、それなりのレベルの方向けなのでしょうが、シャフトとも相まって、ボクには「M5」のほうがあっているのかな・・・というのが正直な感想です。決して「SIM」シリーズを否定しているわけではありませんので、誤解なきよう!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS41.7m/s、初速60.6m/s、打ち出し角15.2度、バックスピン量2576.2rpm、サイドスピン41.3rpm、飛距離243.8y
【ベスト】
HS41.6m/s、初速60.4m/s、打ち出し角16.6度、バックスピン量2499.7rpm、サイドスピン35.7rpm、飛距離246.1y

打感はマイルド系。「SIM MAX」同様ボールにつぶれ感を存分に感じられますが、やはり音がやや低めなんですよね・・・

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には中弾道。正直、もっと上がりやすいほうがいいですが、それはクラブのターゲット設定が弾道を操れる方なのかもしれません。スピン量ですが、弾道の見た目では「SIM MAX」との差はわりませんが、球が低い分弾丸ライナー系に感じました。スカイトラックのデータ的にも、まぁ、大きくは変わっていませんでした。

出球傾向は、ボクのスイングでフェード系。腐れフッカーを自称するボクですが、最近ウッド系結構スライスが出ています。この「SIM」はそんなボクが打って、フェード系。スライスも出ちゃいますけど。「SIM MAX」の後の試打でしたが、そこを差し引いてもある程度スイングでつかまえられるほうがよさそうな印象でした。

シャフトフィーリングおよび振り感ですが、ボク的には「SIM MAX」装着モデルとは気持ち性格が違うように感じました。同じ「TENSEI BLUE TM50」Sフレックスですが、「SIM」のほうがやや先端剛性が高いように感じました。ヘッドの動きが少なく、球が上がらなかったのはそのせいかな・・・とも思っています。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/s辺りにオススメ。「SIM」ドライバーはスイングで球をつかまえられる方向けかなって、感じました。そういう意味では「M5」です。「M5」が「SIM」、「M6」が「SIM MAX」の関係で間違いないと思います。そう考えると、「Mシリーズ自体どうなるのよ」って感じはあります。ドライバーを打つ限りでは、SIMシリーズとMシリーズとの関係は、ボクにはモロ被りしているように感じました。今後「M7」「M8」が登場するのか。はたまた、消滅してしまうのか。その辺は今後のお楽しみということにしておきましょう。って、完全に話が脱線しましたが、この「SIM」ドライバーと「M5」ドライバーとの顕著な差を、ボクは体感できませんでした。でも、これはあくまでもボクの感想ですので!! いつも書いていますが、打たず嫌いはダメ! 何はともあれ、1度打ってみてくださいな!

<テーラーメイド「SIM」ドライバー>
■KAZ’s インプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:8▽操作性:7▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=9-1-1チタン、クラウン&ソール=グラファイト・コンポジット、フェース=6-4チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「TENSEI BLUE TM5」(S=56g/4.0、SR=54g/4.4、R=52g/4.9/中調子)。「ツアーAD XC-6」(S=64g/3.2/中元調子)。「Speeder661 EVOLUTIONⅥ」(S=65.5g/3.9/先中調子)。「Diamana ZF60」(S=64g/3.8/中元調子)。
■価格:「TENSEI BLUE TM5」装着モデル各1本7万8000円+税。「ツアーAD XC-6」「Speeder661 EVOLUTIONⅥ」「Diamana ZF60」装着モデル各1本9万5000円+税。
■発売予定日:2020年2月7日