どーもです。

今日紹介するテーラーメイドのニューモデル「SIM」シリーズのFWですが、このFWにはかなり苦戦しました。それは、クラブが難しいのか。もしくは、単純にボクに合わないだけなのか。はたまた両方なのか。ティアップしての試打だったにも関わらず、とにかく当たらないんです~(涙) この「SIM」FWで苦戦したおかげで、時間切れとなりアイアンまで一気に試打できなかったほどです。そんな感じの試打で、果たしてクラブのレポになるのかはわかりませんが、まあ、こういうこともあるってことで、読んでみてください。

まずは見た目から。

デザイン的にはT字部分がシルバーになっていました。まだ。フェース後部にウエートが装着されていました。同社お得意の浅重心を意識してでしょうね!

フェースですが、こちらは確実にセミディープ。スコアラインも変わっていました。

ボディも若干セミディープ化していました。でも、ミドルバックは一緒です。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積がより小さく、ちょっとシビアさを感じたかな・・・

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「TENSEI BLUE TM50」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角56.5度、長さ43.25インチ、総重量314.5g、バランスD2。ヘッド体積180cm3。シャフトスペックは、重量52g、トルク4.0、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用。

重量的にはやや軽め。グリップもやや細めに感じました。シャフトを手でしならせてみると、硬さ的には「SIM MAX」FWとそれほど変わらない印象でしたが、ドライバー同様先端部に気持ちしっかり感がある感じだったかな。しなりポイントはちょうど真ん中辺り。ワッグルしてみると、ヘッドの動きはより少なめ。素振りしてみると、やはり切り返し辺りでのヘッド重量をあまり感じませんでした。

実際に打ってみると、ドプッシュアウトからのスライスを連発しました。自分の中ではどんな打ち方をしてもドプッシュアウトスライスが止まりません。以前のように横振りで打つと腐れフックという、ボクではどう打ったら許容範囲の弾道になるのかで大苦戦。この「SIM」FWだけで、軽く50球は打ってしまいましたので・・・。右30度くらいに打ち出してそこからスライスするので、サイドネットに突き刺さる弾道ばかりでした。その中で比較的許せた弾道がこの3球です。見ての通り、ほぼドプッシュアウト。昨日の「SIM MAX」FWのフック系を考えると、「えっ、こんなに違うの!?」となっていたのでした。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS41.6m/s、初速57.8m/s、打ち出し角18.0度、バックスピン量2451.0rpm、サイドスピン-83.6rpm、飛距離234.1y
【ベスト】
HS41.9m/s、初速58.3m/s、打ち出し角18.1度、バックスピン量2479.4rpm、サイドスピン-320.5rpm、飛距離236.3y

打感は弾き系ですが、「SIM MAX」FWよりは気持ち柔らかさがあったような気もします。音は中高音系ですね。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、高弾道です。ドプシュアウトスライスの弾道動画でも良かったのですが・・・(笑) 意地になって打っていたら、今度はドロー系ばかりになっていました。これも不調の原因なのかな!? あっ、飛距離的には3球平均および動画弾道とも230yオーバーでした。

出球傾向は、ボクのスイングでドプッシュアウトスライス。これはあくまでもボクの場合ですので!! このレポを読んで、「打つのやめようかな」はやめて下さいね! って、そんなに影響力ないかw

シャフトフィーリングおよび振り感ですが、ドライバー同様先端部の剛性がやや強めかなと思います。つまり、スイングでしっかり球をつかまえられる方に合いそうな雰囲気でした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/s辺りにおすすめ。ボク的には、かなり難しいFW、もしくはボクのスイングには合わないFWとなってしまいました。少なくとも、前述通りスイングでしっかり球をつかまえられる方向けであることは間違いないでしょう。さすがにあれだけドプッシュアウトスライスを繰り返すと、このFWを語るのに気が引けますね・・・

<テーラーメイド「SIM」FW>
■KAZ’s インプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=6-4チタン+スチールウエート、クラウン=グラファイト・コンポジット、フェース=ZAチタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「TENSEI BLUE TM5」(S=52g/4.0、SR=50g/4.4、R=48g/4.8/中調子)。「ツアーAD XC-6」(S=64g/3.2/中元調子)。「Speeder661 EVOLUTIONⅥ」(S=65.5g/3.9/先中調子)。「Diamana ZF60」(S=64g/3.8/中元調子)。
■価格:「TENSEI BLUE TM5」装着モデル各1本5万円+税。「ツアーAD XC-6」「Speeder661 EVOLUTIONⅥ」「Diamana ZF60」装着モデル各1本6万9000円+税。
■発売予定日:2020年2月7日