どーもです。

今日紹介するのは、テーラーメイドのニューモデル「SIM MAX」シリーズのアイアンです。「SIM」「SIM MAX」の両モデルではなく、「SIM MAX」シリーズで「SIM MAX」「SIM MAX OS」アイアンと2モデルのラインアップになっていました。というわけでは、今日は「SIM MAX」アイアンを紹介します。やや大きめなヘッドと見るからに低深重心モデルというのが特徴的ですが、コンセプト的には「M6」アイアンにも似ているような・・・。何はともあれ、「SIM MAX」アイアンのレポをお届けします。

まずは見た目から。

「M6」アイアンで採用された「スピードブリッジ」がこの「SIM MAX」アイアンにもそのまま搭載です。コンセプトは一緒ってことかな!?

フェースはセミラージ。形状ですが、ここは「M6」よりもシャローな感じ。トゥが低くなり、やや長方形に近いイメージになっていました。

ソールはセミワイドですね。「スポードポケット」も健在です。

ネックはセミグース。ボディ形状的には下部にボリュームがあるので、低深重心モデルなのは間違いないでしょう。

構えてみるとこんな感じ。トップラインが厚めな分、扱いやすさを感じそうです。イメージ的には、やっぱり「M6」アイアンなんですよね・・・(汗)

今回試打したのは、スチールシャフト「KBS MAX85 JP」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角28.5度、ライ角62度、長さ37.25インチ、総重量408.7g、バランスD1。シャフトスペックは、重量94g、トルク1.8、先中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用。

持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。でも、グリップは良い感じの太さでした。スチールシャフトですが、手でしならせてみると、意外としなります。しなりポイントは中間から先にかけてでした。ワッグルしてみると、ヘッドの動き方は「こんなものかな」といった感じ。素振りしてみると、ややヘッドが走るような感じもありました。

実際に打ってみると、打ちやすいアイアンですね! メチャクチャ球が上がるし、つかまりも良い感じ。重心角が大きめなのか、結構ヘッドが返ろうとする動きもあったように思いますが、まぁ、これはある程度想定の範囲内でした。飛距離的にはスカイトラックで175~180yとまずまず。180y打とうとすると、やはり力むようで、結果つかまえてしまい、曲がりも多くなっていました。175yが良い感かな! スピン量も少なめの棒球系です。オートマチック系アイアンだと思います。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS39.1m/s、初速49.9m/s、打ち出し角18.9度、バックスピン量4582.5rpm、サイドスピン-491.9rpm、飛距離177.3y
【ベスト】
HS39.3m/s、初速50.5m/s、打ち出し角18.4度、バックスピン量4315.0rpm、サイドスピン-1003.8rpm、飛距離180.4y

打感は弾き系。結構パチンと弾く感じでした。そのわりにはフェースの乗り感もある不思議な感覚でした。音は高音系です。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、高弾道ですね。メチャクチャ上がりやすいです。ロースピンの棒球系が打ちやすいアイアンでした。

出球傾向は、ボクのスイングでややドロー系。振っていくと結構つかまる感覚もありました。基本的にはオートマチックにつかまる系のアイアンですね。

シャフトフィーリングおよび振り感ですが、何気にヘッドが走って球を上げ、つかまえてくれるような感覚がありました。ボクの場合、その分トップ系のミスが出やすかったかな。

今回ボクが試打した限りで、このスペックでHS40~42m/s辺りにおすすめ。クラブが仕事をしてくれるオートマチック系アイアンでした。これまでの「SIM MAX」シリーズ同様、スイングで球をつかまえきれない方でもガッツリつかまえられるイメージ。持ち球的には断然フェード系、スライス系。フッカーは、ちょっとつかまりすぎてしまうかもしれません。それと、やはりミスヒットの寛容性が高いです。この辺は深重心化の影響かな。ストロングロフト化しているので飛距離を意識したモデルとは思いますが、やはり気になるのは「M6」アイアンとの差別化です。ぶっちゃけ、大同小異かなって思っちゃいました。

<テーラーメイド「SIM MAX」アイアン>
■KAZ’s インプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:10
■ヘッド:【#4~#8】450ステンレススチール【#9~AW】17-4ステンレススチール【SW】431ステンレススチール
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト(S=94g/1.8、R=92g/1.9/先中調子)。カーボンシャフト「TENSEI BLUE TM60」(S=59g/2.9、R=54g/3.1/中調子)。
■価格:スチールシャフト装着モデル5本(#6~PW)セット各9万円+税、単品(#4、#5、AW、SW)各1本1万8000円+税。カーボンシャフト装着モデル5本セット10万5000円+税、単品各1本2万1000円+税。
■発売予定日:2020年2月7日