どーもです。

昨日までお届けした取手国際ゴルフクラブ西コースのラウンドで、ブリヂストンゴルフが21日に発売するニューボール「ツアーB X」「同XS」を実戦投入しました。あのタイガー・ウッズが認めたボールということで、俄然注目のボールです。タイガーが何を感じてこのボールに決めたかは、100%ボクには体感出来ません。それだけは保証できますw でも、このニューボールが一体どんなボールなのかは、ボクレベルでも体感できると、信じたいです。フロント9で「ツアーB X」、バック9で「ツアーB XS」の投入で、わずか9Hの使用感になりますが、レポしたいと思います。

プレス発表会には出席していませんが、手元に届いたリリースによれば〝~初速で「飛ばす」、初速で「止める」。~〟と思わず突っ込みたくなるコピーが踊っています。矛盾ですよね。どういうことなのでしょうか?

リリースによれば、「ショットの状況に応じてボール初速をコントロールする」ということのようです。

一般的に、ドライバーなどインパクト衝撃が大きい場合、当然ですがボールの変型が大きくなります。つぶれすぎは飛距離ロスにつながるので、内側のコアを硬くすることでつぶれすぎを抑え飛距離を確保します。アプローチなどでスピン性能を確保するには、カバーを柔らかくすることで、フェース面に食いつきやすくすることでスピン性能を上げています。

概ねこの両者の折り合いをどこでつけるかで、ボールの性能に変わってくるわけです。もちろん、そこには1ピースから5ピースまでさまざま構造や素材の開発など、ボールは特許技術の固まりだったりするのは、マニアならずとも聞いたことはあると思います。

今回同社が投入しようとしているニューボールですが、構造的にはいずれも3ピース。大経ハイドロコア、ハイスピード・インナーカバーと今回新たに採用した「リアクティブ ウレタンカバー」の3層構造です。

このカバーですが、な、なんと、衝撃吸収材なんだとか!! 衝撃吸収材と聞くと、個人的にはテンピュールの低反発枕を思い出してしまいますが、果たしてあっているのかな。まあ、ウォーキングシューズのソールとが一般的かな。イメージ的には「衝撃吸収材なんか使ったら飛ばなそう!!」と思いますよね。ボクもそう思いました。でも、どうやら違うようです。ドライバー飛距離ではむしろ伸びていましたしね!!

ボールとしてはカバーだけなく、3層全ての相乗効果でその性格が決まります。今回の「ツアーB」は高反発に設計した「大経ハイドロコア」と「ハイスピード・インナーカバー」の相乗効果で「高初速×低スピン」を実現し飛距離性能を確保。また、アプローチ時には衝撃吸収材配合の「リアクティブ ウレタンカバー」を採用することで、「低反発×高スピン」を実現し、操作性を確保しているとのことでした。

上記説明を一切見ないまま、先入観なしに実戦投入してみました。

まずはフロント9で投入の「ツアーB X」です。

ドライバーフィーリングですが、打感は結構しっかり感があるような感じでした。ボールの「芯を打ち抜いている」というような感覚があって、飛距離も最大253yをマーク(ガーミン「アプローチS60」計測。風は軽いフォロー)。

アイアンでも芯を打ち抜いてる感はそのままで、まあ、自分が思っている飛距離通りに打てたとは思っています。

ウエッジのほぼフルショットですが、打感はドライバーで感じた打感よりもややマイルドさを感じました。弾道を見る限りでは、スピンはそこそこ確保されていたと思いますが、いかんせん100y辺りのショットでグリーンを捉えたショットがないので・・・(汗)

アプローチですが、ご存じの通りの実戦ではボッコボコ。というわけでノープレッシャーのアプローチ練習場で、52度ウエッジで試しましたレポになります。イメージとしては、自分のイメージ通りかな。食い付き感も悪くなく、初速が抑えられているかまでは実感できませんでしたが、少なくともボクの中にあったイメージの初速と転がりは確認できました。

パターフィーリングは柔らかめ。なにはともあれ、違和感はありませんでした。転がりもよく、イメージ通りに転がってくれる感じでした。

続いては、バック9で投入した「ツアーB XS」です。

ドライバーフィーリングですが、なぜかボクは硬さを感じました。「ツアーB X」よりも弾き感がある感じで、そのせいか弾道の見た目でもよりスピン量が少ないイメージでした。最大飛距離は248yですが、風はややアゲでした。どちらかと言えばスピン系のはずの「ツアーB XS」ですがHS40~42m/sのボクにはうやや硬さを感じる結果となりました。

アイアンフィーリングですが、これは良い感じ!! 「ツアーB X」同様打ち抜いている感があって、自分のイメージ通りの距離は打てていました。

ウエッジのフィーリングですが、これがフェースに乗り感が満載なんですよね~。初速が下がっているかまでは分かりませんが、ガッツリフェースに乗っている感じはありました。が、こちらも100y辺りから1度もグリーンオンしていないので・・・(汗)

アプローチですが、ボクレベルでもカバーとの食い付き感の違いが分かります。「ツアーB X」が〝カッ!!〟で、「ツアーB XS」が〝カツ!!〟です。この違い、言葉で表現するのが難しいのですが、そんな感じです。「ツアーB X」が1、2バウンド目は前に行って3バウンド目でスピンが入る感じだったのに対して、「ツアーB XS」は2バウンド目でスピンが入る感じでした。ただ、ボクにはそのイメージがないのが難点ですw

パターフィーリングは、なぜか「ツアーB XS」の方が、球離れが速いイメージでした「ツアーB XS」のほうがスピンがかかりやすい衝撃吸収材のカバーだとすると、パター程度の衝撃ならより柔らかくなるのかなと想像していましたが、実際に打ってみると真逆だったりします。これ、なぜかは分かりませんでした。

今回それぞれ9Hの使用でしたが、ボク的には「ツアーB X」のフィーリングのほうが、自分のイメージに合っていました。

OB、池ポチャが怖いですが、取り敢えずこの後のラウンドでも使ってみようと思っています。発売前にロストは避けたいですね・・・(笑)