どーもです。

PINGのニューモデル「G710」アイアンを試打できました。このアイアン、新製品発表試打ラウンドで実戦レポをお届けしましたが、今回レンジでの試打レポをお届けします。今日はいつも通りの#7のレポですが、今回は#5もお借りして敢えてティアップでの試打レポも予定しています。なんでそんなことをしたのかは明日書きますので。まぁ、そんな大して理由でもないんですけどね。というわけで、さっそくいってみましょう!

まずは見た目から。

先代とは形状含め全くの別モノですね。ブラック仕上げはもちろん、バックフェース下部の厚みもかなりの厚さで確保されています。しかも、トゥ側のボリュームがすごいことになっていますね。かなり重心距離が長いのではないかと思われます。メーカー的には発表していないのですが、おそらくアイアンとしては、最長級であることは間違いないでしょう。

フェースはセミラージ。PINGらしい顔つきですが、イメージ的には先代とほぼ同じかな。

ソール幅は先代同様の幅かな。トゥ側に向かって幅が広くなっていく形状もほぼ同じ。ただし、「G710」ではトレーリングエッジが設定されたのかな!? 先代は確か無かったような・・・

ネックはセミグースですが、先代に比較するとややグース度合いは増えたかなという印象はありました。ウエート位置もより低く深い場所に変更されていました。

構えてみるとこんな感じ。まさに飛び系アイアンとは思えない顔付きですが、これは先代譲り。ブラック仕上げになった分、さらに精かんさを増したようにも感じます。

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO950GH neo」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角28度、ライ角62度、長さ37インチ、総重量409.5g、バランスD0。シャフトスペックは、重量98g、トルク1.7、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

まず持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。でもグリップは良い感じの太さでした。スチールシャフトですが手でしならせてみると、まあイメージ通りの硬さです。ちょうど緑色のロゴの先端辺りがしなりポイントに感じました。素振りしてみると、ややヘッドが走るような印象もありました。

実際に打ってみると、先代G700でマークした驚愕の飛距離200yには届きませんでしたが(G700試打時はNSPRO ZELOS6モデル)それでも、飛距離的には安定して180yを打てました。また、弾道も、ボク的にかなりそろっていた感じ。〝狙う〟が目的のアイアンで弾道がそろうのは、うれしい限りです。しかもそれが180yとなると、ボクレベルにはかなりうれしい結果でした。コースボールだった試打ラウンドに対してレンジボールはやや柔らかさが増していましたが、ちょっと前の中空構造アイアンの独特な打感はなく、中空だと言われかえれば気付かないレベルでした。G700とはシャフトが違う分弾道は別モノですが、確実に言えるのは球が上がりやすく、スピン量が少ないということ。このアイアン、ずるいですわ~!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS39.4m/s、初速50.6m/s、打ち出し角17.7度、バックスピン量3966.8rpm、サイドスピン-762.3rpm、飛距離179.8y
【ベスト】
HS39.3m/s、初速50.4m/s、打ち出し角18.2度、バックスピン量3926.8rpm、サイドスピン-679.8m/s、飛距離180.4y

打感は弾き系ですが、ガッツリ芯を食えばかなりのマイルドさを感じます。最近はミスヒットをクラブがカバー知れくれる分、ぶっちゃけどこに当たっているのか分からないクラブが増えているように感じています。その意味では、めちゃくちゃ分かりやすいです!! 芯を外すとやや弾き感というか硬さを感じますので。音はやや高めにも感じました。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道は高弾道です。ロフト角を考えれば文句なしの高弾道ですね。しかもスピン量が少ないっす!! 大きな弾道を楽しめるアイアンですね!

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系。コースでも軽いドロー系でしたしね。何よりミスヒットに強いですね! 多少芯を外しても、距離は落ちますが、曲がりは少ないです。

シャフトフィーリングと振り感ですが、素直に打てれば結構叩ける組み合わせかなと感じました。実は試打ラウンドではヘッドとの相性か、ボクのスイングの問題か、トップのミスが多かったです。某イケメンライターさんいわく「NSPRO950GH neoは中間をしっかりさせている分、球を上げるために中間から先がやや走る傾向があると思いますよ」とのことでした。このしなりを素直に使えれば球はガッツリ上がります。おまけにある程度ハードのヒッターでもたたけます。でも、あおり打ち系で素直なしなりを妨げると、ボクのようにトップ系のミスが出るかもしれません。もはや、クラブの問題ではないけど・・・

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/s以上は欲しいかなと。いわゆる、オートマチック系アイアンです。先代は飛距離に目が行ってしまい、他の印象が今ひとつないということもありますが(汗)、このG710は実際に〝使えるアイアン〟かなと。ぶっ飛び系アイアンというと、どうしても下の番手距離の問題が出てきてしまいます。前回の試打ラウンドでは。季節の問題もあると思いますが、自分のイメージ通りの番手距離+5yとボクにとっては〝プチ飛び〟だったりします。今回のレンジ試打でも、決して飛びすぎ感はありませんでした。50歳を超えたボクにとっては、飛距離低下が若干気になってきていて、そんなボクには良い感じのアイアンだったりします。おまけに現在絶不調。そんな状態でもこれだけ弾道がそろうと、ねぇ~!! 何が言いたいのかというと〝欲しいアイアン〟ということ。これはヤバイですわ~!

<ピン「G710」アイアン>
■KAZ’s インプレッション(10点満点)
飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレス、フェース=C300マレージング
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO ZELOS 6」(68.5g/3.0/先調子)。「NSPRO ZELOS7」(S=77.5g/2.6、R=74g/2.8/先調子)、
「NSPRO950GH neo」(S=98g/1.7、R=94.5g/1.9/中調子)。カーボンシャフト「ALTA DISTANZA BLACK40」(R=43g/5.7/中調子)。
■価格:スチールシャフト装着モデル各1本2万3000円+税。カーボンシャフト装着モデル各1本2万6000円+税。
■発売予定日:2020年3月19日