どーもです。

今日紹介するのは、キャロウェイのニューモデル「MAVRIK」シリーズの「MAVRIKサブゼロ」FWです。このFW、かなり小振りなんですよね。見た目からシビアさを感じてしまう方にはちょっと手を出しにくいモデルかなとも思ってしまいましたが、実際のところはどうなのでしょうか。さっそくいってみましょう。

まずは見た目から。

もちろんFWにも「JAILBREAK」は搭載です。そして、ドライバー同様フェース後部とソール後部にウエート搭載ですが、ドライバーとは入れ替わって前が14g、後が2gとなっていました。

フェースは気持ちディープ気味ですかね。ネック側はシャローですが、フェース中央部辺りからトゥにかけてはそこそこ厚みが確保されているように見えました。

ボディはシャロー気味にも見えました。意外にも、ストレッチバックのようにも感じました。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。第一印象は〝ちっちゃ!!〟でした。でも冷静に考えるとマイクラブのX HOT 3Wと同じような感じだったりします。なんで、小さいと感じたのかは今となっては謎ですが・・・(笑)

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「ツアーAD SZ-5タイプⅡ」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角55.0度、長さ43.25インチ、総重量317.7g、バランスD4。ヘッド体積169cm3。シャフトスペックは、重量51g、トルク5.9、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用。

持ってみた感覚ですが、重量的にはまずまず。良い感じの重さでした。で、グリップは極太!! シャフトを手でしならせてみると、やはりドライバー同様Sでも柔らかめ。しなりポイントもほぼ変わらず、中間から先辺りでした。ワッグルでヘッドが動く感覚も、素振りでヘッドが走る感覚もドライバーと同様に感じました。

実際に打ってみると、「んっ!?」って。ドライバー以上につかまらない感じです。プッシュアウトはボクのスイングの問題ですが、良い感じと思った弾道も若干フェードで右のサイドネット直撃が多かったです。動画も良い感じに芯を食った弾道ですがサイドネット直撃!! 浅重心モデルなのである程度この結果は想定していましたが、ここまでとは思いませんでした。シャフトとの相性もあるかもしれませんが、ボク的にはつかまえようとするとややしなり戻りにピーキーさがあるイメージで、むしろスライスがひどくなったり、腐れフックが出たりでした。ボクの結論としては、使うならシャフトフィッティングが必要でした。でもつかまりを抑えているのは、ある種サブゼロの性格ですからね!

スカイトラックの弾道はこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.4m/s、初速58.9m/s、打ち出し角16.0度、バックスピン量2362.4rpm、サイドスピン-80.2rpm、飛距離236.6y
【ベスト】
HS42.9m/s、初速59.5m/s、打ち出し角15.5度、バックスピン量2497.7rpm、サイドスピン-107.1rpm、飛距離238.4y

打感はマイルド。これってフェースがマレージングなんですよね。マレージングは硬いという10年前のイメージを持ったままのおじさんゴルファーにとっては「えっ!? マレージングなの?」と思わずビックリしちゃうくらいマイルド。音も澄んだ中高音系でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道ですね。球はそこそこ上がると思います。スピン量的にはちょっとしたドライバーよりも少なめw ドライバーのようなドロップはありませんでしたが、一般的なドライバー然とした弾道が楽しめると思います。

出球傾向は、ボクのスイングで軽いフェード系。プッシュアウトはボクのクセによるものですが、そこからフェード(スライス!?)していました。スカイトラックの数値的には、サイドスピンはマイナスですが、傾向として-200rpm辺りまでは弾道の見た目的にはフェード系だったりします。

シャフトフィーリングと振り感ですが、昨日紹介したドライバー同様の感想です。Sにしては柔らかめ。メーカー的には中調子をうたっていますが、ボク的には先中調子系もしくは先調子系の動きで、つかまえようと意識するとかなりヘッドが加速する感じ。しなり戻りにややピーキーさがある感じでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/s以上におすすめ。直打ちで使うことを考えれば、ドライバー以上にスイングでナチュラルに球をつかまえられるタイプ向けかもしれません。おそらく、ヘッド性格的にはつかまりを抑えたモデルで、シャフトでつかまりを意識しているのかもしれません。ですが、サブゼロの性格を考えれば、スイングで球をつかまえられる技術がある方ならシャフトでつかまえる動きは不要かな・・・なんて、ちょっと思っちゃいました。このFWも、個人的には使うならシャフトを変える(もしくは他のカスタムシャフトにする)必要があるモデルでした。

<キャロウェイ「MAVRIKサブゼロ」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9.5▽上がりやすさ:8.5▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8.5▽ミスの許容度:8
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレス+トライアクシャル・カーボンクラウン+スクリューウエート(フロント14g、バック2g) フェース=マレージングC300
■シャフト(重量/トルク/調子):「ツアーAD SZ-5 タイプⅡ」(S=51g、SR=49g/5.9/中調子)。「Speeder EVOLUTIONⅥ FW60」(S=67.5g/4.1/中調子)。
■価格:「ツアーAD SZ-5 タイプⅡ」」装着モデル各1本4万8000円+税。「Speeder EVOLUTIONⅥ FW60」装着モデル各1本5万3000円+税。※数量限定