どーもです。

今日紹介するのは、キャロウェイのニューモデル「MAVRIK」シリーズの「MAVRIK PRO」アイアンです。このアイアン、〝プロ〟と命名されていますがメッチャクチャ打ちやすいです!! アイアンのフェースまでAI開発のFLASHフェースを採用。しかもカップフェースのようです。見た目がややコンパクトなイメージでしたが、腕前に関わらずやや小振りなアイアンが好きな方もいるはず。ボクもその1人ですからw そんな「MAVRIK PRO」アイアンを早速紹介しましょう。

まずは見た目から。

バックフェースの山型の厚みが打感の良さを感じませますね。ステンレススチールのボディと同素材のカップフェースにウレタン・マイクロスフィアとインナーウエートを搭載した複合アイアンとなっていました。

フェースはやや小振り。なんかいい顔していますね! Xフォージドを使っているボクとしては、違和感のない顔つきでした。

ソール幅ですが、顔の大きさに対してはやや広めのように見えました。

ネックはほんの少しだけグースが入っているようにも感じますが、ほぼストレートといっていいと思います。

構えてみるとこんな感じ。いい顔ですね!! 個人的にはトップブレードの厚みがもう少しだけ薄ければドンピシャですけどねw 

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR105」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角30.5度、ライ角62.0度、長さ37インチ、総重量427.6g、バランスD2。シャフトスペックは、重量106.5g、トルク1.7、手元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用。

持ってみた感覚ですが、重量的にはまずまずです。グリップですが、やはり極太!! サブゼロ、プロシリーズは一貫して極太でした。ヘッドが小振りでグリップが極太な分、ワッグルしてみてもヘッドの動きはほとんど感じません。素振りしてみると、かなりシャープに振り切れそうなイメージでした。

実際に打ってみると、その打ちやすさにビックリです!! 〝プロ〟の名を冠しているので、それなりの覚悟で挑みましたが、いい意味で拍子抜け!! メチャクチャ球が上がりやすいです。ロフト30.5度は今や#7で当たり前になりつつありますが、ストロングロフトモデルを投入していないボクにとっては、このロフトであの上がり方は驚きでした。これもインナーウエートの効果でしょうね! しかもスピン量が少ないし、ボクのスイングでも安定しています。さらに、曲がりが少ないっす!! これもFLASHフェースの効果なのかな!? デフォルトとなる「MAVRIK」アイアンを打てていないのでなんとも言えませんが、〝プロ〟の名前を外してもいいんじゃないかってくらいの扱いやすさと直進性でした。

スカイトラックの弾道はこんな感じで (なぜかクラブがドライバーになっていましたが、計測には影響ありませんので!)

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS38.2m/s、初速48.8m/s、打ち出し角18.2度、バックスピン量4376.9rpm、サイドスピン-731.3rpm、飛距離169.9y
【ベスト】
HS38.3m/s、初速48.9m/s、打ち出し角18.5度、バックスピン量4505.2rpm、サイドスピン-1048.1rpm、飛距離171.6y

打感はマイルド!! 分厚いインパクト感がありますが、そのわりには球離れが早いイメージもあって、不思議な感覚でした。音はパシャとしたいわゆるシャッター音。複合アイアンでもこんな音が出る時代になったのですね。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道です。もう球を上げようなんて意識は、一切不要です。この顔つきでこれだけ上がりやすければ、なんの文句もありません!! スピン量も少なめでした!

出球傾向は、ボクのスイングで軽いドロー系。ボク的にはイメージ通りです!! 右に打ち出して軽く左に戻ってくる感じでした。「それってフックじゃん!!」って突っ込みはなしでお願いしますw

シャフトフィーリングと振り感ですが、このヘッドとのマッチングではなぜかMODUS特有の切り返しの手元のしなり感があまり感じられませんでした。ここに極太グリップが関係しているかは分かりませんが、ボクはそう思っています。ですが、その分切り返しでもシャープかなって。全体的に気持ちよくシャープに振り抜けるイメージになっていました。まるで性格の違う「NSOPRO950GH neo」とのマッチングも気になりますな・・・

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42~43m/s以上におすすめ。球が上がりやすいという意味では扱いやすいプロアイアンですが、やや小振りな見た目で「使えるかな!?」と不安を覚える方もいるかもしれません。まだ打てていませんが、そういう方は「MAVRIK」アイアンがいいのかもしれません。どんなプレーヤーにおすすめなのかですが、まずは見た目でシビアさを感じない方ですね。総じて曲がり幅が少ないアイアンに感じたので、プロの名を冠していますが、球筋を操りたい方にはおすすめできません。〝おすすめ〟を紹介すると書きながら〝おすすめできない〟と書く矛盾でも、そう書きたくなるほどでした。とにかく扱いやすい〝プロ〟アイアンってことです!

<キャロウェイ「MAVRIK PRO」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:9
■ヘッド:【#4~#8】17-4ステンレス+ウレタン・マイクロスフィア+タングステン・インナーウエート【#9~PW】17-4ステンレス
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO MODUS3 TOUR105」(S=106.5g/1.5/手元調子)、「NSPRO950GH neo」(S=98g/1.7/中調子)。
■価格:6本(#5~PW)セット14万4000円+税、単品(#5)1本2万4000円+税。※数量限定