どーもです。

今日はキャロウェイのニューモデル「MAVRIK MAX」FWを紹介しましょう。このFWもぶっ飛びな上に、メチャクチャ球が上がります!! 思わず笑ってしますほどの上がりやすさで、「いくらなんでもやり過ぎじゃないの!?」と突っ込みたくなるほどでした。そんな感じでしたが、早速いってみましょう。

まずは見た目から。

FWも大きな違いはウエート位置。ネック側に配置することで、よりつかまりやすさを意識していました。

フェースはちょうど良い感じの厚みに見えましたが、サブゼロに対してはシャローです。サブゼロで感じたトゥ側が上がっているような感覚ですが、MAXでは感じませんでした。

ボディはシャローです。普通にシャローで、サブゼロに対しても、当然ですがシャローです。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積はやや大きめ。サブゼロに対しても確実に大きくなっています。形状的にも、後部にやや長めなストレッチバックになっていました。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Diamana40 for Callaway」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角16度、ライ角57.0度、長さ43.25インチ、総重量303.7g、バランスD1。ヘッド体積197cm3。シャフトスペックは、重量44g、トルク6.3、中元調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ったみた感覚ですが、重量的には軽めで、グリップも細め。シャフトも見た目で〝細いな~〟という印象でした。シャフトを手でしならせてみると、まぁ、しなります。ドライバーで感じた通りで結構しなります。しなりポイントは中間よりも気持ち手元側でしたが、ワッグルしてみると結構ヘッドは動くイメージ。でも、素振り感覚は、素直な挙動に感じるんですよね。

実際に打ってみると、このFWも球の上がり方にビックリでした。「いや、上がりすぎでしょう!!」と思わず突っ込みたくなるほどでした。ドライバーではそれほど感じなかったつかまりですが、このFWはがっつりつかまります。持ち球の腐れフックが復活したかのような感じでしたが、それくらいつかまりがよく、ボクにはつかまり過ぎでした。シャフト挙動も、実際に打ってみると、素振り以上にヘッドが走る感覚もありましたね。まぁ、それだけ気持ちよく振れるモデルということでしょうね!! とにかく、超オートマチックなFWです!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.7m/s、初速59.2m/s、打ち出し角19.1度、バックスピン量2696.4rpm、サイドスピン-949.6rpm、飛距離235.7y
【ベスト】
HS42.6m/s、初速59.1m/s、打ち出し角19.3度、バックスピン量2562.7rpm、サイドスピン-941.8rpm、飛距離236.9y

打感はかなりマイルド。特に芯を食うと、グワッシャとボールがつぶれる感じでした。音は澄んだ感じの中高音系。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には超高弾道! とにかく球が上がります!! ロフト角16度のわりには低スピンで、動画は3000rpmを越えていましたが、3球平均では2600rpmでちょっとしたドライバー並みのスピン量でした。

出球傾向は、ボクのスイングで、強めのドローからフック系。さすがのボクでもドローと書くのが、気が引けるレベルでした。

シャフトフィーリング及び振り感ですが、切り返しからダウンにかけて、結構ヘッドが走るイメージでした。その動きが超高弾道につながっているのかもしれませんね。振り感がメチャクチャ気持ちよく振り抜けちゃいました。そういう意味では中元調子なのかもしれませんが、シャフトフィーリングで最も印象的だったのは、やはりヘッドが走ることでしたね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/s辺りにおすすめ。基本性格的には、オートマチック系。クラブが仕事をしてくれるタイプなのでで「球を上げたい」「球をつかまえたい」という意識は一切不要です。ボディターンタイプのフェードヒッターもしくはスライサーが、そのままのスイングでハイストレートもしくはハイドローを打てそうなモデルです。しかも、プロのような大きな弾道で、です。かなり、打ちやすい1本です!!

<キャロウェイ「MAVRIK MAX」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9.5▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=【3、5、7W】17-4ステンレス+トライアクシャル・カーボンクラウン+スクリューウエート(フロント2g、バック10g)【9W】17-4ステンレス+スクリューウエート10g フェース=【3、5W】マレージング綱C300【7W】カーペンター455スチール【9W=17-4ステンレス】
■シャフト(重量/トルク/調子):「Diamana40 for Callaway」(S=44g/6.3、SR=42g/6.4、R=41g/6.5/中元調子)※3W
■価格:各1本4万8000円+税
■発売予定日:2020年4月上旬