どーもでです。

連日紹介してきたキャロウェイのニューモデル「MAVRIK MAX」シリーズですが、取り敢えず今日紹介するアイアンで一区切りです。デフォルトモデルとなる肝心な「MAVRIK」シリーズをまだ打てていないのですが、「同サブゼロ」「同MAX」シリーズを打つことで、なんとなく想像はつきますよね。まあ、それでも今日は「MAVRIK MAX」アイアンの紹介ですので、ガッツリいってみましょう!

まずは見た目から。

トゥ・ヒールにウエートを振っているような見た目ですので、これはもうミスヒットの寛容性を高めることを意識したモデルですよね。

フェースはセミラージ。セミラージの中でもやや大きめな部類に感じたので、より安心感のあるモデルだと思います。形状的にもネックが絞られ、トゥが立っているような印象で、いかにもつかまりが良さそうな印象を受けます。

ソール幅は「同プロ」に対してよりワイド!! ソール後部の色が変わっている部分はウエートかと思われますが、いずれにせよ異素材であることは間違いないでしょう。

ネックはグースネックですね。ボディもより低深重心を意識したような形状になっていました。

構えてみるとこんな感じ。大きなフェースに厚いトップブレード。さらに、グースネックによる深いフトコロ。安心感のあるフォルムといかにもつかまりそうなイメージでした。

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO ZELOS7」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角30度、ライ角62.5度、長さ37.125インチ、総重量392.8g、バランスD1。シャフトスペックは、重量77.5g、トルク2.6、先調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚ですが、重量的には軽めです。グリップも細めでした。シャフトを手でしならせてみると、スチールシャフトですが、結構しなります。ワッグルしてみても、そこそこヘッドが動く感じでした。素振りしてみると、スチールシャフトですがダウンスイングでのヘッドの走り感がありましたね。

実際に打ってみると、見た目通りの打ちやすさですね。結果だけみると、プロモデルとそれほど変わりませんが、フィーリング的には別モノ。一生懸命打たなければならないプロモデルに対して、MAXは同じような弾道を気楽に打てます。ただし、フッカーのボクにとってはつかまりすぎの感も否めません。よって、「つかまりを抑えて」という意識が必要でした。それだけオートマチックにつかまるので、ボディターンタイプのスライサーがそのままのスイングでストレート系を打ちやすいモデルだと思います。ザ・オートマチックな1本です!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS38.6m/s、初速49.2m/s、打ち出し角19.9度、バックスピン量4040.1rpm、サイドスピン-940.8rpm、飛距離177.2y
【ベスト】
HS39.0m/s、初速49.7m/s、打ち出し角19.3度、バックスピン量4179.2rpm、サイドスピン-1035.4rpm、飛距離178.0y

打感は弾き系。フェースの乗り感もあるけど、全体的には弾き系かな。フェースの乗り感ですが、ボク的にはシャフトのしなり感と関係が深いと思っています。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道ですね。ロフト角30度なので、ストロングロフトですが、その分を差し引いてもガッツリ上がります。しかも、スピン量も少なめ。弾道の見た目的にもスピン量が少なめなのは分かりますが、0.5度寝ているだけのプロモデルに対しても約400rpmほど減っていました。

出球傾向ですが、ボクのスイングで軽いドロー系。出球的にはプロモデルと大きく変わっていませんが、前述通り「つかまりを抑えて」の意識が働いていますので!!

シャフトフィーリングと振り感ですが、軽量スチールのZelos7ですので、スチールシャフトでも結構ヘッドの走りを感じます。まさに先調子という動きですが、スチールな分、余計な動きにリニアに反応するような、いわゆるシビア過ぎる性格ではないのがいいですね。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/sあたりにおすすめ。基本性格的には、ザ・オートチックアイアンです。クラブがしっかり球を上げてくれて、クラブがつかまえてくれるモデルです。逆を言えば、ボクのようなフッカーが打つとつかまりを抑えるような意識が必要となるモデルであることとは間違いありません。ボディターンタイプがそのままのスイングでハイストレートおよびハイドローを打ちやすいモデルだと思います。

<キャロウェイ「MAVRIK MAX」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9.5▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=【#5~PW】17-4ステンレス+ウレタン・マイクロスフィア+タングステンウエート【AW、SW】17-4ステンレス フェース=17-4ステンレス
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO ZELOS7」(S=77.5g/2.6/先調子)。カーボンシャフト「Diamana40 for Callaway」(SR=43g/4.8、R=42g/4.9/中元調子)
■価格:5本(#6~PW)セット12万円+税、単品(#5、AW、SW)各1本2万4000円+税。
■発売予定日:2020年4月上旬