どーもです。

ヨネックスのニューモデル「EZONE GT」シリーズを栃木・太平洋クラブ益子コースで試打ラウンドしてきました。当日の前半が雨のため、スコアを着けずに試打に徹したので、今回のラウンドレポートは後半のみになります。今回の「EZONE GT」ですが、テクノロジーについては新製品発表試打会でふれていますので、そちらをご参照ください。というわけで、いってみましょう!

雨のフロント9は、変わらずの絶不調でした。7番までガッツリ芯を食ったドライバーショットもなく、FW、UTもほぼトップの連続。自分の調子もありますが、クラブ重量が軽いために手元が浮きやすく、トップ&檄プッシュアウトを繰り返しました。メーカーの方にも「バリ(手が)浮いてますぜぇ!」と苦笑されました。アイアンはスチールシャフトモデルもあったので、そちらに変えました。さまざまなスペックを打ってみて感じたのは、今回の「EZONE GT」のウッド系はロースピンの強弾道が打ちやすいということ。絶不調のボクでも曲がりは少なく、大きな弾道を得られました。同伴者のショットを見ていても同様に感じました。

レギュラーティ使用のアウトは3.192y。グリーンセッティングは刈り3.5mm、高スティンプメーター9.0フィート表示でした。パターのみ自分のパターで、ボールはブリヂストンゴルフの新製品「ツアーB X」使用でした。

1番は533y、右ドッグレッグのロング。

本球455ドライバーは良い感じに芯を食った当たりでFWキープ。

ガーミン「アプローチS60」による飛距離は245yでした。残り292yは3Wでしたが、これはプッシュアウトで右ラフ。残り112yですがA/S(49度)でグリーンオーバー。右奥から21yをS(56度)で寄せて2パットのボギー。

2番は411y、軽く左ドッグレッグのミドル。

本球435ドライバーかなり薄い当たりでしたが曲がらず、FWキープ。

飛距離は221y。残り198yは狙えないので#7(26度)で1回刻みですが、軽く打ったにも関わらずバチコーンな弾道にビックリ!! 飛びすぎて右の林でした。残り28yS(56度)ショットはピン奥7y。2パットでボギー。

3番は323yミドル。

距離も無かったので、3Wのティショットを試してみましたが、メッチャクチャ球が上がるんですよね!! そんなに上がるのと思ってもう1球打ちましたが、ほぼ同じ弾道でした。飛距離は213y。残り123yAW(43度)ショットもメチャクチャ上がります。あの高さの弾道がイメージにないので、違和感にもつながりますが、ピン手前11yにオン。2パットでパーセーブ。

4番は170yショート。

2番手飛ぶとのことで、いつもなら#6ですが#8(29度)ティショット。これはプッシュアウトで、グリーン右の特設ティ付近。でも距離的には全然届いていました。ピンまで26yS寄せはピン奥3y。下りのフックを沈められず2パットでボギー。

5番は496y、ストレートなロング。

ここは、シャフトを「REXIS KAIZA」6Sに変更した455ドライバーでのティショット。これがバチコーンでしたがちょっと右で右ラフ。飛距離は247y。

残り250yは5U(22度)の上がりを試してみたかったのですが、上がったけど前の木の枝にヒット。残り149yPW(38度)はピン右17yにオン。2パットでパーセーブ。

6番は160yショート。

いつもなら#7の距離なので#9(33度)。まずまずの当たりでしたがややプッシュアウトでグリーン右ラフ。ピンまで8y52度寄せは手前2y。でも2パットでボギー。

7番は356y、軽く左ドッグレッグのミドル。

せ、狭い!! そんな状況で本球は435ドライバー。これが先っぽショットの腐れフックで左の林の木に当たりベアグランド。残り169yでフックが打てればグリーンオンも!! いつもの感覚で打てばいいのですが、#8(29度)は曲がらず!! そのまま右の林へ一直線でした。残り32ySショットを乗せて、2パットでボギー。

8番は378y、右ドッグレッグのミドル。

デフォルトシャフト435ドライバーティショットは当たりが薄く、プッシュアウト。念のための打ったデフォルトシャフト455ドライバーもほぼ同じ球でした。結果こんな感じ! ちなみに、飛距離は1球目231yでした。

もう出すしかありませんね。#9で脱出。残り70yをSで乗せて2パットのボギー。

9番は365y、軽く左にラウンドしたミドル。

本球435ドライバーは上っ面に当たったようなショットでドロップ。幸いFWでしたが、飛距離198yって・・・(涙)

残り164y#9ショットは当たりが薄い上に引っ掛けで左ラフ。残り22yS寄せはグリーン左手前に乗ったと思ったら左傾斜で転がりそのままバンカーのコロン!! ピンまで10ySのバンカーショットはスパン!! しめってしまった砂にも関わらず、いい音でした。結果ピン奥4yにオン。2パットでしたが素ダボ。

スコア的には8オーバー「44」の18パット。でも、試打でいろいろ打っているのでこれはあくまでも参考スコアです。

ドライバーは435、455と2タイプが用意されていますが、ボクは455のほうがあっていたかな。455はロフト10.5度、435は9度。たかが1.5度、されど1.5度です。全く違いました。いずれにせよ、ボクには全体的に軽めで、どうしても手元が浮いてしまいプッシュアウトスライスも出てしまいましたが、全体的にはヨレのない重い弾道を打てるモデルだと思います。

アイアンはぶっ飛び!! 14番シグネーチャーホールの163yショートでは#9でまさかのグリーンオーバー。

実際にこの時期に180yを#7で打てるのには、ちょっとビックリ。2番手飛ぶとはいえ、ロフトも長さも2番手違いますからね。でもそう考えると、球の上がり方がハンパ無いんですわ~!

というわけで、このセットをお借りしました。

レンジ試打を明日からお届けします。