どーもです。

ヨネックスの新製品「EZONE GT」シリーズですが、今日紹介するのは2タイプあるドライバーのヘッド体積がより小振りな435ドライバーです。この435ですが、ボクには全く合っていないようで、結局試打ラウンドでも1球も満足のいく弾道が出ませんでした。今回のレンジ試打でも、やはり同様の結果となりましたが、なにはともあれ、レポをお届けします。

まずは見た目から。

ソール側から見ると、パッと見て435なのか、455なのかほぼ区別が付かないくらいでした。試打ラウンド中でもネック側表記を確認していたくらいです。

フェースはセミディープ。455に比べてもややディープですね。フェース下部ラインのトゥ・ヒール側がやや角張った感じになっていました。

ボディもセミディープ。455との最大の違いはネック位置。455よりもより後ろに配置されていました。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積は、455に比べると確実に小振りですが、シビアさを感じるほどではなかったように思います。でも、実際は結構シビアなんですけねぇ!

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「NST002」Sフレック装着モデル。スペックは、ロフト角9度、ライ角56.5度、長さ45.75インチ、総重量293g、バランスD2.5。ヘッド体積435cm3。シャフトスペックは、重量50g、トルク5.0、先中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ってみた感覚ですが、重量的にはかなり軽めです。グリップもかなり細めですね。シャフトを手でしならせてみると、455同様わりとしっかり感があって、最近のカルカタ系に感じます。しなりポイントは中間よりも先で、素振りしてみるとインパクト前でかなりヘッドが走るようなイメージでした。

実際に打ってみると、まず球が上がりません。試打モデルがロフト角9度ということもありますが、しっかり球を上げられる技術は求められるでしょう。とはいえ、これはシャフトとボクのスイングとの相性が大きいでしょうね。ヘッドが結構動くイメージもあって、もともとヒールヒット傾向の強いボクにはヒール系上下に打点がブレていたように感じました。結果、ほぼプッシュアウトスライス。元調子系の「REXIS KAIZA」6Sで打ってみたかったかもです。コースでも打っていませんので・・・。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS43.2m/s、初速59.7m/s、打ち出し角15.1度、バックスピン量2630.6rpm、サイドスピン271.5rpm、飛距離237.7y
【ベスト】
HS43.0m/s、初速59.7m/s、打ち出し角15.2度、バックスピン量2767.6rpm、サイドスピン237.8rpm、飛距離238.1y

打感は弾き系ですが、455に比べるとややマイルド。音が455よりもやや低めな影響かもしれません。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高めの中弾道かな。ボクの場合、ややヒール気味に当たる傾向が強く、その分球が上がりにくいということもあったと思います。事実同伴者はバンバン打ちこなしていましたし、そのうち1人はホレボレするような弾道を連発していました。この方はボクとは真逆のスイングタイプですので、そういうことかもしれません。

出球傾向は、ボクのスイングでフェード系。まずつかまりません!! まあこれは、ボクのスイングとのクラブとの相性でしょう。ロフト角9度というのも少なからず影響していると思います。

シャフトフィーリングと振り感ですが、これも455同様、かなりヘッドが走るイメージですが、435のほうがよりピーキーかもしれません。もともと小振りなヘッドなのでより操作性が高い上に、軽い影響が大きく手元で操作できちゃうので、よりピーキーなイメージだったのかもしれません。

今回ボクが試打した限りで、このスペックでHS40~42m/s辺りにオススメかな。ヘッドが小振りでよりディープな分より叩けそうなイメージですが、このシャフトマッチングだと〝ボディターンタイプが〟という限定的なものかもしれません。ボクのようなインサイドアウト系のプチリストターンタイプでもちょっとヘッドの暴れ感が気になりました。ボクには合わないスペックでしたが、逆を言えば、真逆のタイプにはバッチリはまりそうです。実際、ボクとは真逆タイプの同伴者は「お買い上げ」的なショットを連発していましたしね!!

<ヨネックス「EZONE GT 435」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:7▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:8
■ヘッド:ボディ=8AL-1Mo-1Vチタン、フェース=Super-TIX51AF、クラウン=オープンウィーブカーボン++Namd、スリーブ=A7075アルミ合金、ウエートビス=タングステン合金
■シャフト(重量/トルク/調子):「NST002」(S=50g、SR=48g、R=46g/5.0/先中調子)
■価格:1本7万円+税
■発売予定日:2020年3月中旬