ふどーもです。

今日紹介するのは、ヨネックスの新製品「EZONE GT」シリーズのFWです。試打ラウンドのティショットとでは驚愕の球の上がりを見せましたが、この試打でもムチャクチャ上がりました。ですが、シャフトの影響もあってか、ドライバーのような直進性は今ひとつ感じませんでした。その辺をレポしたいと思います。

まずは見た目から。

デザイン的にはドライバーと一緒。ウエートの8gまで一緒!! ヘッドが小さくなってもウエート重量が変わらないということは、メチャクチャ球が上がりやすそう!

フェースはセミディープかな!? 確実に言えるのは、形状的には先代とは別モノということ。先代はトップラインがほぼ真っ直ぐで、その中央下部から左右対称な形状でしたが、本作はトップラインも若干丸みを帯び、トゥ側にややボリュームがあるような形状に変更されていました。斜めのミゾ(スラントグルーブ)も先代がフェース全体だったのに対して、本作は円の中のみとなっていました。

でも、ボディはシャロー気味だったりします。出っ歯ですね!!

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積はやや小振りに感じました。ボクは許容範囲でしたが、中にはシビアさを感じる人もいるかもしれないといって感じでした。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「NST002」Sフレック装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角58度、長さ43.25インチ、総重量311g、バランスD1.5。ヘッド体積173cm3。シャフトスペックは、重量55g、トルク4.8、先中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用です。

持ったみた感覚ですが、重量的にはかなり軽め。グリップもかなり細めです。シャフトを手でしならせてみると、硬さ的にはドライバーとそれほど変わりません。ワッグルしてみると、ヘッドの動きはドライバーよりも大きめで、素振りしてみるとガッツリヘッドが走るイメージでした。

実際に打ってみると、まずヘッドの走り感がハンパないです。その分球も上がりますが、振り過ぎると腐れフックも・・・!! 原因はシャフトだと思いますが、このシャフトだとボクの場合、スピン量も増えていました。振っていくとサイドスピンが増え、曲がりを抑えようとするとバックスピンが増えるという結果でした。3球の1発目は振っていった結果、曲がりを抑えようとすると3200~3500rpmとなり、455ドライバーで見せたあのロースピン弾道イメージは影を潜めていました。とはいえ、ヘッドとしてはそのポテンシャルがあるということ。ボクのスイングのマッチするシャフトなら、ぶっ飛びFWに変貌するかもという期待感のあるモデルでした。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS41.8m/s、初速58.1m/s、打ち出し角17.3度、バックスピン量3218.6rpm、サイドスピン-761.8rpm、飛距離224.7y
【ベスト】
HS42.0m/s、初速58.4m/s、打ち出し角16.7度、バックスピン量2852.5rpm、サイドスピン-1111.1rpm、飛距離226.1y

打感は弾き系。455ドライバーに近いイメージですが、音は気持ち金属的な感じもあって「キン」に近いイメージでした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には文句なしの高弾道! とにかく球が上がります。スピン量との関係は前述通りかなと思います。

出球傾向ですが、ボクのスイングで強めのドロー系。これはボクのスイングとの相性が大きいと思いますが、少なくとも435のように「つかまらない」というイメージはなかったです。

シャフトフィーリングと振り感ですが、かなりヘッドが走るイメージでした。ハーフダウン辺りから急激にしなり戻ってヘッドが走る感覚で、ボク的にはドライバーで感じた以上の走り感でした。試打では正直ピーキーなイメージさえ感じてしまいました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/s辺りにオススメ。クラブ的にはオートマチック系ですが、ボクには軽すぎなのと、シャフト挙動が合わなかったのは否めません。つまりボクと真逆のスイングタイプ、ボディターン系の方におすすめです。持ち球もスライサー向けですね。ですが、シャフトが合えば、とんでない球を打てそうな気配も感じました。そんな可能性も感じました。

<ヨネックス「EZONE GT」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=SUS630ステンレススチール、フェース=455マレージング綱、クラウン=高強度カーボン、スリーブ=A7075アルミ合金、ウエートビス=タングステン合金
■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=18度、7W=21度
■シャフト(重量/トルク/調子):「NST002」(S=55g、SR=53g、R=51g/4.8/先中調子)
■価格:各1本3万8000円+税
■発売予定日:2020年3月中旬