どーもです。

キャロウェイのニューモデル「MAVRIK」シリーズですが、デフォルトモデルを試打できましたので、紹介したいと思います。この「MAVRIK」シリーズですが、メーカー的にはうたっていませんが、おそらく「ROGUE」シリーズの後継モデルですよね。今回ドライバー、FW、UT、アイアンと試打できましたので紹介したいと思います。果たして、すでに紹介したサブゼロ及びプロ、そしてMAXの中間でいいのか。確認しつつレポしたいと思います。

まずは見た目から。

ソールデザインは「MAVRIKサブゼロ」「同MAX」と一緒ですが、ウエートが違いますね。「MAVRIK」はソール後部に5gが1つでした。

フェースはシャローかな・・・。でも、MAXよりは気持ちディープでした。形状的にはMAXに近いイメージ。そういう意味では、サブゼロはトゥ側に丸みがあって、これだけちょっと違うイメージでした。

ボディはシャローだと思いますが、この「MAVRIK」だけがハイバックでした。他の2モデルがややヒップダウン傾向で、サブゼロでもその形状だったので、「MAVRIK」の形状にはちょっとビックリでした。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積はやや大きめ。形状的にはサブゼロがひとまわり大きくなった感じ。MAXのような後部に長めなストレッチバック形状ではなかったです。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Diamana50 for Callaway」Sフレックス装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角58.0度、長さ45.75インチ、総重量298.3g、バランスD3。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量46g、トルク6.0、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用。

持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。でもグリップは程よい太さでした。サブゼロほど太くはありませんが、太めが好きなボクがちょうどいいと感じる太さでした。シャフトですが、先端部が見た目で細い印象でした。MAXに装着されていた「Diamana40 for Callaway」でも感じましたけどね。手でしならせてみると、Sにしてや若干柔らかめ。しなりポイントはちょうど中間辺りでした。ワッグルしてみると、ヘッドの動きは思ったほどではなかったけど、素振りしてみるとサブゼロの「ツアーAD SZ-5タイプⅡ」で感じた先の走り感に近いモノがあるような気配も感じました。

実際に打ってみると、まず球はガッツリ上がります。MAXとほぼ同じイメージの打ち出しの高さで、ドーンと大きな弾道が得られるモデルです。スカイトラックデータ的には1度低いのですが、見た目では全然気になりませんので! また、スピン量も少なめ。いわゆる棒球系ですね。この辺の扱いやすさは、正直MAXと変わらない印象でした。「芯を外しても飛ぶ」といううたい文句ですが、今回改めて打点シールを貼って試打してみましたが、ボクは逆に「あれ、芯を食ってもこんな感じなの?」と思ってしまいました。3球平均の弾道はしっかり芯を捉えたショットです。サブゼロやMAXほど最大飛距離が出ませんでした。先にスカイトラックデータ250yの飛距離を体験していただけに、245yでも「あれ?」と感じてしまいました。もちろん、ボクにしては飛んでいますけどね! 飛ばなくても曲がらないほうがいいのか。はたまた、曲がっても飛ぶ方がいいのか。頭では前者のほうがいいと思っていても、いざ飛んでいないことが分かると「もうちょっと飛んでほしいかも」なんて感じるのと、同じような感覚になってしまいました(笑) そういう意味では、シャフト挙動とボクのスイングとのマッチングを疑っていますが、そこは後述します。

スカイトラックの弾道データはこんな感じ(なぜか3Wになっていました!)

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.9m/s、初速60.2m/s、打ち出し角17.2度、バックスピン量2240.6rpm、サイドスピン-415.2rpm、飛距離244.5y
【ベスト】
HS43.9m/s、初速60.2m/s、打ち出し角17.6度、バックスピン量2057.7rpm、サイドスピン-326.0rpm、飛距離245.9y

打感はマイルド。かなり柔らかめで、フェースに乗っているような分厚いインパクトが特徴的でしたが、音がやや低めに感じました。いわゆる高音系はいかにも飛んでいるような気分になりますが、逆を言えば、低いと飛んでいないような気分になります。正直言えば、「あれ?」と思う感じの中音系でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には高弾道ですね。ドーンと大きな弾道で、スピン量が少ないヨレ感のない弾道を味わえると思います。

出球傾向は、ボクのスイングでほぼストレートから軽いドロー系。打ち出し方向のバラケはボクのスイングの問題ですが、出球的には大きな曲がりはない感じでした。

シャフト挙動と振り感ですが、MAXに装着されていた「Diamana40-」の重いバージョンかと単純に思っていましたが、それがヘッドとのマッチングなのか、シャフト単体なのかはわかりませんが、ボク的には別モノに感じました。どちらかというとサブゼロの「ツアーAD SZ-5タイプⅡ」に近い感じで、あそこまでではないけど、わりと先が動く感じ。そういう意味のピーキーさを感じてしまいました。ダウンからインパクトにかけて、「Diamana40-」のようなタメ感はなく、どちらかというと「ツアーAD SZ-5-」のようにややヘッドが急激に走るような動きを感じました。この動きがボクにとっては「違和感」につながり、芯を食っても「あれ?」と思うような結果になったと思っています。もう少し手元の重量感があって、ヘッドの動きが少ないシャフトを合わせれば、振り感もよく、飛距離も期待できるかなって!!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS41~42m/s辺りにオススメかな。重量的にはMAXほど軽くないけど、個人的にはMAXのほうがなんか気持ちよく振れた感じでした。ボクの好みの問題ですが、あまりヘッドが走るような動きが苦手なんだな~って、改めて思いました。ということで、スイングタイプ的にはいわゆるボディターンタイプ向け。手首のタメが早めにほどけてしまうタイプが、しっかり球をつかまえられるような気がします。個人的には合ってないと思われるシャフトとの組み合わせでも、あれだけヨレ感の少ない弾道を得られるのであれば、シャフトを合わせたら・・・という期待のふくらみがあるモデルでした。

<キャロウェイ「MAVRIK」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=811チタン+トライアクシャル・カーボンクラウン+スクリューウエート(5g)、フェース=FS2Sチタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「Diamana50 for Callaway」(S=46g、SR=44g、R=42g/6.0/中調子)。「ツアーAD XC-6」(S=64g/3.2/中元調子)。「Speeder EVOLUTIONⅥ 661」(S=65.5g/3.9/中調子)。「Diamana ZF」(S=64.5g/3.8/中元調子)。
■価格:「Diamana50 for Callaway」装着モデル1本7万7000円+税。「ツアーAD XC-6」「Speeder EVOLUTIONⅥ 661」「Diamana ZF」装着モデル各1本9万4000円+税。