どーもです。

今日紹介するのは、キャロウェイのニューモデル「MAVRIK」FWです。このFWもかなり打ちやすさを意識したモデルですね。でもやっぱり、先日紹介したドライバー同様、ボク的にはシャフトがちょっと…。まぁ、これはボクの好みの問題ですけどね。でもそこがはまれば、とんでもない弾道を得られそうな気配を感じる、ポテンシャルの高さは実感しました。というわけで、いってみましょう。

まずは見た目から。

サブゼロ、MAXとの大きな違いは、ウエート位置ですね。「MAVRIK」はソール後部に1つだけ配置でした。

フェースはシャローですが、このFWは三者三様の顔つきでした。「MAVRIK」が1番オーソドックスな形状に感じました。MAXはややトゥが上がったような形状で、トゥ側にボリュームがあるようなイメージ。サブゼロは「MAVRIK」ほどトゥが立っていないのと、やや丸みを帯びていました。スコアラインは「MAVRIK」とMAXが緒で、サブゼロだけがトゥ・ヒールに一直線でした。

ボディはシャローですが、サブゼロとMAXのちょうど中間のように見えました。形状的には「MAX」に近いイメージでした。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。MAXに限りなく近いイメージですが、実際にはMAXほどストレッチバックではないように見えました。サブゼロほど小振りではなく、その辺の見た目のシビアさは感じませんでした。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Diamana50 for Callaway」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角56.0度、長さ43.25インチ、総重量313.0g、バランスD3。ヘッド体積174cm3。シャフトスペックは、重量45g、トルク6.0、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用。

持ってみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。でも、グリップは程よい太さです。このFWもシャフト先端部が、見た目で細さを感じてしまいました。手でしならせてみると、Sにしては気持ち柔らかめ。ワッグルしてみるとヘッドがそこそこ動く感じ。素振りしてみると、ドライバー同様インパクト前でヘッドがギュンと動きそうな気配でした。

実際に打ってみると、このFWもガッツリ球が上がりますね。見た目ではMAXと変わらない球の上がり方ですが、スカイトラックで確認すると、ドライバー同様約1度低かったです。スピン量もかなり少なめなのが、弾道を見ても分かるほどでした。実際スカイトラックを見てみると、ドライバーとほぼ変わらない結果でした。3球平均ですが、ドライバーの2240rpmに対して2284rpm。ドライバー然としたモデルでした。でもドライバーとの違いはつかまり。ヘッドが小さい分当然ですが、つかまりがいいですね。フッカーのボクにはつかまり過ぎるくらいでしたw そのつかまりを演出しているのはシャフトで、ダウンからインパクトにかけてのヘッドの走り感がつかまりにつながっているように感じました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じ

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.1m/s、初速58.5m/s、打ち出し角18.0度、バックスピン量2284.3rpm、サイドスピン-635.8rpm、飛距離234.7y
【ベスト】
HS42.3m/s、初速58.7m/s、打ち出し角18.1度、バックスピン量2140.9rpm、サイドスピン-729.9rpm、飛距離235.7y

打感はマイルド。このFWもかなりマイルドで、フェースへの乗り感も強いです。でも音がドライバーに対してやや高めでした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には高弾道ですね。球はしっかり上がります。念のための直打ちもしましたが、FWの直打ちが苦手なボクでもしっかり球が上がります。しかもスピン量少なめで、いわゆる棒球を味わえますね。

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系。ボク的にはMAXよりはオートマチックにつかまりませんが、ナチュラルにつかまるイメージでした。

シャフトフィーリングと振り感ですが、メーカー的には中調子をうたっています。でもボクには先中調子もしくは先調子系の動きに感じました。ドライバーでも書いたとおり、ダウンからインパクトにかけて結構ヘッドが走るような動きがあったように思います。個人的には苦手な動きですが、球をつかまえられない方がしっかりつかまえられそうな動きに感じました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS42m/s辺りにおすすめ。いわゆるオートマチック系FWで、ボディターンタイプのスライサーにピッタリだと思います。個人的には、シャフトを変えてドライバーの替わりに仕込みたいかも!! そんなポテンシャルの高さを感じさせるモデルでした。

<キャロウェイ「MAVRIK」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9.5▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=【3、5、7W】17-4ステンレス+トライアクシャル・カーボンクラウン+スクリューウエート(5g)、フェース=【3、5W】マレージング綱C300【7W】カーペンター455スチール
■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=18度、7W=21度
■シャフト(重量/トルク/調子):「Diamana50 for Callaway」(S=45g、SR=43g、R=41g/6.0/中調子)。「Speeder EVOLUTIONⅥ FW60」(S=67.5g/4.1/中調子)。
■価格:「Diamana50 for Callaway」装着モデル各1本4万8000円+税。「Speeder EVOLUTIONⅥ FW60」装着モデル各1本5万3000円+税。