どーもです。

今日はキャロウェイのニューモデル「MAVRIK」シリーズのアイアンを紹介します。このアイアン、実は同シリーズでもっともストロングロフトなモデルになっていました。そう、今流行のいわゆるぶっ飛び系アイアンです。いや~、この距離をラクに打てると、我々おじさん世代にはゴルフがラクになるよね~!! そんなことを改めて実感できるアイアンでした。では、早速いってみましょう。

まずは見た目から。

構造的には複合アイアンですが、バックフェースの山型がプロアイアンとほぼ同じ。ややトゥ側に寄っていますよね。MAXは敢えて山の頂点を作っていなかったと思います。

フェースはセミラージ。MAXより気持ち大きめかな。トップラインネック側の絞り方はMAXとほぼ同じ。プロモデルは別モノですね。

ソール幅はセミワイドといっていいのかな!? MAXよりは狭いですが、プロモデルほど狭くありません。ソール後部の色が変わっている部分ですが、MAXがいかにも高慣性モーメントを意識したような形状でしが、この「MAVRIK」は直線状態!!

ネックはグースネック。ボディ形状的には、この「MAVRIK」だけが別モノ。フェース中央部辺りの後部からキュッと絞った感じで、より低重心を意識したようなボディでした。

構えてみるとこんな感じ。明らかにロフトが立っているのが見た目でも分かりますね。そう、シリーズで最も立った#7になっていました。若干ボッテリ感も感じますが、ロフトと立たせた分その辺は仕方がないのかもしれません。

今回試打したのは、スチールシャフト「NSPRO950GH neo」Sフレックス装着モデルの#7。スペックは、ロフト角27度、ライ角62.5度、長さ37インチ、総重量415.7g、バランスD2。シャフトスペックは、重量98g、トルク1.7、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用。

持ってみた感覚ですが、重量的にはほんの気持ちですが軽め。でも、グリップは良い感じの太さでした。「MAVRIK」シリーズですが、MAX以外はグリップの太さを確保していました。ワッグルしてみるとヘッドの動きはそれほど感じません。素振りしてみると、結構シャープに振れそうな印象でした。

実際に打ってみると、このアイアン、いいですわ~!! 実際のラウンドこの距離を打てるかはメンタル要素も絡んでくるので一概には言えませんが、少なくともレンジで180~185yをここまでラクに打てると、自分がうまいと勘違いしてしまうくらいの弾道でした。それくらいラクに打てます。まぁ、逆を言えば、ラウンドでもそれくらいラクに打てという話なんですけど、それが出来ないのはみなさんもご存じですよね・・・w 普段Xフォージドを使っていますが、正直、今後を考えれば本気で変えても良いくらいです(笑) それくらい、ラク!! 「NSPRO950GH neo」とのマッチングも良い感じ! 余計なことは何も考えずに振り抜け ば、クラブが球を上げてくれて、飛ばしてくれます。見た目が普通のぶっ飛び系アイアンでは1、2を争う扱いやすさだと思います!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じ

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS39.6m/s、初速50.9m/s、打ち出し角17.9.度、バックスピン量3377.0rpm、サイドスピン-870.7rpm、飛距離185.8y
【ベスト】
HS39.4m/s、初速50.6m/s、打ち出し角18.5度、バックスピン量3174.7rpm、サイドスピン-834.8rpm、飛距離187.0y

打感は弾き系。パチンといかにも弾いているような音が特徴ですね。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には文句なしの高弾道です。27度というロフトですが、球を上げようなんてなんて意識は一切要りません!! スピン量も少なめですね。これ、アリですわ~!!

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系。フッカーのボクでも自然なつかまりでした。まぁ、腐れフッカーのボクでもPRGR「サイエンスフィット」のつかまり指数は「0」ですから・・・。そう考えると、「フッカー=つかまる」というわけではなさそうですけどね。

シャフトフィーリングと振り感ですが、結構シャープに振れますね。この「NSPRO950GH neo」ですが、実はストロングロフト系とのマッチングが良いような気がしています。先日紹介したPING「G710」、ヨネックス「EZONE GT」にも採用されていますが、いずれも良い感じでした!!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックHS42m/s辺り以上は欲しいかな。球が上がりやすく自然なつかまりを実現したぶっ飛びアイアンです。しかもアイアン本来の「狙う」ということもそのコンセプトにしっかり盛り込み、それをボクレベルで体感できるというのはマジですごいことだと思います。PING「G710」といい、この「MAVRIK」といい、最近のぶっ飛び系アイアンは、以前の「見た目がUT」から「見た目がアイアン」というセカンドステージに突入してきましたね。まさにその語源通り「MAVERICK」(型破り)なアイアンだと思います。

「こういうアイアンに変えたらゴルフもラクになるんだろな・・・」って真剣に思います。でもその一方で、「まだまだ」と思ってしまう自分もいます。絶不調の今だからこそ、こういうクラブに変える良いチャンスなのかもしれませんが、悩ましい限りです(苦笑)

<キャロウェイ「MAVRIK」アイアン>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=【#5~#8】17-4ステンレス+ウレタン・マイクロスフィア+タングステンインナーウエート【#9】17-4ステンレス+ウレタン・マイクロスフィア【PW、AW、GW、SW】17-4ステンレス、フェース=17-4ステンレス
■シャフト(重量/トルク/調子):スチールシャフト「NSPRO950GH neo」(S=98g/1.7/中調子)、「NSPRO ZELOS7」(S=77.5g/2.6/先調子)。カーボンシャフト「Diamana50 for Callaway」(S=49g/4.3、R=47g/4.5/中調子)。
■価格:5本(#6~PW)セット12万円+税、単品(#5、AW、GW、SW)各1本2万4000円+税。