どーもです。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ボクがお世話になっている東京・メトログリーン東陽町は当面の間営業休止としています。その前からロッテ葛西はクローズ。練習場難民がフジゴルフセンターに集中しているという事態になっています。このゴルフ体験主義も試打が出来ず、ストックネタも尽きて営業休止状態ですが、今日は苦し紛れのネタをアップします(笑) 現在、ボクのアプローチはフルボッコ状態。というわけで、室内アプローチ練習(アプ練)ネタを上げちゃいます。まあ、ヒマな方はお付き合い下さいw

ラウンドレポでもずっと書いていきましたが、今年に入ってから90を切ったのは1度だけ。不調の要因はあちこちにありますが、最もヤバイと思っているのがアプローチです。ぶっちゃけイップスなんじゃないのってくらい、メンタルをやられています。メカニカル的には、ダフリもトップも出ちゃいます。ラウンドでいずれかが出ると、もうその後は目も当てられない状況となってしますのでした。

というわけで取り込んだのが、自宅内パターマットを使ったアプ連です。5mくらいの距離は確保できるので、パターマットから3mくらいに「人をダメにするクッション」を置き、そこに毛布を被せます。これで目標は出来ました! 床とクッションの接点辺りにキャリーさせる練習をしています。

この練習のポイントですが
① ダフると下の階に迷惑がかかる!
② トップすると窓ガラスが割れる!
このプレッシャーはラウンド並み、もしくはそれ以上かな!?w ただ漫然と打つのではなく、精神的にプレッシャーをかけることでメンタル面も鍛えるという、ある種ムダな抵抗(?)を行っています(笑)

ボールをクリーンに拾えないと、結果が出ません。2球目、3球目はまずまずですが、4球目はミスヒット、5、6球目はチョイダフリ。パターマットが動いていますよね。でもまあこれくらいなら下の階には響かないでしょう。今のところ、苦情は来ていません。

続いては、フェースをちょっい開いて球を上げる感じを意識したパターンですが、こうなると確率が下がります。

1球目はちょっと芯を外しています。2球目は悪くないけど、ちょっと強い。結果、3球目はちょっと弱いという、まさにありがちなパターンです。で、4球目はバンスが当たってしまい気持ちプッシュアウト。5球目は完全なミス。6球目はまあ合格点でした。

こんな感じで、日々室内アプ練に取り組んでいます。完全部屋着のおっさんの姿など見たくないかもしれませんが、その辺はお許し下さい。ゴルフウエアに着替えて撮り直すのも面倒だったので、すみません!!

今回このアプ練で使っているのは、先日中止になったコンペで試そうと思って購入したタイトリストのニューモデル「AVX」ボールです。

実は、さまざまボールを10個使っていますが、これくらいのアプローチでも全くフィーリングが違います。「AVX」の素性を知りませんが、このアプ練で分かったのは、かなり柔らかい打感であること。スピン量は分かりません!! 同社「プロV1」「プロV1x」ユーザーではないので、この辺の比較はできませんが、少なくともこの距離でも打感がかなり柔らかいということは感じました。早く実戦に投入したいですね~!!

ボク自身すでに2つのコンペが中止になっています。コンペもパーティー、表彰式などなしで開催すれば・・・なんて思っていましたが、幹事はさんはその辺も考慮した上で、万が一のことを考えて中止を決断しています。もちろん、賢明な判断だと思いますし、中止したことに異論はありません。ですが、ゴルフ場にご迷惑をかけたとのも事実。コロナショックが収まったら、中止したゴルフ場でコンペができればと思っています!

1日も早くコロナショックが収まることを祈りつつ、1日も早くそれぞれの日常を取り戻せる日が来ることを祈ります!