どーもです。

まだまだレギュラー更新ではありませんが、埼玉・オリムピックナショナルゴルフクラブ EASTをラウンドしてきましたので、ラウンドレポートをお届けします。プレー当日の天気予報は雨のちくもり。出発時の都内は豪雨で、「これ、できるのかな?」状態。同伴者と「とりあえず、ゴルフ場までいきましょう。現地に行ってみないことにはわかりませんから」で現地に行くと、なんとくもり!! 「これなら大丈夫!!」と自称〝晴れ男〟の根拠のない自信で、レインウエアを車から出さずにスタートしたのでした。

オリムピックナショナルGCはEAST、WESTの2つのゴルフ場が隣接しています。以前WESTをラウンドしていますが、EASTは今回が初めて。レギュラーティー使用でエーデルワイスコース3,036y、オーキッドコース2,964y、トータル6,000y。コースレートは「68.6」。当日のグリーンセッティングは、刈り高3.8mm、スティンプメーターは9.0フィート表示でした。

前回良かったイメージから、今回も通称〝白蛇〟(コブラ「ZLアンコール」)を投入しました。

オーキッドコース1番は360y、ストレートなミドル。

白蛇ティーショットはいきなりのチョロ!! 左ラフから残り238y(ガーミン「アプローチS60」使用。グリーン上、周りは歩測距離)X HOT 3Wショットも頭をぶっ叩くミス。残り208yロマロUTも当たりが薄いショットで、グリーンかなり手前。ピンまで32y58度寄せはなんとか乗ったけど、ピン奥5y。2パットで素ダボスタート。

そんなわけで写真も取り忘れていました。今年の悪い時の流れに、一抹の不安が・・・

そして、早くも雨がチラホラ落ち始めました。

2番は320y、右ドッグレッグで右に池が絡むミドル。

白蛇ティーショットは再びチョロ(涙) あ、当たらん!! 

残り208yですが、池があるので左方面を狙って100y残しイメージ48度刻み。これをプシュアウトしてしまい、痛恨の池ポチャ。ドロップエリアからちょうど100y。52度ショットがなぜかグリーンを大オーバー。「んっ!?」でした。奥から26y52度寄せはピン左6y。2パットでトリプルボギー。

2Hで5オーバー。悪い時の流れだわ・・・

3番は497y、右にラウンドしたロング。

白蛇ティーショットは引っ掛け。左の木に当たってFWまで出てきてくれたのは、不幸中の幸い!

残り263yも100y残りイメージで#7ショットでしたが、薄めで残り111y。48度だと大きいけど、52度だとギリギリ。48度ゆっくりを選択したら、乗ったけど17y手前。結局3パットでボギー。

ここで雨が本格化。同伴者はレインウエアを着用していましたが、ボクはいかんせんクルマの中。傘で凌いでいくしかありません(笑)

4番は290yと距離の短いミドル。

ロマロUTティーショットは、やっと当たってFWキープ。

残り86y58度ショットが、またもやオーバー。「んっ!?×2」でした。奥からピンまで16y52度寄せはピン手前4y。2パットでボギー。

5番は145yショート。

#8スリークウォーターショットがドロー強めでグリーン左のグラスバンカー。ピンまで10y58度ロブショットは強すぎてピンを12yオーバー。2パットでボギー。

6番は351y、ほぼストレートのミドル。

白蛇ティーショットは薄い当たりだけど、FWキープ。残り135yは#9とPWの中間距離なんです。#9軽めを選択もピンを23yもオーバー。3パットでボギー。

7番は398y、ほぼストレートなミドル。

ここで、雨が小降りになってきました。白蛇ティーショットはまずまずの当たりでFWキープ。

残り187yロマロUTショット、またもや頭をぶっ叩くミス。でもこれが、残り103yって!! ラッキーです。52度ショットはピン左5y。軽いスライス読みがドンピシャ。1パットでこの日初のパーセーブ!!

8番は142yショート。

ティーショットを打つ頃には、雨も上がりました。この日は120yティー使用で、ピン位置が超手前で95y読み。52度ショットがプッシュアウトでグリーン右。でも、距離はバッチリでした。ピンまで10y52度はピン奥50cm。下りで触るだけのパットを1パットで沈めて、連続パーセーブ。

9番は516y、打ち下ろしでグリーン右に池が絡むロング。

白蛇ティーショットは無事FWキープ。残り243yですが、ここは#9で刻み。打ち下ろしを計算しなかったのと、ドロー強めになってしまい左ラフ。

残り83y58度ショットですが、こんなライからうまく打ててピン手前8y。2パットでパーセーブ。

ころころと変わる天気はともかく、はじめはどうなることかと思った内容でしたが、上がり3Hで3連続パーセーブ。前半は9オーバー「45」の18パット。距離は短めですが、とにかくFWでも平らな場所はありません。グリーンもほぼポテトチップ状態。かなり戦略性の高いコースだと思います。

同伴者が雨予報を調べてくれました。「スルーで行けるなら、行った方がよさそう!」で、マスター室に確認。「出られます」とのことで、そのままエーデルワイスコースに向かいました。