どーもです。

今日紹介するのは、グローブライド「オノフAKA(2020)」シリーズのフェアウエーアームズ(FW)です。オノフは伝統的にフェアウエーウッドを〝フェアウエーアームズ〟と呼んでいますよね。今作はどう生まれ変わったでしょうか。さっそくいってみましょう。

まずは見た目から。

ソールデザイン的には「オノフAKA」ドライバーと同じイメージですね。写真ではわかりにくいのですが、ちょうど太陽の光が当たっている辺りがくぼんでいました。直打ちをするFWですから、接地面積を小さくすることでHSの減速を低減してより飛ばすという思想かと思われます。

フェースはシャローかな。先代とほぼ同じように見えました。形状的にも先代同様トップラインがフラット気味になっていました。

ボディはシャロー&ストレッチバックですね。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。パッと見た第一印象で「ちっちゃ!!」と思ってしまいましたが、ヘッド体積自体は先代よりも7cm3大きくなっていました。

今回試打したのは、オリジナルシャフト「SMOOTH KICK MP-520F」Sフレックス装着モデルの3W。スペックは、ロフト角15度、ライ角58度、長さ43インチ、総重量320g、バランスD1。ヘッド体積182cm3。シャフトスペックは、重量58g、トルク4.2、先中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした

持ってみた感覚ですが、グリップはやや細め。重量的にはやや軽めにも感じますが、今のボクにはこのくらいがいいのかなw シャフトを手でしならせてみると、Sでもやや柔らかめなイメージで、しなりポイントは真ん中のちょっと先辺りでした。ワッグルしてみると、「オノフAKA」ドライバーほどヘッドの動きはなかったけど、そこそこヘッドは動きます。素振りしてみると、イメージでは「オノフAKA」ドライバーよりは気持ちシャープに振れる印象でした。

実際に打ってみると、弾道を見る限りではそこそこスピン量も確保された「オノフAKA」ドライバー並みの弾道に見えました。が、スカイトラックを確認すると「んっ!?」でした。データ的には吹け上がりかなって感じで、ちょっとビックリ。そんな弾道には見えなかったのですが、データ的にはスピン量多めで、飛距離的にも「もっと出てもいいんじゃない!?」といった感じでした。先代もややスピン量多めだったのを記憶していますが、ここまではなかったかなって。そう思って確認するとほぼ一緒(汗) 単純にヘッドスピードが落ちた分初速が落ちている結果となりました。クラブの進化よりもボクの劣化が激しいという悲しい結果に・・・(笑)

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら

【3球平均】
HS42.4m/s、初速58.9m/s、打ち出し角16.7度、バックスピン量3828.2rpm、サイドスピン-926.5rpm、飛距離219.1y
【ベスト】
HS42.7m/s、初速59.2m/s、打ち出し角17.0度、バックスピン量3826.4rpm、サイドスピン-890.2rpm、飛距離221.0y

打感は柔らかめ。先代は弾き系と書いていましたが、少なくとも今回打った限りでは結構ボールのつぶれ感を感じました。コロナで更新できなかった間にボクの感覚に変化が起きたのかもしれませんが、少なくとも今回は柔らかめに感じました。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道です。データほど吹けあがっているようには感じませんでしたが、ロースピンが主流となったこの時代にしては、確かにやや多めかなという印象はありました。

出球傾向は、ボクのスイングでやや強めのドロー系。これくらいなら〝フック〟とはいいませんよ!(笑) つかまりは良い感じで、シャフト挙動も含め「オノフAKA」ドライバーと同じようなイメージでした。

そのシャフト挙動ですが、基本的にはドライバー同様ヘッドが走るイメージでしたが、ドライバーよりはややシャープに振れる印象でした。にも関わらす、データ的にはスピン量多めというのが、ボクの中では若干「んっ!? なんで?」でした。

今回ボクは試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/s辺りにオススメ。スカイトラックのデータを信じるならば、このHSよりも下はある程度使えそうですが、上はちょっとオススメできないかもしれませんね。今にして思えば、先代もフェアウエーアームズだけがこのような結果でした。そう考えると、確実に思想は受け継いでいるモデルではあるのかなと思います。スイング的には、どちらかというとボディターンのスインガー向けで、持ち球的にはフェード系の方向けでしょう。先代との差はいまいちわかりませんでしたが、ボクの感覚では打感は確実に違いました。

<グローブライド「オノフ フェアウエーアームズ AKA(2020) 」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:8.5▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=ハイマレージング、フェース=ハイマレージングCH1
■ロフトバリエーション:3W=15度、5W=18度、7W=21度
■シャフト(重量/トルク/調子):「SMOOTH KICK MP-520F」(S=58g/4.2、SR=54g/4.7、R=47g/5.2、R2=44g/5.4/先中調子)
■価格:各1本3万9000円+税