どーもです。

グローブライド「オノフAKA(2020)」シリーですが、今日紹介するのはフェアウエーウイングス(UT)です。オノフのUTは代々〝フェアウエーウイングス〟ですよね! 昨日紹介したフェアウエーアームズの弾道とスカイトラックのデータに違和感がありましたが、このフェアウエーウイングスではどうなるでしょうか。そこも踏まえつつ、紹介したいと思います。では、いってみましょう。
まずは見た目から。

ソールデザイン的には「オノフAKA」および「同フェアウエーアームズ」と一緒です。また、写真ではわかりにくいのですが、フェアウエーアームズ同様ソールにはくぼみが設定されていました。

フェースは若干セミディープになったかな!? 先代よりもより三角形を意識させるような形状になっていました。また、フェース面のミーリングですが、フェアウエーアームズ同様Oマークも確認できました。

ボディはコンパクトですが、先代に比べるとややストレッチバックになっていたようにも感じました。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。先代は「パワートレンチ」より前のクラウン部分がシルバーだったので、全く違う印象を受けますが、実は形状自体が大きく変わっていないのでは・・・なんて思っていました。

今回試打したのは、オリジナルシャフト「SMOOTH KICK MP-520U」Sフレックス装着モデルの4U。スペックは、ロフト角20度、ライ角60度、長さ40インチ、総重量345g、バランスD1。ヘッド体積127cm3。シャフトスペックは、重量59g、トルク3.8、先中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボール使用でした。

持ってみた感覚ですが、グリップは細めです。重量的にはやや軽めですね。しつこいかもしれませんが、もうボクもこの重量帯でいいのかな・・・なんて考えさせられる年齢になってきました。シャフトを手でしならせてみると、Sにしてはやや柔らかめな感じもしますが、第一印象は「まあ、しっかりしているじゃん!」でした。短いからかな!? ワッグルしてみてもヘッドはそれほど動かないし、素振りしてみてもわりとシャープに振れそうな印象でした。

実際に打ってみると、素振りで感じた通りシャープに気持ちよく振れました。が、気持ちよく振ると、若干つかまりすぎの感じはあったのは否めません。先代のレポを読み返すと「若干アンダー気味かな」なんて書いていましたが、おそらくクラブ自体ややしっかり目に作っているのではという思いと、ボク自身の劣化もあってか、少なくとも今のボクには結構気持ちよく振れる1本でした。それと、芯を食った時、外した時が分かりやすいクラブでした。芯を食った時は結構柔らかめな打感ですが、外すとずっしり手首に来ます。今右手首を痛めているので、芯を外すとかなり来ましたw

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS41.1m/s、初速53.4m/s、打ち出し角16.1度、バックスピン量3835.8rpm、サイドスピン-610.8rpm、飛距離199.7y
【ベスト】
HS40.8m/s、初速54.5m/s、打ち出し角16.5度、バックスピン量4099.6rpm、サイドスピン-649.6rpm、飛距離202.2y

打感は柔らかめ。前述通り打点を感じやすいモデルで、芯を食えば柔らかいし、外すとずっしりきます。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道です。オートマチックに球を上げてくれるクラブですが、芯を外すと気持ち低めでした。まあ、よほど芯を外さなければ、球を上げてくれるイメージでしたね。スピン量ですが、昨日紹介した3Wとほぼ同等って・・・!? どちらもしっかり芯を食った打球をチョイスしていますが、なぜなんでしょうか? 弾道の見た目を信じるのか、スカイトラックデータを信じるのか。自分の感覚を信じたいけど、今年絶不調だけに信じ切れない自分もいますw

出球傾向ですが、ボクのスイングでドロー系。つかまりは結構良い感じですね。いつもの感覚で気持ちよく振ると腐れフックも何発か出てしまいました。UT自体つかまりはいいクラブですが、なかでもオートマチックにつかまるクラブだと感じました。

振り感はかなり気持ちよく振れます。シャフト挙動的には先中調子をうたっているけど、かなりニュートラルに振れるイメージでした。とはいえ、出球はドロー系なので、まあつかまりはいいんでしょうね。この辺のイメージの差ですが、人によっては気になるところかもしれません。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~42m/s辺りにオススメ。このクラブもHS的に下は受け入れてくれそうですが、上は厳しそうですね。特にヒッターはNGかな。スイングで球をつかまえられるタイプは、かなりつかまってしまうイメージでした。ということは、真逆のタイプ、いわゆるボディターンのスインガータイプで持ち球がフェードおよびスライスの方ならそのままのスイングでしっかり結果が出せそうなクラブでした。

<グローブライド「オノフ フェアウエーウイングス AKA(2020)」UT>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=17-4PHステンレス、フェース=ハイマレージングプラス
■ロフトバリエーション:3U=18度、4U=20度、5U=23度、6U=26度
■シャフト(重量/トルク/調子):「SMOOTH KICK MP-520U」(S=59g/3.8、SR=55g/4.0、R=48g/4.6、R2=45g/4.8/先中調子)
■価格:各1本3万4000円+税