どーもです。

千葉・鶴舞カントークラブ東コースをラウンドしてきました。右上腕の痛みが激しいく試打も再開できていませんが・・・(汗) 痛みが発生する前からこの日と翌日はラウンド予定が入っていたこともあり、生まれて初めてのハリを体験しました。それでも痛みが軽減しなければキャンセルしようと思って受けてみると、平常時の痛みはほぼ感じなくなりました。代わりに肩コリを認識するようになったけどw とまあ、身体に不安要素を抱えたラウンドでしたが、早速いってみましょう。

鶴舞CCは名匠・井上誠一氏設計のコースですよね。西コースはキッチリリベンジを果たしたので、今回は東コースに挑戦。過去データによれば12年中井学プロとバックティーでラウンドで「91」の33パット。2年後にレギュラーティーで「82」の35パットという記録が残っていました。今回はレギュラーティー&NEWグリーン使用でアウト3,130y、イン3,195y、トータル6,325y。コースレートは76.4。グリーンセッティングは刈高3.8mm、スティンプメーター8フィート表示でした。

ラウンド前にどこまで振れるのかをレンジで確認。ボクは今まで完全に右腕主導のスイングをしてきましたがその右腕が使えず、左腕主導スイングにしてみました。同伴者には「えっ!? ゴルフスイングって左腕主導でしょう!!」と突っ込まれました。もちろん頭では理解していましたが、どこかに〝飛ばしたい〟欲求があるのか、実際には右腕で叩くゴルフをしていました。ガッツリ芯を食えば痛みはありません。結論から言うと、「これならいけそう!!」という感覚でした。

10番は385y、ストレートなミドル。

ストレートだけど右の林がせり出していて、視覚的にプレッシャーのかかるレイアウトでした。コブラ「ZLアンコール」(以下白蛇)ティーショットは、まずまずの当たりだったけどやや引っ掛けて左ラフ。

ラフが元気ですわ~!! 残り172y(ガーミン「アプローチS60」使用。グリーン周り、上は歩測距離)は#6でしたが、これがハーフシャンク!! 右の林でしたが、幸い上は行けそう。残り63y58度ショットはピン右70cmのミラクルショットでしたが、このパットを押し出して2パットのボギー。同伴者の「今日はそういう日なのかなぁ!」という言葉に、まさか縛られる結果になろうとは、この時は全く思っていませんでしたw

11番は185yショート。

#5ティーショットは当たりは良かったけどプッシュアウトで、グリーン右ラフ。ピンまで16y52度寄せはピン手前1m。軽いフック読みが真っすぐで2パットのボギー。ここで再び「今日はそう言う日ですよ!!」の言霊に縛られていくのでしたw

12番は495y、軽く右ドッグレッグのロング。

白蛇ティーショットはまずまずの当たりでFWキープ。

残り273yは100y残しイメージで#6でしたが、ここでもハーフシャンク。右の林から残り144yは、なんだか行けそうな気がして、#8でカケのギャンブルショット。結果は枝に当たってショート。残り38y52度はチョイダフリで乗ったけどピン手前10y。1stパットが80cmくらいに寄りましたが、この日はここからが入りません。「絶対に入れる!」。軽く押し出してしまい、カップに蹴られてクルン!! 同伴者も黙らせるパットとなったのでした。3パットで素ダボっす。

13番は375y、ストレートで打ち下ろしのミドル。

白蛇ティーショットはここも良い感じでFWキープ。

残り128yPWショットを左に引っ掛けてグリーン左バンカー左のラフ。20yバンカー越え58度アプローチは下を潜るポッコンショットでバンカー。残り16y58度バンカーショットはピン手前6yにオン。2パットで素ダボ。

14番は365y、左ドッグレッグのミドル。

X HOT 3Wティーショットは思い切り引っ掛けでしたが、ボールが跳ねたのが見えたのでそのまま進行。いってみると確かにあったけど、完全にブッシュでした。取り敢えず52度で1回脱出。残り164yですが、グリーンは左なのでまだ見えません。

というわけで、ここも刻み。52度で60y打っておけば良かったのですが打ちすぎ!! 残り65yと中途半端な距離を残してしまいました。58度ショットは乗ったけど左端ピンに対して右端。19yのロングパットは1.5mほどショート。でもこれは入って2パットの素ダボ。

15番は135yショート。

#9ティーショットはピン手前6yにオン。2パットのパーセーブで、やっと初日を迎えました!!

16番は400y、ストレートなミドル。

白蛇ティーショットは引っ掛けで左ラフ。残り170yですが結構深いラフ。#6ショットが、ここでついにシャンク!! 残り75yですが、狙えないので1回脱出。残り68y58度はピン右8y。2パットで素ダボ。

17番は515y、クランク状のロング。

白蛇ティーショットは無事FWセンターキープ。

残り267yは100y残しイメージで#6。途中打ち下ろしもあったため、結果は残り83y。58度ショットがカット気味に入ってしまいグリーン右ラフ。ピンまで19y58度寄せが緩んでしまいカラー。ピンまで10y52度寄せはピン手前2m。ここはなんとか1パットでボギー。

18番は375yミドル。

FW中央に木が2本立つシグネーチャーホール。サイバーエージェントレディースのフィニッシングホールを思い出す方も多いでしょう! 白蛇ティーショットは良い感じの当たりでしたが、行ってみるとこんな感じ。

残り135yは#9なので、木は越えるかなって感じ。でもやや引っ掛けて、グリーン左傾斜の斜面。ピンまで8y58度寄せはピンを3mオーバー。でも、こえれが入って1パットのパーセーブ。

というわけで、前半は11オーバー「47」の17パット。前半ショートパットを外しすぎたのと、シャンクが痛かったですね。12番からの3連続素ダボも涙モノですが、ボクレベルでこのコースは、1回ミスするとすぐにダボになってしまいます。

ハーフ終わって右腕はなんとか持ちそうな雰囲気でした。それが何よりですなんですけどね!