どーもです。

PINGのニューモデル「G425」シリーズですが、今日紹介するのは「G425 LST」ドライバーです。先代「G410 LST」ドライバーを購入後、シャフトカットが失敗に終わったボクとしては、リベンジしたいモデルですが・・・w さっそく、いってみましょう。

まずは見た目から。

こちらは先代「G410 LST」よりも5cm3小さくなっています。でもデザイン的には「G425 MAX」とほぼ同じ。ただし、フェース後部下部、PINGの「G」の右部分が黒になっています。この効果はわかりませんが、色は変わっていました。

フェースですが、「G425 MAX」と比べると、ほんの気持ちですがシャローに見えました。形状的には、先代とほぼ同じように見えました。

ボディ形状ですが、確実に言えるのは先代とは別モノということ。「G425 MAX」に比べると、気持ちディープにも見えましたが、目の錯覚かな!?

後ろ姿です。ウエートは「G425 MAX」と変わりませんが、クラウンは「G425 LST」のほうが気持ちこんもりしているように見えました。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積が結構小さめなんですよね。「G425 MAX」を打った後ということも影響しているかもしれませんが、結構シビアそうに感じてしまいました。

今回試打したモデルは、オリジナルシャフト「ALTA J CB SLATE」SフレックS装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角58度、長さ45.75インチ、総重量310.0g、バランスD4。ヘッド体積445cm3。シャフトスペックは、重量55g、トルク4.7、中調子。

持ってみた感覚ですが、まず総重量的にはちょうど良い感じでした。「G425 MAX」より微妙に重い感じで、ヘッドがより効いているイメージでした。実際バランスはD4でした。グリップは「G425 MAX」と同じ太さでした。シャフトを手でしならせてみると、まあ、「G425 MAX」と同じような硬さで、しなりポイントもほぼ真ん中でした。ワッグルしてみたイメージもほぼ一緒ですが、素振りした感覚はよりヘッド重量を感じるイメージでした。特に切り返しでヘッドをしっかり感じながらダウンスイングに入れるイメージでした。

実際に打ってみると、「G410 LST」よりもしっかり球が上がるイメージでした。スピン量は3球平均で約3000rpmだった「G425 MAX」に対して、「G425 LST」は約2800rpmと約200rpm少なめ。その分強い弾道にも見えましたが、何より初速が速いイメージでした。スカイトラックデータ的にはほぼ同じだったので、ただのイメージかもしれませんけど(汗) 周囲感想で「思った以上に球が上がらない」「思ったほどつかまりが良くない」なんて声を聞いていましたが、ボクが打った限りでは、特に気にならないレベルでした。ただし、気にあるのは見た目。やっぱり、小振りなんですよね。実際にヘッド体積も小さいのですが、最大ヘッド体積に慣れてしまった今見ると、「ちょっと小さくない!?」ってな感じ。実際に打ってみると、より強弾道で曲がりの少ない球が打てるんですけどね。

弾道はこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS43.1m/s、初速62.5m/s、打ち出し角15.6度、バックスピン量2833.9rpm、サイドスピン-322.4rpm、飛距離250.6y
【ベスト】
HS43.1m/s、初速62.5m/s、打ち出し角16.2度、バックスピン量2973.5rpm、サイドスピン-127.5rpm、飛距離251.1y

打感は弾き系。こちらもPING伝統の打感で、やや硬さを伴う弾き感ながらもマイルドさもある感じでした。音はやや高めですね。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には文句なしの高弾道ですが、「G425 MAX」に比較するとやや抑えられているのかな・・・という印象もありました。スピン量ですが、さすがLST(LOW SPIN TECHNOLOGY)だけありますね。

出球傾向は、ボクのスイングでほぼストレートですが、「G425 MAX」に比べるとややプッシュアウト傾向が強かった気もします。

振り感ですが、この「G425 LST」もニュートラルに振れるイメージ。シャフトのどこがギュンとしなるとかがなくて、クセのないニュートラルなしなり感で振り抜きが良いですね。より切り返しでヘッドを感じやすく、その分スッと落として振り抜けるイメージ。結果的に、HSもわずかですが、上がっていました。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/s辺りにオススメ。この「G425 LST」も基本的には使い手を選ばない間口の広さのある1本だと思いますが、「G425 MAX」よりもより振れるイメージでした。ただし、前述通り小振りな見た目で難しさを感じるかもしれません。目からは入る情報は思った以上に重要ですので、見た目で「難しそう」と感じてしまうと、実際には簡単に打てると分かっても抵抗感を拭い切れないかもしれません。実際にはミスヒットの寛容性も「G425 MAX」とほぼ同じイメージなので、「G425 MAX」との選択基準は見た目になるかもしれませんね。個人的にどっちがいいのかを聞かれたら、ボクは「G425 MAX」に軍配です!

<PING「G425 LST」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:8▽操作性:8▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=811チタン、フェース=T9S+チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「ALTA J CB SLATE」(X=60g/4.4、S=55g/4.7/中調子、SR=50g/5.2/中先調子、R=45g/5.9/先調子)。「PING TOUR 173-55」(S=55g/3.7、SR=51g/3.8/中調子)。「PING TOUR 175-65」(X=66g/3.2/手元調子、S=61g/3.4/中元調子、R=57g/4.3/中調子)。「PING TOUR 175-75」(X=80g/2.8/手元調子、S=75g/2.9/中元調子、R=68g/3.3/中調子)。「ALTA DISTANZA」(40g/5.9/先調子)。「Speeder EVOLUTIONⅦ」(569S=55.5g/4.8/先中調子)。「TENSEI CK Pro Orange」(60S=63.5g/3.5/元調子)。
■価格:「ALTA J CB SLATE」「PING TOUR 173-55」「PING TOUR 175-65」「PING TOUR 175-75」「ALTA DISTANZA」装着モデル各1本7万7000円。「Speeder EVOLUTIONⅦ」装着モデル1本9万200円。「TENSEI CK Pro Orange」装着モデル1本9万3500円。※全て税込み