どーもです。

今日紹介するのはPINGニューモデル「G425」シリーズの「G425 SFT」ドライバーです。「G425 MAX」「G425 LST」とちがってソール後部のウエートはヒール側に固定されたモデルで、つかまりを重視したモデルになっています。左腕主体のスイングを意識しているボクでもメチャクチャつかまるイメージでしたが、その辺を主体にお届けしましょう。

まずは見た目から。

先代同様、ウエートがネック側に固定されているため、デザイン的にも「G425 MAX」「G425 LST」とは別モノ。なお、ヘッド体積は先代+5cm3で、最大ヘッド体積になっています

フェースは極わずかですが、3モデルで最もシャローに見えました。ネック側のトップラインのカーブがややきつめになっている分、アップライトにも見えました。

ボディは、3モデルの中で最もシャローです。これはハッキリ分かると思います。

後ろ姿です。ネック側にウエートが配意されている分、他の2モデルとは全く別モノ。その代わりといってはなんですが、代々継承してきた空力システム「VORTEC」を採用しています。

構えてみるとこんな感じ。3モデル中最大の投影面積で、大型ヘッドが好きな方にとっては、安心感のある見た目だと思います。

今回試打したモデルは、オリジナルシャフト「ALTA J CB SLATE」SフレックS装着モデル。スペックは、ロフト角10.5度、ライ角59.5度、長さ45.75インチ、総重量303.4g、バランスD0.5。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量55g、トルク4.7、中調子。

持ったみた感覚ですが、重量的にはやや軽め。グリップは良い感じの太さでした。シャフトを手でしならせてみると、「G425 MAX」「G425 LST」と変わらないイメージで、意外としっかり感があります。しなりポイントも真ん中辺りでした。でもワッグルしてみると、両者ほどヘッドは動きません。素振りしてみても、切り返しでヘッド重量を感じませんでした。バランスD0.5はシャープに振れるかもしれませんが、切り返しで必要以上に力んでしまいそうなイメージでした。

実際に打ってみると、メッチャつかまります!! 左腕主体のスイングを意識しても根本的に変わっていないのかもしれませんが、出球の結果だけみると、以前の強めのドローばかりでした。切り返しでヘッド重量をそれほど感じない分、右腕に力が入っていたのかもしれませんが、フッカーのボクにはちょっとつかまりすぎのイメージでしたね。でも、シリーズの性格でみると、どれもかなり分かりやすいですね。ボクレベルで3モデルそれぞれの違いが分かるラインアップになっていました。

弾道はこんな感じで

その各球データがこちら。

【3球平均】
HS43.2m/s、初速62.6m/s、打ち出し角14.6度、バックスピン量2878.2rpm、サイドスピン-571.9rpm、飛距離247.8y
【ベスト】
HS43.6m/s、初速63.1m/s、打ち出し角15.1度、バックスピン量3014.7rpm、サイドスピン-701.3rpm、飛距離249.5y

打感は弾き系。PING伝統のやや硬さを伴う弾き感の中にもマイルドさのある打感でした。って、今さらですが、矛盾してますけどねw 音はやや高めでした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には文句なしの高弾道です。見た目では! でもスカイトラックデータを見ると3モデルでは3球平均14.6度と唯一の14度台。まあ、気にするほどではないですけど! ただ、いかいにもといったヘッド形状からは、意外でした。

出球傾向は、ボクのスイングで、ドロー系。左腕主体イメージのスイングでもガッツリつかまりますね。

振り感ですが、3モデルでは最もシャープに振れるイメージですが、バランスD0.5なので切り返しでヘッド重量を感じにくいのが、個人的には気になったところでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/sあたりにオススメです。見た目通り非常に分かりやすいモデルで、いわゆるスライサーがそのまままのスイングでストレートボールを打ちやすいモデルだと思います。SFT(STRAIGHT FLIGHT TECHNOLOGY)はそういう意味なんですね!! そういう意味でこのモデルだけは、フッカー厳禁です! いずれにせよ、3モデルそれぞれが分かりやすいモデルで、その辺の性格付けはさすがPINGといった感じでした。ボクレベルのアマチュアが打っても分かりやすいモデルですが、今回3モデルで個人的に欲しいのは「G425 MAX」でした。コブラ「ZLアンコール」も意外といい結果だったりするので、悩ましい状況ですw

<PING「G425 SFT」ドライバー>
■KAZ’ sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:9▽操作性:7▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=811チタン、フェース=T9S+チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「ALTA J CB SLATE」(X=60g/4.4、S=55g/4.7/中調子、SR=50g/5.2/中先調子、R=45g/5.9/先調子)。「PING TOUR 173-55」(S=55g/3.7、SR=51g/3.8/中調子)。「PING TOUR 175-65」(X=66g/3.2/手元調子、S=61g/3.4/中元調子、R=57g/4.3/中調子)。「PING TOUR 175-75」(X=80g/2.8/手元調子、S=75g/2.9/中元調子、R=68g/3.3/中調子)。「ALTA DISTANZA」(40g/5.9/先調子)。「Speeder EVOLUTIONⅦ」(569S=55.5g/4.8/先中調子)。「TENSEI CK Pro Orange」(60S=63.5g/3.5/元調子)。
■価格:「ALTA J CB SLATE」「PING TOUR 173-55」「PING TOUR 175-65」「PING TOUR 175-75」「ALTA DISTANZA」装着モデル各1本7万7000円。「Speeder EVOLUTIONⅦ」装着モデル1本9万200円。「TENSEI CK Pro Orange」装着モデル1本9万3500円。※全て税込み