どーもです。

PINGのニューモデル「G425」シリーズですが、今日から紹介するのはFWです。このFWも「MAX」「LST」「SFT」の3モデルをラインナップしていますが、ぶっちゃけ「MAX」「LST」のぶっ飛び性能には思わず「マジか!?」と声が漏れました。というわけで、まずは「G425 MAX」から紹介しましょう。

まずは見た目から。

ヘッド体積は先代「G425 STD」FWよりも5cm3サイズアップでした。ただし赤の差し色がなくなったせいか、よりシャープに見えました。

フェースは小振りですわ~!! 原稿を書くに至って初めて気付きましたが、タービューレーターがない!! 廃止されていました。

ボディもコンパクト。形状的には先代とほぼ変わっていないようにも感じました。

後ろ姿です。ややトゥ側が上がっているように見えますが、この辺は先代譲りですね。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積は小さめですね。PINGのFWは代々小振りだと思います。

今回試打したモデルは、オリジナルシャフト「ALTA J CB SLATE」SフレックS装着モデルの3W。スペックは、ロフト角14.5度、ライ角57.5度、長さ43インチ、総重量317.0g、バランスD1。ヘッド体積176cm3。シャフトスペックは、重量54g、トルク4.5、中調子。

持ってみた感覚ですが、重量的にはまずまずですね。グリップも、太めが好きなボクにちょうどいい太さでした。シャフトを手でしならせてみると、ドライバー同様わりとしっかりしています。この辺はさすがPINGだと思います。しなりポイントはほぼ真ん中辺りでした。ワッグルしてみると、ヘッドの動き方は穏やかです。動きすぎず、動かなすぎず、でした。素振りしてみると、結構シャープに振り切れそうなイメージでした。

実際に打ってみると、1球目もまずまずの当たりでしたが、ちょっと擦ったかなという感じで、決して吹け上がりではないけど、いかにもスピン量が多そうな弾道でした。で、2球目。「芯食った!!」と快心の一撃!で、スカイトラックデータを見てビックリ!! 思わず「マジか!?」と声が出てしまいました。3Wで240yオーバーはここ最近記憶にありません! って、ここ半年ほぼ更新出来ていませんけど!! 3球目も快心の一撃でしたが、2球とも240yオーバー!! 一体どうなっているんだ、この3Wは!? コースでこれだけ飛んだら、ドライバー要らない説かもw

弾道はこんな感じで

その各球データはこちら

【3球平均】
HS41.9m/s、初速60.9m/s、打ち出し角17.4度、バックスピン量3371.4rpm、サイドスピン-339.0rpm、飛距離237.5y
【ベスト】
HS41.8m/s、初速60.8m/s、打ち出し角17.7度、バックスピン量2874.6rpm、サイドスピン-668.7rpm、飛距離242.5y

打感は弾き系だけど、芯食いショットにはマイルドさがあります。これもPINGの伝統ですね。音はやや高めですが、ドライバーよりは気持ち低めかな。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道は文句なしの高弾道!! 14.5度でこの上がり方は、マジでビックリです。風でネットが下がっているからか、上のネットに当たって落下というのも何発かありました。打ち方のせいか、スピン量はバラバラでした(汗)

出球傾向は、ボクのスイングで軽いドロー系でした。そして2球目は相変わらずのプシュアウトでした。

振り感ですが、かなりシャープに振れる印象です。正直言えば、切り返しでもう少しヘッドを感じたいのですが、まあ、これだけ気持ちよく振れて、しかも240yというドライバー並みの距離が出るならで文句なしすよね!!

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/s辺りにオススメですね。「G425 MAX」ドライバー同様、使い手を選ばないオートマチック系FWですね。クラブを信じて振り切れば、あとはクラブが結果を出してくれるような1本でした。何より、ぶっ飛び性能にはマジでビックリ!! もう発売されているので、みなさんもぜひ1度試打してみてはいかがでしょうか。今までPINGのFWには正直いうと苦手意識もありましたが、この「G425 MAX」はそんな意識を吹っ飛ばしてくれる1本となりました。

<PING「G425 MAX」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレス、フェース=FORGEDマレージング綱C300
■ロフトバリエーション:3W=14.5度、5W=17.5度、7W=20.5度、9W=23.5度
■シャフト(重量/トルク/調子):「ALTA J CB SLATE」(X=62g/3.5、S=54g/4.5/中調子、SR=49g/5.0/中先調子、R=44g/5.4/先調子)。「PING TOUR 173-55」(S=51g/3.7、SR=47g/3.8/中調子)。「PING TOUR 175-65」(X=62g/3.2/手元調子、S=57g/3.4/中元調子、R=53g/4.3/中調子)。「PING TOUR 175-75」(X=76g/2.8/手元調子、S=70g/2.9/中元調子、R=64g/3.3/中調子)。「ALTA DISTANZA」(38g/5.9/先調子)。「Speeder EVOLUTIONⅦ」(569S=55.5g/4.8/先中調子)。「TENSEI CK Pro Orange」(60S=63.5g/3.5/元調子)。
■価格:「ALTA J CB SLATE」「PING TOUR 173-55」「PING TOUR 175-65」「PING TOUR 175-75」「ALTA DISTANZA」装着モデル各1本4万7300円+税。「Speeder EVOLUTIONⅦ」装着モデル1本6万500円+税。「TENSEI CK Pro Orange」装着モデル1本6万3800円+税。