どーもです。

PINGのニューモデル「G425」シリーズのFW、「G425 SFT」FWを今日は紹介します。よりつかまりを意識した「G425 SFT」FWですが、まぁ、そのコンセプト通り、つかまります!! ドライバー同様、かなりそのコンセプトを感じやすいモデルだと思います。そんなわけで、いってみましょう。

まずは見た目から。

ヘッド体積的には先代比+1cm3で、大きさ的にはほぼ同じでした。3モデル中最もソールも大きく、丸型でした。形状について、他の2モデルに触れていませんが、2つに敢えて触れるなら三角おむすび状態かな! 「SFT」でもソール後部のウエート装着でした。

フェースはコンパクト気味ですが、形状的には「G425 MAX」を気持ちディープにした感じですね。

ボディは、3モデル中最もシャローです。先代と比べると、ややディープにも見えましたが・・・

後ろ姿です。ウエート装着位置を後部と書きましたが、後ろから見ると実はネック寄りというマジックでした。

構えてみるとこんな感じ。3モデル中最も投影面積が大きいモデルでした。

今回試打したモデルは、オリジナルシャフト「ALTA J CB SLATE」SフレックS装着モデルの3W。スペックは、ロフト角16度、ライ角58度、長さ43インチ、総重量314.6g、バランスD0。ヘッド体積189cm3。シャフトスペックは、重量54g、トルク4.5、中調子。

持ってみた感覚ですが、重量的にはまずまずですね。グリップも好みの太さでした。シャフトを手でしならせてみると、「G425 MAX」「G425 LST」とほぼ同じ硬さのイメージで、しなりポイントもほぼ真ん中辺り。この辺のイメージはどれも同じです。でもワッグルしてみると、ヘッドの動き方は他の2モデルほど動きません。素振りしてみると、シャープに振れるのですが、切り返しでヘッドを感じられなかったのは、個人的にはちょっと残念ポイントでした。

実際に打ってみると、「ん!?」でした。何球打っても上のネットに当たって落ちてきます。高さを抑える意識で打った3球が今回の結果です。この原稿を書くに当たってロフト角を知りましたが、16度と一般的なモデルよりも1度寝ていました。たったの1度ですが、この日は風のせいでネットが下がっていましたので、当たってしまったと思っています。そして、めっちゃつかまります!! 1球目はサイドスピンが約1300rpmって!! 「どないやねん!!」と、自分のスイングを棚に上げて、なぜか関西弁になってしまうほどでした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

【3球平均】
HS42.3m/s、初速60.5m/s、打ち出し角16.6度、バックスピン量3893.5rpm、サイドスピン-885.8rpm、飛距離224.6y
【ベスト】
HS41.8m/s、初速60.8m/s、打ち出し角18.1度、バックスピン量3589.7rpm、サイドスピン-1339.5rpm、飛距離225.8y

打感はPING伝統の打感ですが、この「G425 SFT」FWは他の2モデルに比較してマイルド感が強かったようにも思いました。音は他の2モデルとほぼ同様でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には上がり過ぎなくらいの上がり方。動画は高さを抑えるイメージなしで打ちました。見た目的には決して吹け上がっているような感じではありませんでしたが、スカイトラックデータを見てもバックスピンが約4000rpmと、ボク的にはロフト角を鑑みても多過ぎかなって感じ。

出球傾向は、ボクのスイングで、敢えて言えば強めのドロー。ぶっちゃけフック(汗)。かなりつかまりがいいです。フッカー厳禁ですね。

振り感ですが、結構シャープに振れる印象です。でも、他の2モデルと違う感覚だったのは、ダウンからインパクトにかけて、結構ヘッドが走る印象だったこと。素振りでは3モデルともほぼ同じようなイメージでしたが、この「G425 SFT」だけ実際に打つと、結構ヘッドが走るイメージでした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/s辺りにオススメですね。でも、この「G425 SFT」FWはフッカー厳禁。フェードヒッターおよびスライサーがいつも通りのスイングでストレートボールを打てるモデルだと思います。そしてなぜか、スピン量が多めでした。もちろん、打ち方の問題もあるとは思いますが、他の2モデルに比べても、明らかにこの「G425 SFT」だけは多かったように思います。かなり気持ちよく振り抜けるモデルですが、それ故にメッチャつかまっているのかもしれません。確実に言えるのは、フッカー厳禁ということです!

<PING「G425 SFT」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:7▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=17-4ステンレス、フェース=FORGEDマレージング綱C300
■ロフトバリエーション:3W=16度、5W=19度、7W=22度
■シャフト(重量/トルク/調子):「ALTA J CB SLATE」(X=62g/3.5、S=54g/4.5/中調子、SR=49g/5.0/中先調子、R=44g/5.4/先調子)。「PING TOUR 173-55」(S=51g/3.7、SR=47g/3.8/中調子)。「PING TOUR 175-65」(X=62g/3.2/手元調子、S=57g/3.4/中元調子、R=53g/4.3/中調子)。「PING TOUR 175-75」(X=76g/2.8/手元調子、S=70g/2.9/中元調子、R=64g/3.3/中調子)。「ALTA DISTANZA」(38g/5.9/先調子)。「Speeder EVOLUTIONⅦ」(569S=55.5g/4.8/先中調子)。「TENSEI CK Pro Orange」(60S=63.5g/3.5/元調子)。
■価格:「ALTA J CB SLATE」「PING TOUR 173-55」「PING TOUR 175-65」「PING TOUR 175-75」「ALTA DISTANZA」装着モデル各1本4万7300円。「Speeder EVOLUTIONⅦ」装着モデル1本6万500円。「TENSEI CK Pro Orange」装着モデル1本6万3800円。※全て税込み