どーもです。

テーラーメイドのニューモデル「SIMグローレ」シリーズですが、今日紹介するのはレスキューです。同社はUTを「レスキュー」と命名していますが、個人的にこのレスキューに苦手意識があったりします。これまで、なぜかいい結果を出せていないモデルが多いような気がしていて、それがいつのまにか苦手意識につながってしまったように思います。そんな意識を吹き飛ばせるモデルなのか? さっそく、いってみましょう。

まずは見た目からですが、このレスキューも先代「Mグローレ」では試打してませでした。すみません!

このレスキューもソールデザインはしっかり踏襲されていますが、「UT」+「ドローバイアス」=「腐れフック!?」とか思ったりして・・・w

フェースはシャローでもセミディープでもなく、ボクにはちょうど良い感じかな。

ボディはシャローかつストレッチバック!! UTでこの形状って、「なんかすげぇ~!!」とか思っちゃいました。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。見た目的にはストレートフェースですが・・・。レスキューは総じて出っ歯なのも苦手かも・・・です。はい。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Air Speeder TM」SRフレックス装着モデルの#4。スペックはロフト角21度、ライ角58.5度、長さ40.5インチ、総重量324.8g、バランスD0。ヘッド体107cm3。シャフトスペックは、重量50g、トルク3.9、先中調子。

持ってみた感覚ですが、重量的にはやはり軽め。しかも、かなりの軽量級です。グリップも細めでした。シャフトを手でしならせてみると、この長さでも結構しなります。しなりポイントはドライバー、FWに比べるとやや中間よりでしたが、それでも中間よりは先辺りです。ワッグルしてみると、ドライバー、FWほどヘッドが動きませんが、それでもUTにしては動く感じでした。素振りしてみると、短いからかそれほどヘッドが走るイメージは感じず、その分シャープに振り抜ける印象でした。

実際に打ってみると、ん~、なぜか球の上がり方がイマイチでした。ドライバー、FWのイメージからすると、もっとラクに球が上がってもいいのかなといった印象ですね。まあ、この辺が苦手意識からスイングに何らかの影響を及ぼしているのかもしれませんけどね。21度というロフトを考えれば、もうちょっとだけ飛んでも良いかなとも思いました。この辺は軽量ということも影響しているのかもしれません。軽いとどうしても自分で振れてしまうため、本来クラブが動きたい動きを無意識に疎外できちゃうような感じもありました。ボクの場合は自分で振ってしまい、若干トップ目になっていたような気もしました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS40.5m/s、初速52.6m/s、打ち出し角15.5度、バックスピン量4234.7rpm、サイドスピン-620.2rpm、飛距離192.2y
【ベスト】
HS39.9m/s、初速53.4m/s、打ち出し角16.2度、バックスピン量4040.5rpm、サイドスピン-1062.5rpm、飛距離195.3y

打感は弾き系。ドライバー、FWよりもカッチリ感があって、ヘッドの中に何か硬い物が入っているかのようなカッチリ感でした。もしかしたら、芯を食っていないのかもしれませんが・・・。音はドライバー、FWよりもやや高め。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的にはやや高めの中弾道かな。高弾道と言っても良さそうですが、ドライバー、FWの弾道が文句なしの高弾道だったこともあって、正直「もうちょっと上がっても・・・」なんて感じてしまいました。スピン量は少なめでしたね。

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系。基本的にこの「SIMグローレ」のつかまりは良さそうです。ドライバー、FWほどではありませんが、UTのつかまりとしてはまずまず打と思います。

振り感では、意外とシャープに振り切れましたね。単純に長さのせいかもしれませんが、ほかのウッド系のように過度なヘッドの走り感はありませんでした。これ、ボクにはグッドフィーリングでした。

今回ボクが試打した限りでは、こさのスペックでHS38~40m/s辺りにオススメ。基本性格的にはオートマチック系ですが、ドライバー&FWと比較すると、球の上がり方もつかまりも抑えられているようなイメージでした。「なんでレスキューだけ!?」という思いも正直ありますが、おそらくUTというクラブの性格上、ドライバー&FWと同じような感覚で仕上げると、逆の意味でとんでもないクラブになってしまうのではと邪推しています。元々そういう傾向が強いのがウッド型UTの特徴ですから、敢えて同様の味付けにはしなかったのかもしれませんね。

<テーラーメイド「SIMグローレ」レスキュー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:8▽操作性:7▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:9
■ヘッド:ボディ=450ステンレススチール+グラファイトコンポジット・クラウン&ソール、フェース=ステンレススチールC300
■ロフトバリエーション:#3=19度、#4=21度、#5=23度、#6=26度
■シャフト(重量/トルク/調子):「Air Speeder TM」(S=55g/3.7、SR=50g/3.9、R=45g/4.1/先中調子)
■価格:各1本3万9000円+税