どーもです。

ダンロップのニューモデル「スリクソンZX」シリーズを試打出来ましたが、試打クラブの問題で、第1弾で紹介できるのはドライバーを除くモデルです。これまでスリクソンといえば「Z」シリーズがフラグシップモデルでしたが、ボール初速アップでより飛ばすがコンセプトの「ZX」シリーズに改称しています。ドライバー&アイアンには2モデル、FW、ウッド型HB、アイアン型UTをラインアップ。まだドライバーは打てていないので、FWから紹介します。

まずは見た目から。

ソールデザインですが、先代と比較するとより〝メカ〟感が強くなっています。ドライバーを紹介していませんが、今回ニューモデルの新技術でもある「REBOUND FLAME」も文字が確認できます。これは剛性の高いエリア、低いエリアを交互に配置した4層構造にすることで、大きなたわみを生み出し、反発性能を上げることで、初速アップを実現しているようです。

フェースはセミディープ。先代よりも確実にディープ化していますね。でも、5W、7Wはシャロー化して、低重心化を実現したモデルになっているようです。

ボディはシャローですが、先代と比べると気持ちディープに見えました。よりヒップダウンしたイメージかな。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積は小さめで、結構コンパクトな見た目ですね。大きさ的には先代とほぼ同じかな!? シビアそうな見た目でした。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Diamana ZX50」Sフレックス装着モデルの#3。スペックは、ロフト角15度、ライ角57.5度、長さ43インチ、総重量313.3g、バランスD2。ヘッド体積176cm3。シャフトスペックは、重量47.5g、トルク6.6、中調子。

持ってみた感覚ですが、重量的には若干軽め。でも、まあ、今やこんなもんでしょうね。グリップは太めが好きなボクにはやや細めにも感じましたが、こちらも、まあ一般的な太さだと思います。シャフトを手でしならせてみると、ボクが思う一般的なSフレックスの感覚でした。硬過ぎず、柔らか過ぎず、ですね。見た目で手元がやや太めにも見えましたが、しなりポイントは中間辺りでしたね。ワッグルしてみると、微妙にグリップの右手辺りに緩さを感じました。ヘッドの動き方はごく一般的。素振りしてみると、かなりニュートラルで振り抜きが良さそうなイメージでした。

実際に打ってみると、とにかくメチャクチャ気持ちいいです!! 打感、打音、振り抜き感、そして弾道と、どれをとっても文句なし!! 相当気持ちよく振れるのか、HSがドライバー並みでした。これ、全然振ってやろうとか、そんな意識は全くありません。自然に振ってこのHS!! これってすごいことだと思います。弾道もまるで、ちょっとしたドライバーと変わらないイメージでした。スカイトラックデータ的には約230y表示でしたが、ぶっちゃけ「もっと飛んでない!?」って感じでした。とにかく、ボクレベルでも弾道が安定するのがうれしいです。ボクが思い描く弾道をそのまま実現してくれる、なかなか珍しい1本でした!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データがこちら。

【3球平均】
HS42.5m/s、初速59.0m/s、打ち出し角15.9度、バックスピン量2565.7rpm、サイドスピン-687.6rpm、飛距離232.2y
【ベスト】
HS42.6m/s、初速59.1m/s、打ち出し角15.5度、バックスピン量2566.8rpm、サイドスピン-520.3rpm、飛距離233.3y

打感はマイルド系かな・・・? 確かに弾き感もありますが、芯を捉えたボールのつぶれ感も存分に感じました。音は落ち着いた感じの中高音系。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、高弾道です。アスリートモデルですが、しっかり球を上げてくれる寛容性は兼ね備えていました。スピン量も安定していて、データ的にはドライバー並みって!!

出球傾向ですが、ボクのスイングでドロー系。これ、ボクのイメージ通りでした。若干右に打ち出して、戻ってくる感じ! 左腕主体のスイングを意識してこの球が打てるなら、もっと速く左手主体にすればよかったか!?

振り感ですが、もうこれはメチャクチャ気持ち良く振り抜けます!! メッチャクチャニュートラルなイメージですが、手でしならせた時よりも切り返しで手元がちょっとだけタメを作ってくれる感じもありました。中調子なんですけど、中元調子・・・とまでは行かないけど、ちょっとだけ手元側がしなる感じでした。

今回ボクが試打した限りで、このスペックでHS41~43m/s辺りがドンピシャ。球を上げてくれると言う点での寛容性はありますが、つかまえようと思えばつかまるし、逃がそうと思えば逃がせます。そういう意味では操作性もある程度意識しているのではとも思いましたが、それはボクレベルでも操れそうな感じでした。決してシビア過ぎないのも好印象です! ある程度スイングでつかまえられるタイプの方にオススメかな。まぁ、ドライバー然とした弾道を味わえるFWだと思います!!

<ダンロップ「スリクソンZX」FW>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9.5▽上がりやすさ:9▽操作性:9▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8.5▽ミスの許容度:9
■ヘッド:フェース=HT1770鋼、ボディ=マレージング綱、クラウン=CFPRカーボン(#3)
■ロフトバリエーション:#3=15度、#5=18度、#7=21度
■シャフト(重量/トルク/調子):「Diamana ZX50」(S=47.5g/6.6、SR=46g/6.8、R=44g/6.9/中調子)
■価格:各1本4万円+税