すどーもです。

ダンロップのニューブランド「スリクソンZX」シリーズですが、今日紹介するのはハイブリッド(HB)です。同社はこのニューブランドでは、ウッド型をHB、アイアン型をUTと設定しています。まずは、多くのアマチュゴルファーがより安心感のあるであろうウッド型のHBから紹介しましょう。

まずは見た目から。

ソール形状ですが、トゥ側バックにややボリュームゾーンが寄った感じでした。ソールを見る限りでは、かなり深重心を意識したモデルのように感じます。

フェースはセミディープ。先代よりも確実にディープかつコンパクトになっていました。

ボディもセミディープかつコンパクトですね。クラウン&ソール後方がへこんだような形状になっていました。

後ろ姿です。やはりトゥ側にボリュームがあるようなイメージになっていました。

構えてみるとこんな感じ。ん~、コンパクトですね!! クラウンの投影面積は小さめで、トゥトップの丸みが抑えられ、よりアメリカンハイブリッドなイメージに変更されていました。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Diamana ZX for HYBRID」Sフレックス装着モデルの#4。スペックは、ロフト角22度、ライ角58度、長さ39.75インチ、総重量346.8g、バランスD1。ヘッド体積108cm3。シャフトスペックは、重量56g、トルク4.5、中調子。

持ってみた感覚ですが、重量的にはまずまずで良い感じ。グリップも良い感じの太さでした。シャフトを手でしならせてみると、ボクが思うSの硬さとほぼ同じイメージでした。しなりポイントですが、真ん中よりもやや手元側に感じました。ワッグルしてみると、ヘッドの動き方はそれほど大きくはありませんが、グリップの右手辺りが何やら緩いようにも感じました。でも、素振りしてみると、そこが気になりません。違和感なく振り切れるイメージでした。

実際に打ってみると、結構カッチリ感がありましたね。弾道を見る限り、つかまりもまずまず。フッカーのボクが打っても、決してつかまりすぎないのは好印象です。フェードヒッターやスライサーもナチュラルにつかまえられそうな感じでした。飛距離も200y付近と満足のいく結果でした。なお原稿を書くに当たって先代の飛距離を確認すると、3球平均で191y。約10y飛んでいましたが、まあ、これはあくまでも参考と言うことで!! でも、この距離をこれだけ楽に打てると、アマチュアゴルファーにとってはうれしいですよね!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データがこちら。

【3球平均】
HS40.5m/s、初速53.4m/s、打ち出し角16.1度、バックスピン量3753.9rpm、サイドスピン-573.5rpm、飛距離200.3y
【ベスト】
HS40.7m/s、初速52.2m/s、打ち出し角17.3度、バックスピン量3242.8rpm、サイドスピン-513.8rpm、飛距離201.0y

打感は弾き系。カッチリ感があって、いかにも〝弾いてます〟といった感じですが、決してカチカチ系ではないのが、個人的には好印象。打ち抜き感が良い感じです。音は小気味の良い高音系でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には高弾道です。クラブがしっかり球を上げてくれるイメージでしたね。この動画の弾道をいつもコースで打てたら・・・なんて思ってしまうくらいのグッドショットでした。

出球傾向は、ボクのスイングでドロー系。フッカーのボクでもつかまりはそこそこ良い感じでしたね。3球平均ではややドローが強めな出球もありましたが、その辺を意識して打つと動画のようなショットも打てます。そういう意味ではセミオートマチック系かもしれません。

振り感ですが、気持ちよく振り切れます。シャフト的には中調子をうたっていますが、ボクはやや手元側がしなってタメを作ってくれるイメージでした。そこも含めて気持ちよく振り切れる1本でした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS41~43m/s辺りにオススメ。クラブの基本性格的には、セミオートマチック系としますが、球の上がり方はオートマチック系です。ある程度操作性も意識していそうな印象から、セミオートマチック系としました。スイングタイプを問わない受け入れ間口の広そうなモデルの印象で、スインガーはもちろんボクのようなプチヒッターでも使えそうでした。スリクソンブランドはアスリートおよびアスリートマインドプレーヤー向けブランドと解釈していましたが、この距離をこれだけラクに打てるとうれしくなりますね。重量さえ合わせれば100切りレベルでも使えそうなHBでした。

<ダンロップ「スリクソンZX」HB>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:10▽上がりやすさ:9.5▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:8▽ミスの許容度:9
■ヘッド:フェース=HT1770鋼、ボディ=マレージング綱
■ロフトバリエーション:#3=19度、#4=22度、#5=25度、#6=28度
■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「Diamana ZX for HYBRID」(S=56g/4.5、R=53.5g/4.6/中調子)。スチールシャフト「NSPRO950GH DST」(S=98g/2.7、R=94g/2.9/中調子)。
■価格:カーボンシャフト装着モデル各1本3万4000円+税。スチールシャフト装着モデル各1本3万円+税。