どーもです。

ダンロップのニューモデル「スリクソンZX」シリーズですが、今日はアイアン型UTを紹介しましょう。昨日紹介したウッド型UTは、意外にもかなりの打ちやすさも感じました。さすがにアイアン型UTは、ロングアイアンが消滅した(?)今となっては、その見た目で「難しそう!!」というイメージを持ってしまいます。そう感じてしまうのは、ボクだけではないことを祈りますが・・・w そんなわけで、何はともあれいってみましょう。

まずは見た目から。

見た目的には、先代とは別モノ!! よりコンパクトかつバックフェース下部のボリュームが確保されているようなイメージで、より低深重心化を意識してるのが認識できる見た目でした。

フェースはちょうど良い感じの大きさにも感じましたが、先代と比べるとややトゥが立ったようにも感じました。

ソールはセミワイドかな。先代もネック側が狭く、トゥ側は広めでしたが、ニューモデルはより強調した感じです。

ネックはグースです。ボディ全体の厚みが確保され、その上で下部にボリュームを持たせ、低深重心化を実現しているような見た目ですね。ソールも横から見るとV字型になっています。接地面積を極力減らし、抜けの良さを意識していると思います。

構えてみるとこんな感じ。トゥがより立っているようにも見えますが、その分、つかまりが良さそうでした。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Diamana ZX for UTILITY」Sフレックス装着モデルの#3。スペックは、ロフト角20度、ライ角60度、長さ39.75インチ、総重量356.1g、バランスD0。シャフトスペックは、重量58g、トルク4.7、中調子。

まず持ってみた感ですが、重量的にはやや軽めに感じました。総重量的にはウッド型よりも重いのですが・・・。バランスはウッド型のD1に対してアイアン型はD0とわずかにアイアン型が軽いのですが、それ以上の軽さを感じました。グリップですが、ウッド型よりも気持ち太めに感じました。シャフトを手でしならせてみると、まあ、硬さ、しなりポイントは的にはウッド型とほぼ同じイメージ。ワッグルしてみると、ウッド型よりもグリップ右手付近の緩さが気になりました。素振りしてみても、ウッド型よりもグリップ右手付近の緩さに違和感を覚えてしまいました。バランスを考えれば、よりシャープに振り切れてもよさそうですが、違和感を覚えると気になってしまいました。

実際に打ってみると、アイアン型でも意外に打てました。が、より操作性が高いイメージで、フッカーのボクが気持ちよく振るとつかまりすぎのフックも出てしまいました。が、まあそこは、アイアン型の特徴ではあります。弾道の高さ的にも抑えられ、よりスピン量も少ない感じでした。ただ、どうしても気になってしまうのが、グリップ右手辺りの緩さなんですよね。おそらく、スイング的な問題で、切り返し時に力んでいるのが原因だと思っていますが、同じタイミングで打ったウッド型ではほぼ気にならなかったことを考慮すると、「なんで?」と思ってしまいました。そこが気になって、思い切り引っ掛けたり、思い切りプッシュアウトしたりで、実は苦労してしまいました。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データがこちら。

【3球平均】
HS41.0m/s、初速52.5m/s、打ち出し角14.9度、バックスピン量3341.4rpm、サイドスピン-729.3rpm、飛距離197.8y
【ベスト】
HS40.9m/s、初速52.3m/s、打ち出し角15.5度、バックスピン量3205.5rpm、サイドスピン-602.2rpm、飛距離199.8y

打感はムニュッと柔らかめですが、いわゆる軟鉄のそれとは違って、中空タイプのそれです。音もサスティンが短めで小気味の良い高音系でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には、高めの中弾道。ウッド型よりも高さが抑えられているイメージで、スピン量も少なめ。いわゆるライナー系の強弾道イメージでした。

出球傾向は、ボクのスイングで強めのドロー系。何も気にせず気持ちよく振るとフックが出ますが、意識して振れば曲がり幅を抑えられました。ウッド系よりも操作性を意識したモデルであることは、間違いないと思います。

振り感ですが、個人的にはちょっと違和感有りでした。それは前述通りです。同じようにグリップ右手付近の緩みを感じるモデルは過去にもいくつかありましたが、その中で実際に打って〝違和感〟となったのはこれだけ。単純にボクのスイングの問題かもしれませんが、同じように感じた方がいればぜひコメントしてください。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS41~43m/s辺りにオススメ。ウッド型よりも操作性を意識していているようなイメージで、コースで扱うにはそれなりの技術は求められそうです。まあ、アイアン型なので、そういう思想の元に作られているとは思います。この距離を打つにあたっては、よほど弾道を操りたいとか、アイアン型が好きとか、何らかの思いがなければ、よりラクに打てるウッド型で充分だと思います。ボクレベルの結論はそんな感じでした。

<ダンロップ「スリクソンZX」UT>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:8▽上がりやすさ:7.5▽操作性:8▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:8.5▽ミスの許容度:8
■ヘッド:フェース=クロムバナジウム鋼、ボディ=軟鉄(S20C)、ウエート=タングステンニッケル
■ロフトバリエーション:#2=18度、#3=20度、#4=23度
■シャフト(重量/トルク/調子):カーボンシャフト「Diamana ZX for UTILITY」(S=58g/4.7、R=56g/4.8/中調子)。スチールシャフト「NSPRO950GH DST」(S=96g/2.7、R=92g/2.9/中調子)。
■価格:カーボンシャフト装着モデル各1本3万1000円+税。スチールシャフト装着モデル各1本2万7000円+税。