どーもです。

PRGRのニューモデル「RS5」シリーズを試打できました。今回同シリーズには3モデルのドライバーとFW、UTをラインアップしています。アイアンは01、02とシンプルな名前のモデルが2モデル用意されていますが、これはおそらく「RS5」シリーズに対応するアイアンかと思われますが、なぜか「RS5」の名称を冠していません。その辺は謎ですが、まずは「RS」ドライバーからいってみましょう!

まずは見た目から。

先代とは全くの別モノのイメージですね。フェース下部後部のデザインがかなり印象的です。ウエートもソール後部の厚みの部分に収めることで、より深重心化を意識しているように感じました。ちなみに、ウエートはデフォルトで8gです。

フェースはセミディープ。先代と比べると、トップラインの中央部分にややボリュームを持たせたような形状に変わったように感じました。

ボディはセミディープ。先代はシャローに見えましたが、ここが1番変わったところですかね。先代に投入された新技術「Wクラウン」に加え、ソールにもその技術を投入し「Wソール」としたようです。これによりフェースのたわみがより大きくなったようです。

後ろ姿です。

構えてみるとこんな感じ。クラウンのカーボン素材が見た目でも認識できる加工になっていました。クラウンの投影面積は大きめですが、トゥ側の最も高い位置がより強調されたように見えました。

今回試打したのは、オリジナルカーボンシャフト「Diamana for PRGR」M-43(Sフレックス)装着モデル。スペックはロフト角10.5度、ライ角59度、長さ45.5インチ、総重量308.6g、バランスD2。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量54g、トルク4.7、中調子。

持ってみた感覚ですが、重量的にはまずまずです。昨日紹介した「egg EXTREME」とほぼ変わらない重さですが、ヘッドが効いている分「RS5」のほうにやや重さを感じました。グリップは良い感じの太さで、「egg EXTERE」よりは太めです。シャフトを手でしならせてみると、ボクの中のSフレックスとしてはほんの気持ちですが柔らかめに感じました。しなりポイントはちょうど真ん中辺り。ワッグルしてみると、ヘッドの動き方はごく自然でした。素振りしてみても、シャープに振り切れそうなイメージでした。

実際に打ってみると、振り感がめっちゃ気持ちよくて、こんなボクでも、な、なんと弾道がそろっていました! 先代のイメージ通りの強弾道を味わえるモデルだと思いますが、ボクの感覚としては先代よりもオートマチックに球が上がりやすくなっているイメージでした。1発目は若干厚く当たった感じでしたが、他の2球はバッチリ芯を食った感覚のショットでした。その後何球か打ってみても、打ち出し方向のバラケもいつもより少ない感じでした。何より、自分では振った感覚がなくても、HSがいつもより若干上がっていました。また、芯を外したと思ったショットでもスカイトラック表示的には240yを切ることがないという、ウソみたいな結果になりました。昨日の「egg EXTREME」はかなりヤバいモデルでしたが、この「RS」もかなりヤバイモデルですね!!

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS43.2m/s、初速62.6m/s、打ち出し角15.0度、バックスピン量3329.9rpm、サイドスピン量-494.4rpm、飛距離245.0y
【ベスト】
HS43.1m/s、初速62.5m/s、打ち出し角15.9度、バックスピン量3206.1rpm、サイドスピン-229.4rpm、飛距離248.0y

打感はソリッド系。ゴルフ体験主義的ソリッド系は単に硬いではなく、マイルドさも存分に感じられるという打感です。音は落ち着いた中高音系でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータがこちら。

弾道的には文句なしの高弾道ですね。先代は球の上がり方が、ややシビアだったイメージもありますが、「RS5 RS」は少なくことそんなことはありません。スピン量的には、このロースピン時代にしてはやや確保されている感じかな。でも、充分強弾道を味わえると思います。

出球傾向は、ボクのスイングで軽いドロー系。個人的には理想のドロー系というか、若干右に打ち出して戻って来てくれるイメージ通りの弾道でした。

振り感については、今年ここまで打ったモデルの中でも屈指の気持ちよさがありました。とにかく振り抜き間が爽快でめっちゃ気持ちいいです。ニュートラルなしなり感というか、ボク的には好みのしなり感でした。

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40~43m/s辺りがオススメ。基本性格的にはいわゆるオートマチック系ですが、とにかくミスヒットの寛容性も高く、安定的した飛距離が期待できそうなモデルに感じました。この味付けなら、フェードヒッターもドローヒッターも問わずに使えそうなイメージです。でも、ボクが打っても良い感じのドローなので、実は「ドローヒッター向け?」なんてちょっと思ったりしちゃいました。とにかく、使い手を選ばない受け入れ間口の広さを感じました。歴代モデルの中でも、今回のモデルはより安定感のある1本に仕上げられているように感じました。

<PRGR「RS5 RS」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:9▽操作性:8▽構えやすさ:10▽打感の柔らかさ:9▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=チタン(Ti-8AL-1V-1MO)、フェース=チタン(Ti-6AL-4V)、クラウン=CFRP、ウエート8g=ステンレス(SUS630)
■シャフト(重量/トルク/調子):「ディアマナ for PRGR」(S=54g/4.7、SR=50g/5.4、R=46g/5.7/中調子)
■価格:1本8万円+税