どーもです。

元祖ぶっ飛びモデル、ヤマハ「インプレスUD+2」シリーズの最新モデルを試打出来ました。同シリーズはドライバー、FW、UT、アイアンのラインアップですが、やはり個人的に注目したいのはアイアンです。そのアイアンはオオトリになります。まずは、ドライバーから紹介しましょう!!

まずは見た目から。

ソールデザインですが、なんか、かっこいい!! 新技術はフェース下部後方の網目模様です。これは「SPEEDBOX」と命名されていて、クラウンにも配置されています。深さ1.5mmのボックス状のへこみをクラウンとソールに巡らせることで、フェース周辺の剛性をアップ。ヘッド後方の振動を抑えることでインパクト時のエネルギーロス低減を実現し、初速アップを目指しているようです。

フェースはセミディープにも見えました。先代よりは、確実にディープ化していますよね!!

でも、ボディはシャロー気味かな。先代よりは気持ちディープかと思います。先代とは確実にコンセプトが違うんだろうなと思わせてくれる形状です。

後ろ姿ですが、ソール後部ネック側に配置されたウエートが視認できますよね。確実にドローバイアスです。

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積は大きめ。「SPEEBOX」が目を引きますね!!

今回試打したのは、ヤマハ専用設計カーボンシャフト「Air Speeder for Yamaha M421d」Sフレックス装着モデル。スペックはロフト角10.5度、ライ角61度、長さ45.75インチ、総重量284g、バランスD5。ヘッド体積460cm3。シャフトスペックは、重量53g、トルク5.6、中調子。

持ってみた感覚ですが、重量的には軽めです。でも、グリップが結構太め。これ、何気に大きな変更点かと思います。シャフトを手でしならせてみると、Sでも結構しなるイメージで、しなりポイントは真ん中よりも先辺りでした。ワッグルしてみると、結構ヘッドは動きました。素振りしてみてもヘッドが走るイメージで、つかまりがかなり良さそうイメージでした。

実際に打ってみると、素振りで感じたほどの柔さはなく、当初のイメージよりはしっかり振れました。でも、つかまりはかなりいいです。重心角が大きいモデルの動き方ですかね。ダウンからインパクトにかけて、かなりヘッドが返ろうとするような動きに感じました。右上腕の痛みもあって左腕主体のスイングを心がけていますが、それでもボクの場合、ちょっと右腕を使ってしまうと腐れフック系でした。ボク的にはアウトサイドインを意識したカット打ちイメージ(といっても、もともとインサイドアウトなので、実際にはそこまでではないのかもしれませんけど)で良い感じのストレート系でした。その打ち方ではスピン量増大が懸念されましたが、それも良い感じ!! 先代試打時とはHSが全くの別モノですが、安定的な弾道を味わえそうなモデルに仕上がっていたと思います。

スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら。

【3球平均】
HS42.7m/s、初速60.0m/s、打ち出し角17.2度、バックスピン量2914.0rpm、サイドスピン-303.6rpm、飛距離239.2y
【ベスト】
HS41.7m/s、初速60.6m/s、打ち出し角17.2度、バックスピン量2854.5rpm、サイドスピン-122.4rpm、飛距離243.8y

打感は弾き系。他社クラブを例えに出してしまいますが、いわゆるXXIO系の打感です。音もXXIOのようなやや金属的な高音系でした。

弾道はこんな感じで

そのスカイトラックデータはこちら。

弾道的には文句なしの高弾道ですね。オートマチックにクラブがボールを上げてくれます。スピン量ですが、振っていった43m/sイメージでは3000rpmオーバーとやや多めですが、気持ち抑えめの41m/sイメージで2800rpm辺りでした。

出球傾向は、ボクがアウトサイドインをイメージしたスイングで、良い感じのストレート系でした。かなりつかまりはいいモデルだと思います。

振り感ですが、オリジナルの「Air Speeder」よりもしっかりしたイメージですが、それでもやはりヘッドが走るイメージですね。メーカーは中調子をうたっていますが、ボク的には先調子系の動きに感じました。バランスの影響なのかな? 総重量が軽いので、正直そこまでバランスが重いようには感じませんでしたけど(汗)

今回ボクが試打した限りでは、このスペックでHS40m/s辺りにオススメかな。先代はHS45m/s辺りまでなら充分叩けるモデルと紹介していますが、今回のニューモデルはさすがにそのHSで叩くと出球は暴れそうです。そういう意味では先々代のイメージに近いといえば近いのですが、今風のロースピン系オートマチックドライバーだと思います。いわゆるスインガータイプにオススメで、持ち球的にはフェードもしくはスライサー向けですね。そんな方が、より安定的な弾道を味わえそうな1本に仕上げられていました!

<ヤマハ「インプレスUD+2」ドライバー>
■KAZ’sインプレッション(10点満点)
▽飛距離:9▽上がりやすさ:10▽操作性:7▽構えやすさ:8▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:10
■ヘッド:ボディ=811チタン、フェース=6-4チタン
■シャフト(重量/トルク/調子):「Air Speeder for Yamaha M421d」(S=53g/5.6、SR=48g/6.0、R=43g/6.2/中調子)
■価格:1本8万8000円+税