おどーもです。

2020年も残りあとわずか。今年は新型コロナウイルスに翻弄(ほんろう)された1年でしたね。ゴルフ体験主義も影響を受けましたが、そんな1年の締めくくりとして、「データで見る」シリーズお届けします。2020年1月から12月までの間に、紹介したゴルフクラブのデータを「ドライバー」「FW」「UT」「アイアン」のカテゴリー別のデータで振り返る企画です。今日から4連載でいきますので、おつきあいください。

コロナの影響で東京五輪は延期。ゴルフ界では男女ツアーの開催もかなり見送られ、20~21年を1シーズンで開催となりました。ゴルフ体験主義も、試打会場の東京・メトログリーン東陽町がクローズ。8月中旬に再開されましたが、平日は午後11時までの営業が10時までと1時間短縮、土日は予約制で午後5時までとなっています。夜しか試打できないゴルフ体験主義にとっては大打撃ですが、こればかりは仕方がありませんけど!

今年の主要モデルを今年中に打てていないのは、後ろ髪を引かれる思いです。ボクが打ったモデルの傾向を振り返ると、キーワードは「ロースピン化」「オートマチック化」かなと思います。ある意味、どんなプレーヤーが打ってもいい弾道が打てそうなイメージでした。以前のように強烈な個性を発揮するモデルは影をひそめ、極端な言い方をすれば均一化が進んだような気もしています。

という総論の中、ドライバーの振り返りですが、例年通り「飛距離」でソートしたデータです。

恒例の個人的ランキングです。
【とにかく飛んだ!!】
ダンロップ「スリクソンZX7」 257.3y
リョーマ「マキシマⅡタイプD」256.8y
ダンロップ「スリクソンZX5」 254.2y

【とにかく印象的だった!!】
キャロウェイ「MAVRIK SUB ZERO」 ※SUB ZEROとは思えない打ちやすさにビックリ!!
PRGR「RS5 RS F」 ※腐れフッカーのボクが「つかまえなきゃ!」と思うほど、フェースが開いています!
キャロウェイ「ビッグバーサ」※ドローバイアスモデルにもかかわらず、曲がりが少ないっす!!

【とにかく打ちやすかった!!】
キャロウェイ「MAVRIK MAX」 ※めちゃくちゃ球が上がり、ミスヒットの寛容性もめっちゃ高いです
テーラーメイド「SIM GLOIRE」 ※SIMとは比較にならない打ちやすさでした!
PING「G425 MAX」 ※やっぱり、これも外せないですよね…